688件中 11 - 20件表示
  • 腎不全

    腎不全から見た腎臓腎臓

    腎不全(じんふぜん、)は、腎臓機能が正常時の30%を下回り、それに伴い体内において異常を呈している状態。または症候。腎不全 フレッシュアイペディアより)

  • カルシトリオール

    カルシトリオールから見た腎臓腎臓

    (2) 腎臓の働きによりカルシウムの血中から尿への移動を抑制する。カルシトリオール フレッシュアイペディアより)

  • フロリジン

    フロリジンから見た腎臓腎臓

    フロリジン(Phlorhizin)はジヒドロカルコンの一種で、フロレチンとグルコースがグルコシド結合でつながった2'-グルコシドフロレチンである。小腸や腎臓に存在する糖輸送体を強力に競争阻害する。セイヨウナシやリンゴ、サクランボなどの植物の樹皮に含まれ強い苦みを持つ。カーネーションの花びらの色にも関係している。フロリジン フレッシュアイペディアより)

  • 上腸間膜動脈

    上腸間膜動脈から見た腎臓腎臓

    左腎静脈: 左の腎臓と下大静脈を結ぶ静脈。これが圧迫されるとナットクラッカー症候群を引き起こす上腸間膜動脈 フレッシュアイペディアより)

  • ADME

    ADMEから見た腎臓腎臓

    組織へと運ばれた薬物は組織内または細胞内で分布してゆく。ここでは、薬物の脂溶性、毛細管透過性、血漿タンパクや組織タンパクとの結合の強さ、心拍出量、局所的血流量、局所的pHが分布に影響する要因となる。薬物は灌流の程度が高い器官、例えば肝臓、心臓、腎臓などには容易に分布し、逆に筋肉、脂肪、および末梢器官のような灌流の程度が低い器官には分布し難い。ADME フレッシュアイペディアより)

  • 人工臓器

    人工臓器から見た腎臓腎臓

    固定された電源、フィルター、化学的な処理装置などと接続されていないことが人工臓器の特徴であるとの考え方もあり、定期的な充電や、消耗品の交換を必要とする機器も人工臓器に分類すべきでないとの意見もある。この立場によれば、例えば人工透析装置は腎臓の機能的代替物であり人体に接続される医療機器であるが、人工臓器ではないということになる。人工臓器 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム中毒

    カドミウム中毒から見た腎臓腎臓

    食物もカドミウムの曝露源のひとつである。非工業地域の植物中にはカドミウムは少量または中等量しか含まれないが、成熟動物の肝臓や腎臓から高濃度のカドミウムが検出されることがある。カドミウム中毒 フレッシュアイペディアより)

  • ウロビリノーゲン

    ウロビリノーゲンから見た腎臓腎臓

    ウロビリノーゲンは、腸内微生物の活動によって腸内でビリルビンが還元されて生成される。ウロビリノーゲンの一部は、腸から体内へ吸収され、腎臓を経て尿から排泄される。この循環を腸肝ウロビリノーゲンサイクルと呼ぶ。ウロビリノーゲンは酸化されると、尿の黄色のもとであるウロビリンに変化する。ウロビリノーゲン フレッシュアイペディアより)

  • ゲロタ筋膜

    ゲロタ筋膜から見た腎臓腎臓

    ゲロタ筋膜(、ジェロタ筋膜、ゲロータ筋膜)とは、脊椎動物の体内にある密性結合組織の膜状の構造物である。筋膜といっても、筋組織を包んでいるのではなく、、腎周囲脂肪組織(脂肪被膜)、副腎を被っている。腎筋膜 () ともいう。ゲロタ筋膜 フレッシュアイペディアより)

  • フェニルブタゾン

    フェニルブタゾンから見た腎臓腎臓

    フェニルブタゾンは他の非ステロイド性抗炎症薬と同様の副作用を引き起こす。オーバードーズや長期間の使用により、、 、腎損傷(多くは用量により腎乳頭壊死)、経口投与の場合は口腔病変、内出血などの副作用が表われるフェニルブタゾン フレッシュアイペディアより)

688件中 11 - 20件表示

「腎疾患」のニューストピックワード