420件中 51 - 60件表示
  • 顔面神経

    顔面神経から見た脳血管障害脳血管障害

    中枢性の顔面神経麻痺は、皮質延髄路や皮質網様体路など上位運動ニューロンの病変で起こる。中枢性と末梢性の顔面神経麻痺の最大の鑑別点は、中枢性の場合は額のしわ寄せが保持でき、眼輪筋の麻痺も程度が軽いことである。これは顔面神経のうち顔面の上半分の表情筋だけは両側の大脳皮質に支配されているため、一側の中枢に病変があっても麻痺が起こらないのである。そのため、顔面神経麻痺がある場合、額のしわ寄せができなければ、鑑別診断の中から、大脳および中脳における脳梗塞などの脳血管障害はまず除外してよいことになるが、小脳橋角部から顔面神経運動核に至るまでの間で脳血管障害が起きた場合は、小脳橋角部は膝神経節よりも中枢側に位置するため、額のしわ寄せができなくなる上に、前述したような末梢性顔面神経麻痺の種々の症状が発現し得る。ただし、この場合はウイルス感染ではないため、ラムゼイ・ハント症候群にみられる外耳道や耳介の水疱形成は生じない。また顔面神経には情動性支配というものがあり、経路は未知であるが運動野とは別の中枢にも支配されているため、皮質延髄路の途中に病変がある場合でも感情的刺激には反応して健側と同じように表情筋が動かせることがある。顔面神経 フレッシュアイペディアより)

  • 得能関四郎

    得能関四郎から見た卒中脳血管障害

    1908年(明治41年)7月17日早朝、自宅の寝室で血まみれになって死亡しているのを発見される。検視の結果、短刀で喉を掻き切ったあと、刃に付いた血を指で拭い、鞘に納めてから絶命したと判明した。遺書はなかったが、この年の3月頃から卒中を患っていたため、病気を苦にしての自殺と推定された。享年67。得能関四郎 フレッシュアイペディアより)

  • アーネスト・ジョン・モーラン

    アーネスト・ジョン・モーランから見た脳卒中脳血管障害

    1950年、突然脳卒中を起こし、ケンメアで死去した。。アーネスト・ジョン・モーラン フレッシュアイペディアより)

  • イアン・マクレガン

    イアン・マクレガンから見た脳卒中脳血管障害

    2014年12月3日、脳卒中の合併症によりテキサス州オースティンにて死去。イアン・マクレガン フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・フィオリト

    アーニー・フィオリトから見た脳卒中脳血管障害

    ニューヨークの生まれ。アメリカのWORの放送局のオーケストラを指揮したほか、自らの名前を冠したオーケストラを結成して録音活動を行った。ロングアイランドのジョーンズビーチのマリン・シアターでミュージカルを上演中に脳卒中を起こして倒れ、ナッソーで死去。アーニー・フィオリト フレッシュアイペディアより)

  • シリル・スミス

    シリル・スミスから見た脳卒中脳血管障害

    1956年に演奏旅行に出かけた先のソ連のハリコフで脳卒中に倒れ、左手の麻痺を起こしてピアノ独奏者としてのキャリアを終えたが、妻と三手のデュオとして舞台に立ち続けた。このデュオのための作品として、友人のマルコム・アーノルドの作った三手用のピアノ協奏曲が名高い。この三手のデュオでの活動の功績として、1971年にイギリス王室から妻と共にOBEを贈られている。シリル・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 境界型糖尿病

    境界型糖尿病から見た脳血管障害脳血管障害

    また境界型糖尿病は糖尿病合併症を起こすリスクとなるといわれている。これは具体的には血管障害のことを示す。糖尿病の血管障害には腎症、網膜症、神経症といった小血管障害と心筋梗塞や脳血管障害といった大血管障害が知られている。小血管障害は境界型糖尿病の段階では出現せず、糖尿病に進展してからおこるといわれているが、大血管障害は境界型糖尿病のうちから出現することが知られている。日本における大規模試験である舟形スタディではIGTはすでに大血管障害のリスクファクターとなるがIFGはリスクファクターとならないという結果を示している。境界型糖尿病 フレッシュアイペディアより)

  • 反響言語

    反響言語から見た脳卒中脳血管障害

    脳卒中のあとにも観察されている。反響言語 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーヌ・アンドラード

    ジャニーヌ・アンドラードから見た脳卒中脳血管障害

    1972年に脳卒中のために失語症と右半身の麻痺を生じて引退を余儀なくされ、ヌイイ=シュル=セーヌにあるガリニャーニ財団の養護施設で余生を送った。ジャニーヌ・アンドラード フレッシュアイペディアより)

  • 粘液水腫性昏睡

    粘液水腫性昏睡から見た脳血管障害脳血管障害

    粘液水腫性昏睡の誘因と増悪因子には以下のようなものが知られている。感染症・敗血症、寒冷曝露、脳血管障害、心筋梗塞・心不全、消化管出血、外傷、代謝異常、薬物などが知られている。昏睡を増悪させる代謝異常は低血糖、低Na血症、低O2血症、高CO2血症、アシドーシスなどが知られている。増悪させる薬物は呼吸抑制や中枢神経抑制の作用をもつ薬物であり、麻酔薬、抗不安薬、向精神薬、睡眠薬、アミオダロンなどがあげられる。粘液水腫性昏睡 フレッシュアイペディアより)

420件中 51 - 60件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード