530件中 51 - 60件表示
  • 傍糸球体細胞

    傍糸球体細胞から見た腎臓腎臓

    傍糸球体細胞(ぼうしきゅうたいさいぼう、Juxtaglomerular cell)は腎臓にある細胞の一種。糸球体近接細胞、糸球体傍細胞とも呼ばれる。傍糸球体細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ゲロタ筋膜

    ゲロタ筋膜から見た腎臓腎臓

    腹膜腔から腎臓のあたりで壁側腹膜を開け、後腹膜にアプローチすると、つるつるの線維性の被膜が露出する。これがゲロタ筋膜である。腎を一周性に包んでいるのではなく、前葉と後葉が腎の外側方で合わさり、さらに腹壁の筋群の内面を被う「横筋筋膜」と名前を変えて、腹壁の筋の内側面の筋膜につながる。ゲロタ筋膜が線維膜(tunica fibrosa)と呼ばれず筋膜と呼ばれるのは横筋筋膜に続くからだと考えられる。ゲロタ筋膜 フレッシュアイペディアより)

  • ゲロタ筋膜

    ゲロタ筋膜から見た腎臓

    ゲロタ筋膜(; ジェロタ筋膜; ゲロータ筋膜; 腎筋膜)とは、密性結合組織の膜状の構造物である。筋組織を包んでいるのではなく、、腎周囲脂肪組織(脂肪被膜)、副腎を被っている。ゲロタ筋膜 フレッシュアイペディアより)

  • 後成説

    後成説から見た腎臓腎臓

    また、彼は発生においてまず血管や心臓が現れることをあげ、もしも元から形があるのであれば、様々な器官が同時に現れるはずだが実際にはそうなっていないことを明らかにして前成説を否定している。彼は様々な器官の発生を子細に調べ、その過程で前腎を発見した(ほ乳類ではまず前腎が形成され、後にこれが退化してその後方に後腎ができ、これが成体の腎臓である)。このように個々の器官の発達についても、それが次第に形を変えるものであり、はじめから決まった形を持って現れるものではないことを述べて、あわせて後成説の証拠であるとした。後成説 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢宰

    矢沢宰から見た腎臓腎臓

    1952年(昭和27)12月、復員した父から感染して腎臓結核を発症する。矢沢宰 フレッシュアイペディアより)

  • 腎盤

    腎盤から見た腎臓腎臓

    腎盤()あるいは腎盂とは腎臓において尿管に隣接して存在するじょうご様の拡張部。腎盤 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナ・ロムー

    ジョナ・ロムーから見た腎臓腎臓

    1996年の南アフリカツアーに参加するも、怪我とネフローゼ症候群に悩まされ、1997年シーズンは数試合に出場するも、残りの試合を欠場。1998年コモンウェルスゲームズ7人制ラグビーニュージーランド代表として出場し金メダルを獲得する。1999年に開催されたラグビーワールドカップに出場し8トライをあげるもチームは準決勝で敗退。3位決定戦にも破れ4位に終わる。ロムーは同大会トライ王に輝く。この大会後にアメリカのNFL、イングランドのプレミアシップへの移籍も噂されたが、オールブラックスでの競技生活を優先するためニュージーランドに留まる。2000年にオールブラックスメンバーとして8試合に出場。2001年に開催された第3回ラグビー7人制大会中、怪我で離脱したエリック・ラッシュに代わり急遽招聘され、ニュージーランドを優勝に導く。2003年に腎臓機能が悪化し人工透析を開始する。病状が悪化し腎臓移植以外に回復の兆しはなく、歩くこともラグビーをすることも不可能と宣告される。2004年に移植提供者が見つかり手術は成功する(後に腎臓提供者はウェリントンのラジオパーソナリティー、グラント・ケレアマであることがわかり両者は再会を果たす)。手術後のリハビリを経て2005年にラグビー選手として復帰する。NPCノースハーバーと契約するも肩を負傷しシーズンの大半を欠場する。休養中はコーチとしてチームを支え、同年のNPC終了後にウェールズのカーディフ・ブルーズでプレーするためケルティックリーグへ移籍する。2006年4月に足首を負傷しニュージーランドへ帰国する。ノースハーバー2軍を経て、ノースハーバー配下のマッセーに所属。マッセーでも怪我に悩み、わずかな出場機会に終わる。2007年開催のラグビーワールドカップへの出場意欲を見せるも、スーパー14のチームとは契約できず、オールブラックスの選考から外れる。ジョナ・ロムー フレッシュアイペディアより)

  • シアン化金(I)カリウム

    シアン化金(I)カリウムから見た腎臓腎臓

    人体に有害な毒物で、吸入、皮膚呼吸によって、呼吸中枢が麻痺し、死に到る。体内でチオシアン酸に代謝され、30?60 mg-CN/h であれば、肝臓で解毒できるとされる。慢性中毒を起こす最小中毒量 (TDL0) 14 mg/kg、許容濃度 5 mg-CN/m3。長期又は反復曝露による甲状腺、腎臓、肝臓、脾臓、中枢神経系の障害のおそれがある。シアン化金(I)カリウム フレッシュアイペディアより)

  • シンポート

    シンポートから見た腎臓腎臓

    腎臓のヘンレのループに存在するシンポーターで、ナトリウムイオン1分子、カリウムイオン1分子、塩素イオン2分子をシンポートしている。シンポート フレッシュアイペディアより)

  • 大起男右エ門

    大起男右エ門から見た腎臓腎臓

    その期待通り初の上位挑戦となった1949年10月場所3日目に横綱前田山を寄り切りで破って初の金星を獲得すると以後は幕内上位に定着し、1953年3月場所では2日目に新横綱鏡里を叩き込みで破って再び金星を挙げた(鏡里は昇進後初黒星を喫した)。いったん下位に下がった1954年9月場所で自己最多の11勝、続く1955年1月場所も10勝を挙げて翌3月場所小結に昇進し、6代目出羽海が「一度は三役に上がる」と期待した通りの出世を果たした。しかしこの場所5勝10敗に終わると再び三役へ返り咲くことなく番付も徐々に下降し、最後は心臓病に肝炎・腎臓炎なども患い1958年5月場所を最後に引退し、年寄・境川を襲名して部屋の後進の指導に当たった。大起男右エ門 フレッシュアイペディアより)

530件中 51 - 60件表示

「腎疾患」のニューストピックワード