530件中 41 - 50件表示
  • ウイルス性出血性敗血症

    ウイルス性出血性敗血症から見た腎臓腎臓

    ウイルス性出血性敗血症(ウイルスせいしゅっけつせいはいけつしょう、英:viral hemorrhagic septisemia;VHS)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するウイルス性出血性敗血症ウイルス(viral hemorrhagic septicemia virus;VHSV)の感染を原因とするサケ科魚類の感染症。低水温での発生が多い。外部所見は体色黒化、眼球突出、鰓の褪色、内部所見、病理所見は内臓や腹腔の大量出血、鰾、腹膜、腹腔内脂肪組織、骨格筋に点状出血、腎臓や脾臓の造血器官の壊死、貧血、白血球の減少。伝播は汚染された飼育水からの水平感染により、垂直感染は起こさない。ウイルス性出血性敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • 精巣下降

    精巣下降から見た腎臓腎臓

    精巣下降(せいそうかこう、英:orchiocatabasis, descent of testis)とは胎生期から出生期にかけて腹腔内の腎臓直下に形成された精巣が陰嚢内に下降して収まる現象。精巣は高温では機能障害を受けるため精巣下降は精巣を低温に維持するための重要な機構の1つである。精巣下降の時期は動物種により異なり、ウシでは胎齢3か月で完了し、イヌでは生後30日で完了する。精巣下降が完了しない状態を潜在精巣と呼び、生殖機能に影響を及ぼす。クジラやゾウなどでは精巣下降は起こらないが、これは病的状態ではなく生殖機能に影響はない。精巣下降 フレッシュアイペディアより)

  • 腎循環

    腎循環から見た腎臓腎臓

    腎循環(じんじゅんかん、Renal circulation)は、心拍出量の約20%の血液を受け取る循環である。腎循環は、腹大動脈から分枝し、上行大静脈へと血液が流れる。腎循環では腎臓内で分化した様々な血管に血液を供給している。腎循環 フレッシュアイペディアより)

  • クレアチニンクリアランス

    クレアチニンクリアランスから見た腎臓腎臓

    クレアチニンクリアランス(、CCrと略される)は、血清中のクレアチニンのクリアランス(腎臓が身体の老廃物を排泄する能力)を計算し、腎機能を推定する検査である。クレアチニンクリアランス フレッシュアイペディアより)

  • 刷子縁

    刷子縁から見た腎臓腎臓

    刷子縁(さっしえん、brush border)とは小腸の吸収上皮細胞および腎臓の近位尿細管細胞の上部に存在する微絨毛が密に形成される領域。腸細胞においては頂端膜と同義語である。小腸における刷子縁の存在は表面積の拡大に寄与している。刷子縁 フレッシュアイペディアより)

  • 尿細管

    尿細管から見た腎臓腎臓

    尿細管(にょうさいかん、renal tubule:細尿管、腎細管)は、腎臓における糸球体より集合管にいたるまでの、原尿が通り再吸収・分泌などを受ける組織のこと。尿細管には糸球体から伸びる毛細血管が取り巻いていて、腎小体でボーマン嚢に排出された原尿の成分のうち、ブドウ糖のすべてと、水・無機塩類のほとんど(99%)とグリセリンなどその他の物質を再吸収する。グルコースの再吸収はATPのエネルギーを用いた能動輸送によって行われており、それに必要なATPをまかなうため、尿細管の細胞ではミトコンドリアが発達している。尿細管で再吸収し切れなかったグルコースは尿中に排出されるが、これが糖尿病において尿中にグルコースが排出される理由である。尿細管 フレッシュアイペディアより)

  • めざせ!イカ天 ロックンOL物語

    めざせ!イカ天 ロックンOL物語から見た腎臓腎臓

    普段は看護婦(看護師)。元々は同じ病院の医師ら同僚でバンドをやっていたが、そのバンドを見に来ていた五月に誘われてザ・地球丸に加入する。キーボード担当。腎臓透析の手術を控えるタケシという患者の男の子に恋心を寄せられている。めざせ!イカ天 ロックンOL物語 フレッシュアイペディアより)

  • 糸球体外メサンギウム細胞

    糸球体外メサンギウム細胞から見た腎臓腎臓

    糸球体外メサンギウム細胞()あるいは細網状細胞()とは糸球体外の血管極や緻密斑付近に認められる淡く染色される腎臓の細胞。糸球体外メサンギウム細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ファンゼルスト

    ルイス・ファンゼルストから見た腎臓腎臓

    ファンゼルストは1915年3月に突如体調を崩し、診断を受けて2日後にペンシルベニアで亡くなった。「ブライト病」と呼ばれる腎臓の疾患によるものだった。単なる偶然か、この年からアスレチックスは7年連続リーグ最下位という冬の時代に入ることになる。ルイス・ファンゼルスト フレッシュアイペディアより)

  • フィエステリア

    フィエステリアから見た腎臓腎臓

    フィエステリアの研究に携わっていた13人の研究者らが、その培養の水やエアロゾルとの接触を通して健康に害をきたした事が報告されている。彼らはおよそ5?6週間の間、有毒なフィエステリアの培養に一日当たり1?2時間、ごく標準的な条件で接していた。その結果、研究者達の間に目の赤化及び視界の不鮮明化、ひどい頭痛、喘息に似た呼吸困難、腎臓や肝臓の機能不全、重大な記憶障害及び認知障害、眠気、倦怠感、水に直接触れた部分の局所的な外傷などに見舞われたという。最終的には文字の読解不能や人名・電話番号の喪失などに陥り、ごく簡単な作業も遂行困難になってしまった事が報告されている。フィエステリア フレッシュアイペディアより)

530件中 41 - 50件表示

「腎疾患」のニューストピックワード