前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
530件中 1 - 10件表示
  • 人工臓器

    人工臓器から見た腎臓腎臓

    心臓、肺、肝臓、腎臓などの機能が損なわれると種々の病気になり、重い場合には生命の危機に晒される。人工臓器は、このように病んだ臓器の代行を目的として開発されたもので、様々な治療を通じて機能補助に用いられている。近年は、機能補助から機能置換を可能にする事を目指して、再生臓器や代用臓器となる人工臓器の研究開発が進められている。人工臓器 フレッシュアイペディアより)

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    常染色体優性多発性嚢胞腎から見た腎臓腎臓

    多発性嚢胞腎の1タイプであり、ポリシスチン蛋白をコードする遺伝子の異常によって、腎臓に嚢胞が多発し、徐々に腎不全に至る疾患である。常染色体優性多発性嚢胞腎 フレッシュアイペディアより)

  • クリアランス (医学)

    クリアランス (医学)から見た腎臓腎臓

    医学においてクリアランスは腎臓などによる排泄能力の大きさを表す。クリアランスには腎臓以外の器官が関与していることもあるが、一般にクリアランスは腎クリアランスもしくは血漿クリアランスとほぼ同義に用いられる。個々の物質はろ過特性によって、固有のクリアランスを示す。クリアランスは、糸球体によるろ過、傍尿細管毛細血管からネフロンへの分泌、ネフロンから傍尿細管毛細血管への再吸収からなる機構である。クリアランス (医学) フレッシュアイペディアより)

  • 本並健治

    本並健治から見た腎臓腎臓

    7月7日のサンフレッチェ広島戦において、後半終了直前のコーナーキックの競り合いで田口禎則と激しく接触し、腎臓破裂の重傷を負う。試合は、延長開始直後にVゴールを決められ、ガンバが敗れて終了したが、「仮に延長戦が続いていたら助からなかっただろう」と診断されたほどの大怪我だった。本並は既に選出されていたJリーグオールスターの出場キャンセルは勿論、選手生命はおろか命の危機に晒されることとなった。手術では腎臓の4分の1を摘出した。本並健治 フレッシュアイペディアより)

  • 上腸間膜動脈

    上腸間膜動脈から見た腎臓腎臓

    左腎静脈: 左の腎臓と下大静脈を結ぶ静脈。これが圧迫されるとナットクラッカー症候群を引き起こす上腸間膜動脈 フレッシュアイペディアより)

  • 腎静脈

    腎静脈から見た腎臓腎臓

    腎静脈(英:renal vein)は腎臓から還流する静脈で腎臓と下大静脈をつないでいる。腎静脈 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム中毒

    カドミウム中毒から見た腎臓腎臓

    食物もカドミウムの曝露源のひとつである。非工業地域の植物中にはカドミウムは少量または中等量しか含まれないが、成熟動物の肝臓や腎臓から高濃度のカドミウムが検出されることがある。カドミウム中毒 フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーミング増殖因子

    トランスフォーミング増殖因子から見た腎臓腎臓

    ベータ型変異増殖因子TGF-βは腎臓、骨髄、血小板などほぼすべての細胞で産生され、5種類のサブタイプ(β1?β5)が存在する。骨基質中にはそのうちβ1?β3がいずれも不活性型として蓄積され、骨吸収の際に破骨細胞が放出する酸によって活性化される。トランスフォーミング増殖因子 フレッシュアイペディアより)

  • フロリジン

    フロリジンから見た腎臓腎臓

    フロリジン(Phlorhizin)はジヒドロカルコンの一種で、フロレチンとグルコースがグルコシド結合でつながった2'-グルコシドフロレチンである。小腸や腎臓に存在する糖輸送体を強力に競争阻害する。フロリジン フレッシュアイペディアより)

  • ADME

    ADMEから見た腎臓腎臓

    組織へと運ばれた薬物は組織内または細胞内で分布してゆく。ここでは、薬物の脂溶性、毛細管透過性、血漿タンパクや組織タンパクとの結合の強さ、心拍出量、局所的血流量、局所的pHが分布に影響する要因となる。薬物は灌流の程度が高い器官、例えば肝臓、心臓、腎臓などには容易に分布し、逆に筋肉、脂肪、および末梢器官のような灌流の程度が低い器官には分布し難い。ADME フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
530件中 1 - 10件表示

「腎疾患」のニューストピックワード