420件中 61 - 70件表示
  • 三遊亭金馬 (2代目)

    三遊亭金馬 (2代目)から見た脳血管障害脳血管障害

    1925年あたりから中風で倒れて高座を離れる。1926年4月に弟子の圓洲に3代目金馬の名跡を譲り、自身は隠居名三遊亭金翁に改名。晩年は初代柳家三語楼の身内になったり、弟子の柳家金語楼の斡旋で落語協会に入った。三遊亭金馬 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • ローザ・アボット

    ローザ・アボットから見た脳卒中脳血管障害

    ローザは1912年12月16日に長年の友人だったジョージ・ウィリアムズ(1875年10月20日 - 1938年6月5日)と結婚して、フロリダ州のジャクソンビルに定住した。1928年には、ジョージの父親の財産の件でイギリスに戻った。同年にジョージは脳卒中で左半身麻痺の状態になり、ローザは介護にあたった。ジョージは1938年に死去し、ローザは余生をアメリカ合衆国で過ごそうとしたが、第二次世界大戦の勃発などによってそれはかなわなかった。ローザは1946年2月18日に、高血圧による心不全で73歳の生涯をロンドンで終えた。ローザ・アボット フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウォーカー (プロレスラー)

    ジョニー・ウォーカー (プロレスラー)から見た脳血管障害脳血管障害

    2008年8月に脳卒中を患ったが、その後回復。2012年にはNWA殿堂に迎えられている。全盛時はNWAルートで全日本プロレスへの参戦が有力視されたものの、人気選手としてアメリカで多忙だったこともあり、ミスター・レスリング2号に変身後の来日は実現しなかった。ジョニー・ウォーカー (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 坂口淳

    坂口淳から見た脳卒中脳血管障害

    長野県埴科郡松代町(現長野市)出身。上京後、写真館に勤めながら、西條八十の門下となる。1949年キングレコード専属、のちにヴィクターに移籍。1956年詩誌『熊ん蜂』を創刊し、1974年に脳卒中で死去するまで発行を続けた。随筆集に『石神井だより』、童謡集に『光と風と花と』がある。坂口淳 フレッシュアイペディアより)

  • キース・シムズ

    キース・シムズから見た脳卒中脳血管障害

    2010年までに彼の元チームメートのうち、7人が脳卒中、心臓発作、心臓病で亡くなったことから、減量プログラムを受けて、同年9月から翌年3月までに85ポンドの減量に成功している。キース・シムズ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県救急医療センター

    千葉県救急医療センターから見た脳血管障害脳血管障害

    脳卒中ケアユニット:6床千葉県救急医療センター フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ・クルップ

    グスタフ・クルップから見た脳卒中脳血管障害

    グスタフ・クルップは1939年頃から健康を害し、さらには1941年には脳卒中で体が部分的に麻痺するようになった。しかしながら1943年にクルップ社の経営を息子のアルフリート・クルップに正式に譲り渡すまで、彼は表看板であり続けた。ナチス政府はドイツの軍備にとって死活的なクルップ社を相続による売却や解体から守るため、1943年にを制定し、グスタフ夫妻から息子への相続にあたり、税金を支払わなくても済むようにした。グスタフはチロルで静養生活に入った。グスタフ・クルップ フレッシュアイペディアより)

  • 山本渓愚

    山本渓愚から見た脳卒中脳血管障害

    明治32年(1899年)5月脳卒中で言語渋滞、半身不随となるも、12月平癒した。明治35年(1902年)病のため久邇宮侍講を辞職した。明治36年(1903年)8月頃腸内不利となり、10月26日悪化し、27日払暁死去し、紀伊郡深草村宝塔寺に葬られた。山本渓愚 フレッシュアイペディアより)

  • テオドール・キルヒナー

    テオドール・キルヒナーから見た脳卒中脳血管障害

    すでに8歳にして洗練されたオルガニストにしてピアニストであったことから、1843年にフェリックス・メンデルスゾーンの推薦状を得てヴィンタートゥールのオルガニストに就任する。その地でほぼ20年を過ごしたが、たびたびドイツを訪れ、シューマン夫妻やヨハネス・ブラームスと親交を結んだ(クララ・シューマンはキルヒナーのことが大変気に入り、1860年代にはいちど秘密裡に交際したようだが、それでも「彼の性格には、およそ安定感というものがない」と書き残している)。1862年にチューリヒに移り、定期会員制の演奏会を監督した。この職務はわずか3年間しか続かず、ピアニストや伴奏者として巡業に取りかかった。1868年に結婚するも、生活は不幸であった。1870年からチューリヒでオルガニストを勤めた後、1872年に宮廷ピアニストとしてマイニンゲンに赴任し、翌年ヴュルツブルク音楽院の院長に就任する。1876年から1883年までライプツィヒに暮らし、その後1890年までドレスデンでスコアリーディングを指導した。1884年、ギャンブルで重ねた負債を清算できるように、ブラームスやハンスリック、ニルス・ゲーゼ、グリーグ、ハンス・フォン・ビューローが3万マルクを掻き集めてくれた。1890年に妻と家族を見棄ててハンブルクに移り、その地で以前の弟子の世話を受けた。1894年に2度の脳卒中によって不随となり、最晩年には全盲となった。テオドール・キルヒナー フレッシュアイペディアより)

  • 親愛なるきみへ

    親愛なるきみへから見た脳卒中脳血管障害

    9・11同時多発テロ事件が起き、 チャールストンに18時間だけ会いにいき、両親と会わせる予定が父のせいでキャンセルになる。ジョンは任務を延長せざるを得なくなる。サヴァナから別れの手紙が届き、手紙を全部燃やす。被弾するが、ショックから激戦地を希望。父の脳卒中で帰されたジョンは貧窮にあるサヴァナと再会。「私だって戦地のあなたと同じ苦しい思いをした」といわれ、別れる。親愛なるきみへ フレッシュアイペディアより)

420件中 61 - 70件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード