530件中 31 - 40件表示
  • ビタミンD

    ビタミンDから見た腎臓腎臓

    腎臓の働きによりカルシウムの血中から尿への移動を抑制する。ビタミンD フレッシュアイペディアより)

  • 内分泌器

    内分泌器から見た腎臓腎臓

    ただし、多種の生理活性物質を血液に放出する肝臓、レニンなどを分泌する腎臓、ロイコキニンを分泌する脾臓、消化管ホルモンを放つ消化器粘膜は通常内分泌腺には加えない。また副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンなど10種類のホルモンを放つ視床下部は、分泌物が血液を経ない事からこれも内分泌腺には含めない場合もある。内分泌器 フレッシュアイペディアより)

  • PPAR

    PPARから見た腎臓腎臓

    発現臓器は骨格筋・心臓・肝臓・腎臓などがある。PPAR フレッシュアイペディアより)

  • 血液

    血液から見た腎臓腎臓

    組織で産生された代謝老廃物を肺、腎臓・肝臓・皮膚・腸管などの器官に運搬する。血液 フレッシュアイペディアより)

  • くる病

    くる病から見た腎臓腎臓

    原因として、ビタミンDの代謝障害により、カルシウム、リンの吸収が進まないことによる骨の石灰沈着障害がもっとも知られる。紫外線(日光)に当たることで体は7-デヒドロコレステロールより肝臓、腎臓での代謝を経てビタミンDを合成する。このため、太陽に当たる量の少ない人、脂肪吸収障害、肝障害、腎障害などの基礎疾患のある人に発生しやすい。また、てんかんの患者もくる病になることがある。これは抗てんかん薬の長期投与により肝臓でビタミンDが不活性化されるためである。カルシウムの摂取が少ない一部の発展途上国でもくる病が発生しやすい。ヨーロッパ人の白い肌は欧州の少ない日照に適応した結果であり、肌の黒いインド系や黒人が日射量が少ない高緯度地域に移住した場合、乳幼児にくる病がしばしば発生する。くる病 フレッシュアイペディアより)

  • イクチオホヌス症

    イクチオホヌス症から見た腎臓腎臓

    イクチオホヌス症(イクチオホヌスしょう、英:ichtyophonosis)とはIchtyophonus hoferiの感染を原因とする魚類の感染症。淡水魚、海水魚双方に発生するが無胃魚には発生しない。ニジマスでは腹水貯留、腹部膨満、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、腸管に結節が認められる。貧血、ストレスが加わると死亡する。ブリでもニジマスと同様の所見が認められるが比較的軽度である。イクチオホヌス症 フレッシュアイペディアより)

  • 運動性エロモナス敗血症

    運動性エロモナス敗血症から見た腎臓腎臓

    鰭の発赤、体表各所や肛門の発赤、肝臓の鬱血、腎臓の腫脹、腸管の発赤と強い剥離性カタルが認められる。運動性エロモナス敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • オクロコニス症

    オクロコニス症から見た腎臓腎臓

    オクロコニス症(オクロコニスしょう、英:ochroconis infection)とはOchroconis thawytschaeおよびO. humicola感染を原因とする魚類の感染症。マスノスケ、ギンザケ、ニジマス、シマアジ、マダイ、カサゴが感受性を有する。体表に潰瘍、腹水貯留、腹部膨満、腎臓の腫大が認められる。オクロコニス症 フレッシュアイペディアより)

  • マダイイリドウイルス病

    マダイイリドウイルス病から見た腎臓腎臓

    マダイイリドウイルス病(マダイイリドウイルスびょう、iridovirus disease of red sea bream)とはイリドウイルス科メガロシスチスウイルス属に属するウイルスが原因と考えられるマダイ、カンパチ、シマアジ、イシダイなどの感染症。体色黒化、体表、鰭、鰓の出血、貧血などの症状を示す。診断は鰓薄板の点状出血や脾臓、心臓、腎臓、肝臓に異形肥大細胞を確認および蛍光抗体法、PCRにより行われる。日本では本病に対する不活化ワクチンが市販されており、マダイ、ブリの腹腔内あるいは筋肉内に1回注射することにより予防が為される。マダイイリドウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメラブドウイルス病

    ヒラメラブドウイルス病から見た腎臓腎臓

    ヒラメラブドウイルス病(ヒラメラブドウイルスびょう、英:hirame rhabdovirus disease;HRVD)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するヒラメラブドウイルス(hirame rhabdovirus;HRV)の感染を原因とするヒラメ、クロダイ、メバルの感染症。外部所見として体表、鰭の充出血、腹部膨満、内部所見、病理所見として生殖腺の鬱血、筋肉内出血、腎臓の間質、脾臓の造血組織の広範な壊死。ヒラメラブドウイルスは5~20℃で増殖し、20℃以上では増殖しない。ヒラメラブドウイルス病 フレッシュアイペディアより)

530件中 31 - 40件表示

「腎疾患」のニューストピックワード