688件中 41 - 50件表示
  • 血液

    血液から見た腎臓腎臓

    組織で産生された代謝老廃物を肺、腎臓・肝臓・皮膚・腸管などの器官に運搬する。血液 フレッシュアイペディアより)

  • ネコ

    ネコから見た腎臓腎臓

    乾燥した地域を進化上の故郷とすると思われるネコ科は元来、飲水量が少ない動物で、体内で水を有効に使うために尿の濃縮率が高く、濃い尿を出す。そのため、腎臓への負荷が高く、ネコの病気の7- 8割は腎臓の病気である。特に塩分の摂りすぎには注意が必要である。また、水は水道水が最も理想的(日本のほとんどの地域では、水道水はミネラル含有量が少ない軟水)である。一部ミネラルウォーターの硬水に含まれるマグネシウムは猫に対して高濃度に当たるため、腎臓などへの影響からも極力飲ませないようにするべきである。ネコ フレッシュアイペディアより)

  • 豆

    から見た腎臓腎臓

    代表的な豆の1つで大粒の腎臓型でアズキ色である。金時豆に似ているが異なる栽培種であり日本では生産されていない。 フレッシュアイペディアより)

  • バソプレッシン

    バソプレッシンから見た腎臓腎臓

    バソプレッシンのシグナルは腎臓の細胞膜にあるV2受容体を介して伝えられる。そして、3量体Gタンパク質であるGsタンパク質に情報は伝達され、それがアデニル酸シクラーゼを活性化させる。それによりATPがcAMPに変わり、そのcAMPはAキナーゼを活性化する。そのAキナーゼは小胞にあるアクアポリン2を管腔側に移行させて、管腔内の水を細胞内に再吸収する。それにより抗利尿作用が促進される。バソプレッシン フレッシュアイペディアより)

  • エスペラント

    エスペラントから見た腎臓腎臓

    ベロ細胞(Vero cell) - アフリカミドリザルの腎臓上皮細胞に由来する、細胞培養に使われる細胞株。名前の由来は、エスペラントで「緑の腎臓」を意味する verda rano を短くし、これにエスペラントの「真理」を意味する vero をかけたものである。エスペラント フレッシュアイペディアより)

  • イクチオホヌス症

    イクチオホヌス症から見た腎臓腎臓

    イクチオホヌス症(イクチオホヌスしょう、英:ichtyophonosis)とはIchtyophonus hoferiの感染を原因とする魚類の感染症。淡水魚、海水魚双方に発生するが無胃魚には発生しない。ニジマスでは腹水貯留、腹部膨満、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、腸管に結節が認められる。貧血、ストレスが加わると死亡する。ブリでもニジマスと同様の所見が認められるが比較的軽度である。イクチオホヌス症 フレッシュアイペディアより)

  • オクロコニス症

    オクロコニス症から見た腎臓腎臓

    オクロコニス症(オクロコニスしょう、英:ochroconis infection)とはOchroconis thawytschaeおよびO. humicola感染を原因とする魚類の感染症。マスノスケ、ギンザケ、ニジマス、シマアジ、マダイ、カサゴが感受性を有する。体表に潰瘍、腹水貯留、腹部膨満、腎臓の腫大が認められる。オクロコニス症 フレッシュアイペディアより)

  • マダイイリドウイルス病

    マダイイリドウイルス病から見た腎臓腎臓

    マダイイリドウイルス病(マダイイリドウイルスびょう、iridovirus disease of red sea bream)とはイリドウイルス科メガロシスチスウイルス属に属するウイルスが原因と考えられるマダイ、カンパチ、シマアジ、イシダイなどの感染症。体色黒化、体表、鰭、鰓の出血、貧血などの症状を示す。診断は鰓薄板の点状出血や脾臓、心臓、腎臓、肝臓に異形肥大細胞を確認および蛍光抗体法、PCRにより行われる。日本では本病に対する不活化ワクチンが市販されており、マダイ、ブリの腹腔内あるいは筋肉内に1回注射することにより予防が為される。マダイイリドウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • エナラプリルマレイン酸塩

    エナラプリルマレイン酸塩から見た腎臓腎臓

    重大な副作用としては、気道に浮腫が発生し呼吸困難になること、肝臓や腎臓の機能障害、まれに高カリウム血症が発生し心臓などの機能が障害されることが挙げられる。その他の副作用として血管の拡張が原因のめまいや頭痛が起こることもある。またこれはどの薬剤に対しても起こりえることでマレイン酸エナラプリルに限ったことではないが、やはり本剤に対してもアレルギー反応が起こって発疹などが出ることもありえる。エナラプリルマレイン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • 類結節症

    類結節症から見た腎臓腎臓

    類結節症(英:pseudotuberculosis)とはPhotobacterium damsela subsp. piscicida(旧名:Pasteurella piscicida)の感染を原因とするブリ属の感染症。ぶり類結節症とも呼ばれる。Photobacterium damsela subsp. piscicidaはグラム陰性、非運動性の短桿菌であり、その分離には2~3%の塩化ナトリウムを含む寒天培地が用いられる。Photobacterium damsela subsp. piscicidaの発育至適温度は22~26℃であり、哺乳類には感染しない。外観上の病変は少ないが、摂食不良となり死亡する。脾臓、腎臓に粟粒状の小白点が認められ、脾臓は顕著に腫大する。治療薬としてアンピシリン、オキソリン酸、フロルフェニコールなどが使用される。日本ではα溶血性連鎖球菌症との混合ワクチンが2008年1月に、この混合ワクチンにビブリオ抗原を加えた3種混合ワクチンが2010年3月に承認されている。類結節症 フレッシュアイペディアより)

688件中 41 - 50件表示

「腎疾患」のニューストピックワード