688件中 91 - 100件表示
  • 傍糸球体細胞

    傍糸球体細胞から見た腎臓腎臓

    傍糸球体細胞(ぼうしきゅうたいさいぼう、Juxtaglomerular cell)は腎臓にある細胞の一種。糸球体近接細胞、糸球体傍細胞とも呼ばれる。傍糸球体細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 腎盤

    腎盤から見た腎臓腎臓

    腎盤(じんばん、)あるいは腎盂(じんう)とは、腎臓において尿管に隣接して存在するじょうご様の拡張部。腎盤 フレッシュアイペディアより)

  • 腎循環

    腎循環から見た腎臓腎臓

    腎循環(じんじゅんかん、Renal circulation)は、心拍出量の約20%の血液を受け取る循環である。腎循環は、腹大動脈から分枝し、上行大静脈へと血液が流れる。腎循環では腎臓内で分化した様々な血管に血液を供給している。腎循環 フレッシュアイペディアより)

  • 1,3-ビス(アミノメチル)シクロヘキサン

    1,3-ビス(アミノメチル)シクロヘキサンから見た腎臓腎臓

    日本の消防法では危険物第4類第3石油類に区分される。ラットに経口投与した動物実験では、肝臓および腎臓に影響がみられた。1,3-ビス(アミノメチル)シクロヘキサン フレッシュアイペディアより)

  • Βバレル

    Βバレルから見た腎臓腎臓

    リポカリンは通常8つのストランドからなるβバレルで構成され、細胞外に分泌されるタンパク質である。疎水性分子と結合し、運ぶ働きをする。最も有名な例はレチノール結合タンパク質(RBP)で、レチノール(ビタミンA)を運搬する。ヒトではレチノールは肝臓に蓄えられ、RBPによって他の組織へ運ばれる。それぞれのRBP分子は、プレアルブミンと様々な細胞表面受容体のタンパク質間相互作用によって1分子のレチノールを運ぶ。レチノールを運び終わったRBPは腎臓で分解される。Βバレル フレッシュアイペディアより)

  • スルフィンピラゾン

    スルフィンピラゾンから見た腎臓腎臓

    スルフィンピラゾンは他の尿酸排泄薬と同様に、腎臓の尿細管での尿酸の再吸収に競合的に拮抗する。スルフィンピラゾン フレッシュアイペディアより)

  • 4-クロロアニリン

    4-クロロアニリンから見た腎臓腎臓

    ヒトをはじめとする動物では、主に尿により排出される。PCAおよびその抱合体はは曝露後30分で検出され、72時間で排泄はほぼ完了する。代謝物はヘモグロビンおよび肝臓・腎臓のタンパク質に結合する。反復曝露によりチアノーゼおよびメトヘモグロビン血症を引き起こす。次いで、肝臓・腎臓・脾臓に、ヘモジデリン沈着などの影響を生じる。動物実験では、雄ラットに脾臓の線維肉腫および骨肉腫、雌ラットには脾腫瘍の前がん状態、雄マウスには、肝細胞がんと血管肉腫が確認された。4-クロロアニリン フレッシュアイペディアより)

  • トゲウオ目

    トゲウオ目から見た腎臓腎臓

    トゲウオ目の魚類は、その繁殖行動に際立った特徴をもつ。ほとんどの種類では雄による子育ての習性が発達しており、腎臓で産生される特殊な分泌物を用いて巣作りを行うもの、タツノオトシゴやヨウジウオのように育児嚢を有し、雄が仔魚を「産出」するものまでさまざまな繁殖形態が知られる。トゲウオ目 フレッシュアイペディアより)

  • ノトテニア亜目

    ノトテニア亜目から見た腎臓腎臓

    極寒の海で生活する本亜目の魚類(特にコオリウオ科)の中には、血液中に不凍タンパク質と呼ばれる糖タンパク質を蓄えることで凝固点を下げ、氷点下の海水中でも生存可能となっているものがいる。これらの種類の多くは腎臓の糸球体を欠き、また血液中の赤血球やヘモグロビンをもたないこともある。ノトテニア亜目 フレッシュアイペディアより)

  • みぞおち

    みぞおちから見た腎臓腎臓

    腹腔神経叢はみぞおちの奥、腰椎第一椎の高さに位置し、胃と肝臓の後ろで大動脈と腎臓に囲まれた横隔膜に張り付いた神経叢であり、骨盤神経(:en:splanchnic nerves)、迷走神経の一部でもある。架橋弾性線維を通して腹腔神経節 (:en:celiac ganglia) と繋がっている。大動脈腎動脈神経節 (:en:aorticorenal ganglia) もこの神経叢の一部とする説がある。みぞおち フレッシュアイペディアより)

688件中 91 - 100件表示

「腎疾患」のニューストピックワード