530件中 21 - 30件表示
  • 利尿薬

    利尿薬から見た腎臓腎臓

    尿は水分や電解質を体外へ排出する最も効果的な手段である。尿は腎臓でつくられるが、腎臓は体内の状況に応じて尿の量や濃度を調節し、全身の体液を一定に保つよう制御している。利尿薬は、この調節機構が適切にはたらかない病態などにおいて、水分を体外に排出するために用いられる。腎臓の項も参照のこと。利尿薬 フレッシュアイペディアより)

  • ベロ毒素

    ベロ毒素から見た腎臓腎臓

    ベロ毒素は、病原性大腸菌の一グループである腸管出血性大腸菌 (EHEC) が産生する毒素である。EHECの病原因子を探索する過程でベロ細胞(Vero細胞、アフリカミドリザルの腎臓上皮由来の動物培養細胞の一種で、感染実験や毒性実験などに汎用される)に対して致死性の細胞毒性を持つものとして発見されたことからその名がついた。EHECが細胞内で産生し、菌体外に分泌するタンパク質性の外毒素であり、互いによく似た構造を持つベロ毒素1(VT1)とベロ毒素2(VT2)の2つが知られている。ベロ毒素1は、すでに志賀赤痢菌が産生する毒素として知られていた志賀毒素と同一であったことが後に判明した。ベロ毒素2は、ベロ毒素1と生物学的症状が似ているが、免疫学的性状、物理化学的性状が異なる。ベロ毒素 フレッシュアイペディアより)

  • 腎不全

    腎不全から見た腎臓腎臓

    腎不全(じんふぜん、)は、腎臓機能が正常時の30%を下回った状態。または症候。腎不全 フレッシュアイペディアより)

  • 尿路感染症

    尿路感染症から見た腎臓腎臓

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる、尿路に病原体が生着して起こる感染症。尿路感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 糖尿病性腎症

    糖尿病性腎症から見た腎臓腎臓

    糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)とは、糖尿病によって腎臓の糸球体が細小血管障害のため硬化して数を減じていく病気(ICD-10:E10.2、E11.2、等)である。糖尿病性腎症 フレッシュアイペディアより)

  • 腹部超音波検査

    腹部超音波検査から見た腎臓腎臓

    腹部超音波検査(ふくぶ・ちょうおんぱ・けんさ)とは腹腔内臓器に対して行う超音波検査である。一般的には肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・脈管系(下行大動脈・下大静脈・腎動脈)を対象とする。時に骨盤内臓器(膀胱・前立腺・子宮・卵巣)も走査する。腹部超音波検査 フレッシュアイペディアより)

  • ウロビリノーゲン

    ウロビリノーゲンから見た腎臓腎臓

    ウロビリノーゲンは、腸内微生物の活動によって腸内でビリルビンが還元されて生成される。ウロビリノーゲンの一部は、腸から体内へ吸収され、腎臓を経て尿から排泄される。この循環を腸肝ウロビリノーゲンサイクルと呼ぶ。ウロビリノーゲンは酸化されると、尿の黄色のもとであるウロビリンに変化する。ウロビリノーゲン フレッシュアイペディアより)

  • 免疫抑制剤

    免疫抑制剤から見た腎臓腎臓

    移植した臓器や組織(骨髄、心臓、腎臓、肝臓など)に対する拒絶反応の抑制免疫抑制剤 フレッシュアイペディアより)

  • 高血圧

    高血圧から見た腎臓腎臓

    食塩の過剰摂取が高血圧の大きなリスクとなるのは、身体の電解質調節システムに原因がある。細胞外液中でナトリウムをはじめとする電解質の濃度は厳密に保たれており、この調節には腎臓が大きな役割を果たしている。すなわち、濃度が正常より高いと飲水行動が促され、腎では水分の再吸収が促進される。反対に、濃度が低い場合は腎で水分の排泄が進む。高血圧 フレッシュアイペディアより)

  • クレアチン

    クレアチンから見た腎臓腎臓

    クレアチンの代謝産物がクレアチニンで、機能の評価(クレアチニンクリアランス)に利用される物質として代表的である。クレアチン フレッシュアイペディアより)

530件中 21 - 30件表示

「腎疾患」のニューストピックワード