430件中 81 - 90件表示
  • オーティス・ヤング

    オーティス・ヤングから見た脳卒中脳血管障害

    1987年にロサンゼルスの聖書学校(Life Pacific College)で学び、牧師としての資格を取得して聖職者へと転進した。教会で上級牧師として2年間に渡り活動した。公立高校で教師としても働き、1989年からはモンロー・コミュニティ・カレッジに教師として招致され、1999年には学科長に推挙された。2001年10月11日、脳卒中により69歳で亡くなった。オーティス・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ヤーコブ・ディレン

    ヨハン・ヤーコブ・ディレンから見た脳卒中脳血管障害

    オックスフォードで脳卒中で没した。ディレンの原稿、書籍、多くの図版や植物の乾燥標本などは後継者のハンフリー・シブソープによって購入された後、最終的にオックスフォード大学が所有し保存されている。ヨハン・ヤーコブ・ディレン フレッシュアイペディアより)

  • サイトカイン

    サイトカインから見た脳卒中脳血管障害

    サイトカインはまた脳卒中における血液の再還流による組織へのダメージにも関与する。さらに臨床的にはサイトカインの精神症状への影響(抑鬱)も指摘されている。サイトカイン フレッシュアイペディアより)

  • ホアキン・ニン=クルメル

    ホアキン・ニン=クルメルから見た脳卒中脳血管障害

    老齢になるまで旺盛な作曲活動を続けたが、スペインで自作オペラの上演に携わっていた2001年に脳卒中を患い、視覚障害を引き起こして音楽活動を続けることが難しくなった。2003年のクリスマスには心臓発作に倒れている。それから一月後に カリフォルニア州バークレーにて死去した。95歳。ホアキン・ニン=クルメル フレッシュアイペディアより)

  • ルース・ギップス

    ルース・ギップスから見た卒中脳血管障害

    ギップスは1999年、癌と卒中による闘病生活の後に78歳で逝去した。ルース・ギップス フレッシュアイペディアより)

  • ルイーゼ・アドルファ・ル・ボー

    ルイーゼ・アドルファ・ル・ボーから見た脳卒中脳血管障害

    1896年に父ヴィルヘルムが脳卒中のために世を去ると、その後ルイーズは、要介護の、ほとんど盲目の母親と二人きりでバーデン=バーデンに暮らした。1897年の夏に総譜作りが完了した交響詩《蚤の水浴び(Flohenbaden)》は、翌1898年2月25日にバーデン=バーデン交響楽演奏会において初演された。1900年には母親にも先立たれている。室内楽の最後の大作となった《弦楽五重奏曲》作品54は、1901年に初演はされたが、出版はされなかった。1902年に成立した唯一の歌劇《魔法にかけられたカリフ(Der verzauberte Kalif)》作品55は、ヴィルヘルム・ハウフの原作の自由な翻案によるメルヘン・オペラであり、両親の墓前に捧げられている。さらに、作品56から作品65aまでの作品群(ピアノ曲、歌曲、合唱曲)も来たる数年間に産み出された。ルイーゼ・アドルファ・ル・ボー フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・オーギュスト・ブランキ

    ルイ・オーギュスト・ブランキから見た脳卒中脳血管障害

    1881年:1月1日、パリで脳卒中のため死去し、ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。ルイ・オーギュスト・ブランキ フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ギボンズ

    オーランド・ギボンズから見た卒中脳血管障害

    オックスフォード出身。彼は1596年から1598年にかけてイギリスのケンブリッジのキングス・カレッジの聖歌隊に参加しており、このカレッジでは現在も毎年チャペルで彼の命日の典礼を行っている。ギボンズは1606年に学士号を取得した。ジェームズ1世は彼を王家礼拝堂(Chapel Royal)のジェントルマンに指名し、彼はその礼拝堂で少なくとも1615年から亡くなるまでオルガニストを務めた。ギボンズはカンタベリーで卒中のため逝去し、カンタベリー大聖堂に彼の記念碑が建てられた。オーランド・ギボンズ フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・フォン・フルンツベルク

    ゲオルク・フォン・フルンツベルクから見た脳血管障害脳血管障害

    翌1528年にフルンツベルクは卒中のために郷里のミンデルハイムで逝去した。54歳だった。ゲオルク・フォン・フルンツベルク フレッシュアイペディアより)

  • 5ヤーダー

    5ヤーダーから見た脳卒中脳血管障害

    通称、ゴリ。チームでのポジションはE。元ラグビー部のキャプテン。本作の最大のボケ役で、他のキャラにいじられやすい男だが、時には男らしい一面も見せる。家庭は「魚政」という魚屋で、母親は穏やかだが父親は厳しい性格である。ストーリー後半では父親が脳卒中により死亡するという悲しみを背負いながらも最後の戦いへと旅立っていく。5ヤーダー フレッシュアイペディアより)

430件中 81 - 90件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード