688件中 21 - 30件表示
  • 海水魚

    海水魚から見た腎臓腎臓

    軟骨魚類の体液の浸透圧は海水よりもやや高めに維持されるため脱水の危険はないが、逆に鰓や体表を通じて、水分が海水から常時流入する。このため、軟骨魚類は淡水魚ほどではないが、他の海水魚と比べて多量の尿を出す。軟骨魚類にとって腎臓は、尿中への尿素の流出を抑え、体内の浸透圧を保持するための重要な器官であり、その構造は非常に複雑となっている。彼らの尿細管は哺乳類よりも多い4度のループ構造を通じて低尿素環境を作り出し、集合管の手前で尿素を再吸収する。海水魚 フレッシュアイペディアより)

  • キンギョヘルペスウイルス

    キンギョヘルペスウイルスから見た腎臓腎臓

    正常な姿勢のまま衰弱して、造血器(腎臓)の腐敗により横転転覆し斃死する(転覆横転しないこともある)キンギョヘルペスウイルス フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ルロワール

    ルイ・ルロワールから見た腎臓腎臓

    彼が1970年に授与されたノーベル化学賞は、アルゼンチン人としてもヒスパニック系としても初の例であった。ルイはフランス生まれだが、彼自身が当地に在住した期間は短く、ほとんどの教育はブエノスアイレス大学などアルゼンチンで受けた。彼が生涯運営し続けた私立の研究機関(カンポマール基金生化学研究所)はいつも中古の設備と財政難に苦労していたが、炭水化物の新陳代謝(糖代謝)を司る糖ヌクレオチド・腎臓と高血圧症に関する研究は国際的に高い評価を受け、また先天的な病気であるガラクトース血症の病理解析についても輝かしい業績を挙げた。ルイ・ルロワール フレッシュアイペディアより)

  • 内分泌器

    内分泌器から見た腎臓腎臓

    ただし、多種の生理活性物質を血液に放出する肝臓、レニンなどを分泌する腎臓、ロイコキニンを分泌する脾臓、消化管ホルモンを放つ消化器粘膜は通常内分泌腺には加えない。また副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンなど10種類のホルモンを放つ視床下部は、分泌物が血液を経ない事からこれも内分泌腺には含めない場合もある。内分泌器 フレッシュアイペディアより)

  • 脾臓

    脾臓から見た腎臓腎臓

    人体の左の上腹部にあり、上方は横隔膜に、内側は左の腎臓と接している。前方には胃が存在する。肋骨の下に隠れており通常は体表からは触れない。脾臓 フレッシュアイペディアより)

  • レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系

    レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系から見た腎臓腎臓

    血圧低下や腎臓の循環血液量の低下に伴って、活性化される。レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系 フレッシュアイペディアより)

  • 尿路結石

    尿路結石から見た腎臓腎臓

    腎臓、尿管、膀胱、尿道にできやすく中年男性に多い。腎臓結石と尿管結石を「上部尿路結石」、膀胱結石と前立腺結石を「下部尿路結石」といい、日本人の場合上部尿路結石が大半を占める。男女比では2.4対1で男性に多く、日本人の生涯罹患率は15%程度である。男性の好発期は40歳代、女性は閉経後に多く発症し50?70歳代が多くなる。尿路結石 フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た腎臓腎臓

    2月、貴司山治の『忍術武勇伝』に好感を持ち、後輩の武田麟太郎の『ある除夜』に刺激されて井原西鶴を読み始めた基次郎は、自分が〈小説の本領〉に近づきかけていると感じた。母・ヒサが肺炎になり、大阪赤十字病院に一時入院すると、基次郎はほぼ毎日病院に通い看病し、下旬から3月初旬に自分自身も発熱や呼吸困難で寝込んだ。3月中旬に母が再び腎臓炎で入院。姉を呼んで自分もタクシーで母の看護に通い、病院から「闇の絵巻」「のんきな患者」の構想を北川冬彦に手紙で知らせた。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 泌尿器科学

    泌尿器科学から見た腎臓腎臓

    腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系、または副腎等の内分泌系、陰嚢内臓器(睾丸・副睾丸・精索)・陰茎・前立腺などの男性生殖器系(女性生殖器系は含まれない→産科学や婦人科学の領域)を取り扱う。泌尿器科学 フレッシュアイペディアより)

  • 密着結合

    密着結合から見た腎臓腎臓

    多くの上皮細胞でLSRは発現している。しかし部位によってはトリセルリンがトリセルラーコンタクトに局在しているがLSRが発現していない上皮があった。例えば結腸では陰窩下部ではLSRが発現しているが陰窩上部ではLSRが発現していないがトリセルリンは陰窩全体でトリセルラーコンタクトに局在していた。以上のことからLSRに相同な遺伝子があることが予想された。マウスではLSRに相同な遺伝子としてILDR1とILDR2が知られていた。LSRを含めた3つの遺伝子全ての複数のスプライシングアイソフォームが存在する。いずれも一回膜貫通型蛋白質で細胞外Igドメイン、膜貫通ドメイン、細胞内ドメインからなっていた。3つの蛋白質は30%のアミノ酸同一性を共有していた。LSR、ILDR1、ILDR2の局在を示す。ILDR1は結腸陰窩上部、膀胱、唾液腺、嗅上皮、腎臓を含む広範な上皮組織、コルチ器で認められた。ILDR2は網膜色素上皮細胞や髄膜や脈絡叢などの神経組織を覆う上皮細胞で発現している。LSRをアンギュリン-1、ILDR-1をアンギュリン-2、ILDR-2をアンギュリン-3と呼び、この3つの蛋白質をアンギュリン・ファミリーと呼ぶことが提唱されている。LSR、ILDR-1、ILDR-2いずれもトリセルラーコンタクトに局在していた。確認された範囲では全ての上皮で何らかのアンギュリン・ファミリーの蛋白質とトリセルリンが発現していた。一部の組織では複数のアンギュリン・ファミリーの蛋白質が確認された。LSRと同様にILDR1、ILDR2も細胞質領域とトリセルリンのC末端細胞質領域が相互作用し、トリセルリンをトリセルラーコンタクトに動員した。アンギュリン・ファミリーの蛋白質がなぜ、トリセルラーコンタクトに局在するのかは不明である。また全てのアンギュリン・ファミリーのノックダウンはtTJだけではなくbTJにも影響をあたえ大分子と小分子の透過に影響を与えている。ILDR1の変異はDFNB42という進行性難聴の原因となる。密着結合 フレッシュアイペディアより)

688件中 21 - 30件表示

「腎疾患」のニューストピックワード