83件中 61 - 70件表示
  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た一過性脳虚血発作

    脳血管障害は脳出血(出血性脳血管障害)と脳梗塞(虚血性脳血管障害)の2つに分類され、さらに脳出血は脳内出血とクモ膜下出血、脳梗塞は脳血栓および脳塞栓に分類される。うち急激に発症したものは、脳卒中(のうそっちゅう、stroke、apoplexy)、脳血管発作(cerebrovascular attack、CVA)、一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれる。俗に言う、「当たった」という状態である。俗にヨイヨイ、中風(ちゅうふう、ちゅうぶ)とも呼ぶ。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た核磁気共鳴画像法

    MRI ではより早期から所見を捉えることができる。T2 強調画像で病変が高信号になる(細胞の腫脹をみている)のが発症約6時間でみられるほか、拡散強調画像 (DWI) では高信号を約3時間後から認めることができるとされる。概念上は DWI にて高信号を示している部位はすでに不可逆的な変化を示していると考えられており、その周囲に可逆的な部位であるペナンブラが存在すると考えられている。しかし DWI の高信号域の多くは梗塞巣に一致するが淡い病変の中に可逆性の病変が含まれることもあることが知られている。逆に超早期は DWI でも偽陰性を示すことはしばしば認められる。発症24時間以内でも5%ほどの偽陰性が知られている。特に発症6時間以内の椎骨動脈灌流域で偽陰性が多く20%も認められる。特に延髄病変で多いとされている。逆に大脳皮質での偽陰性は低く2%程度である。初回の DWI にて高信号が認められなくとも経過、症状から脳梗塞が強く疑われた時は24時間後に再度撮影するのが望ましい。その場合は3mm程度の薄いスライスで b value 2000以上で行うと検出率が高くなる。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た中大脳動脈

    障害血管に関しては皮質レベルの障害の場合は前部大脳循環系の障害が疑わしい。下肢の障害が強ければ前大脳動脈領域、顔面や上肢の障害が強ければ中大脳動脈領域、同名半盲や幻視が認められれば後大脳動脈領域が疑わしい。皮質下、特に内包、視床、大脳基底核は穿通枝によって主に灌流されているため、皮質症状が存在しなかったり、感覚麻痺を伴わない運動麻痺や運動麻痺を伴わない感覚麻痺はラクナ梗塞を疑う。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見たMRI

    急性期の降圧は原則、禁忌である。脳血管障害で CT にて出血が認められなければ脳梗塞の可能性が高い。発症から4.5時間以内であれば血栓溶解療法で症状が改善しえるので適応の評価を行わなければならない。病歴からアテローム血栓性などの病型診断も行い、MRI または MRA にて発症時期も特定していく。血栓溶解療法は適応基準、慎重投与などが定められているため、かならず専門家にコンサルトしてから血栓溶解療法は行うべきである。この際、適応から外れる行為として観血的な処置があるためにNGチューブやフォーレーカテーテルの挿入は控えておいた方がよい。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た脳動静脈奇形

    脳梗塞においては動脈硬化(アテローム)が最大の危険因子であり、動脈硬化の原因としては、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、喫煙が挙げられる。一方の脳出血では、脳内出血では高血圧が、クモ膜下出血では脳動脈瘤 (Aneurysm) ・脳動静脈奇形 (AVM) およびもやもや病が大きな要因となる。日本では、食文化の欧米化とともに罹患率が上昇しており、予防、再発防止、リハビリテーションとも大きな課題となっている。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た炎症

    脳血管障害に共通するのは、脳を栄養する頭蓋内の血管(血流)に異常が発生し、出血による炎症・圧排または虚血による脳組織の障害により発症することである。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た大脳基底核

    障害血管に関しては皮質レベルの障害の場合は前部大脳循環系の障害が疑わしい。下肢の障害が強ければ前大脳動脈領域、顔面や上肢の障害が強ければ中大脳動脈領域、同名半盲や幻視が認められれば後大脳動脈領域が疑わしい。皮質下、特に内包、視床、大脳基底核は穿通枝によって主に灌流されているため、皮質症状が存在しなかったり、感覚麻痺を伴わない運動麻痺や運動麻痺を伴わない感覚麻痺はラクナ梗塞を疑う。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見たブラウンセカール症候群

    ブラウンセカール症候群:対側の温痛覚低下と同側のその他の感覚、錐体路障害がおこる。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た深部感覚

    後方障害型:障害レベル以下に深部感覚、触覚の低下がみられる。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た拡張期血圧

    高血圧については、脳卒中の発症を予測するうえで、脈圧・拡張期血圧 (Diastolic Blood Pressure: DBP) などと比べ、収縮期血圧 (Systolic Blood Pressure: SBP) が性や人種に関係なく、最も重要な因子であるとする論文が American Journal of Hypertension の2007年3月号に掲載された。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「脳血管障害」のニューストピックワード