430件中 61 - 70件表示
  • ソニー生命保険

    ソニー生命保険から見た脳卒中脳血管障害

    生前給付保険(がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられたときに保険金をお支払いする保険)ソニー生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • クラック・コカイン

    クラック・コカインから見た脳卒中脳血管障害

    妊娠中のコカイン使用は、妊娠中の女性と胎児に様々な影響を与える。妊娠初期の数ヶ月間では、流産の危険性が上昇する。妊娠後期では、早期陣痛(妊娠37週より前の陣痛)の引き金になるか、新生児の発育不良を引き起こす。その結果、コカインに曝露した赤ちゃんは、曝露していない赤ちゃんと比較して、出生時低体重児(以下の体重で誕生)として生まれてくる可能性が高い。出生時低体重児は、正常な体重で出生した赤ちゃんと比較すると、出生後一ヶ月以内に死亡する可能性が20倍以上高く、精神遅滞や脳性麻痺など、生涯にわたる障害のリスク増大に直面しやすい。コカインに曝露した赤ちゃんはまた、一般的に脳が小さいために頭も小さい傾向にある。 ある研究では、コカインに曝露した赤ちゃんは、尿路の欠陥と、おそらく心臓の欠陥を含む先天性欠損のリスクが増大することが示唆されている(催奇形性の疑い)。このほかの影響として、コカインは心臓発作、不可逆的な脳の損傷、脳卒中を胎児に生じさせる要因となる可能性がある。クラック・コカイン フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・ペルゴ

    フランソワ・ペルゴから見た脳卒中脳血管障害

    12月18日 - 心労がたたり、脳卒中で倒れた8日後に横浜で死去した。横浜外国人墓地に埋葬されている。フランソワ・ペルゴ フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・アルフレート・クルップ

    フリードリヒ・アルフレート・クルップから見た脳卒中脳血管障害

    1901年から1902年にかけての冬季、フリードリヒ・アルフレートが「フラ・フェリーチェ団(Congrega di Fra Felice)」というサークルに所属し、そのサークル主催の洞窟での会合や様々な祝宴に参加した、と報じられた。この会合が実際に若い青年との乱交パーティだったのか、それともジャーナリストが恐喝目的で会合をその種の性格のものと書き立てただけなのかは、現在も議論されている。フリードリヒ・アルフレートは1902年6月に自分が同性愛スキャンダルの標的にされたことを知った。同年10月15日と20日にはイタリアの新聞「プロパガンダ(Propaganda)」紙がフリードリヒ・アルフレートの少年愛を告発し、11月15日には社会民主主義系のドイツの新聞「フォアヴェルツ」紙が彼を同性愛者だと断罪した。その1週間後の11月22日、フリードリヒ・アルフレートはエッセンの本邸ヴィラ・ヒューゲルにおいて自殺した。公式発表では死因は脳卒中とされたが、一部の新聞は死因を自殺だと指摘した。フリードリヒ・アルフレート・クルップ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バンクス

    トニー・バンクスから見た脳卒中脳血管障害

    「ライト・オノラブル(大名誉)」の敬称を持つストラトフォード男爵のアンソニー・ルイス・"トニー"・バンクス(: 1943年4月8日 - 2006年1月8日)はイギリスの政治家であり、労働党員として地方議会やイギリス国会で活躍した。また1997年から1999年まではスポーツ相を務めた。2006年1月5日、フロリダで休養中に急性脳卒中を患い、同年1月8日に62歳で亡くなった。トニー・バンクス フレッシュアイペディアより)

  • デヒドロアスコルビン酸

    デヒドロアスコルビン酸から見た脳卒中脳血管障害

    医薬品としては、ある研究は、デヒドロアスコルビン酸の投与は、虚血性脳卒中に引き続いて発生する神経細胞障害を予防することを示唆している。ビタミンCの抗ウイルス効果に関する多くのレポート文献がある。ある研究は、デヒドロアスコルビン酸がより強い抗ウイルス効果を有し、アスコルビン酸と異なる作用機序があることが示唆されている。デヒドロアスコルビン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠高

    大岡忠高から見た脳血管障害脳血管障害

    元禄14年(1701年)11月10日、病死。享年68。死因は卒中。家督は復帰した忠品が継いだ。大岡忠高 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達村常

    伊達村常から見た脳卒中脳血管障害

    1803年(享和3年)11月11日、脳卒中により、病死。享年45。伊達村常 フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリアンウォーター

    ハンガリアンウォーターから見た脳卒中脳血管障害

    「ハンガリアンウォーター(アルコールによる抽出液を含有)は寒さや湿度による頭の病、脳卒中、てんかん、めまい、だるさ、手足の障害、神経症、リウマチ、イライラ、ひきつけ、痴呆、昏睡、眠気、聴覚障害、耳鳴り、視力低下、血栓、感情の乱れによる頭痛に有効である。また歯痛を軽減させ、腹痛、肋膜炎、食欲不振、消化不良、肝臓病、脾臓病、腸の病気、子宮の収縮に有効である。また発熱にも効能があり高齢者であっても身体の機能を回復させる働きがある(といわれている)。こんなにもたくさんの効能のある治療薬は類を見ない。内服する際にはワインやウォッカに入れるか、こめかみや胸部に塗り鼻から吸い込むとよい。」ハンガリアンウォーター フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉医科大学国際医療センター

    埼玉医科大学国際医療センターから見た脳卒中脳血管障害

    埼玉医科大学日高キャンパスにあり、がん・心臓病・脳卒中といった三大成人病に対応する高度専門特殊医療や救命救急医療の提供を目的としている。病院は、山間部を切り開いて設置されている。埼玉医科大学国際医療センター フレッシュアイペディアより)

430件中 61 - 70件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード