688件中 61 - 70件表示
  • 暴雪圏

    暴雪圏から見た腎臓腎臓

    美幸の母親。小さな居酒屋をやっていた。1カ月前に腎臓疾患で、帯広の市立病院に入院した。暴雪圏 フレッシュアイペディアより)

  • 生命維持装置

    生命維持装置から見た腎臓腎臓

    肺の状態悪化などにより、呼吸機能が低下したり果たせなくなった場合は人工呼吸器、手術で心臓を止める必要がある場合や心臓や肺の機能が低下した場合は人工心臓・人工心肺装置、腎臓や肝臓の機能が悪くなり、代謝機能が低下した場合は人工透析など、様々な種類がある。生命維持装置 フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・スミス・パピルス

    エドウィン・スミス・パピルスから見た腎臓腎臓

    世界でも最初期の医学書で、人体解剖的研究、診断、治療、予後診断などが多数記されている。頭蓋縫合、髄膜、脳外部表面、脳脊髄液、頭蓋内振動(intracranial pulsation)、心臓が血管と接合されていること、血管により空気が運ばれること、肝臓、脾臓、腎臓、尿管、膀胱などについての記述がある。エドウィン・スミス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • 尿素窒素

    尿素窒素から見た腎臓腎臓

    尿素窒素(にょうそちっそ、Urea nitrogen; UN)は、尿素由来の窒素量を示す単位である。尿素1分子は、窒素原子を2つ含んでいるため、1molの尿素=60gは、尿素窒素28gに相当する。臨床検査項目の一つ。主に肝臓や腎臓の状態を検査するために用いられ、一般に単位はmg/dLが用いられる。尿素窒素 フレッシュアイペディアより)

  • メタロチオネイン

    メタロチオネインから見た腎臓腎臓

    メタロチオネイン (metallothionein) は、1957年にMargoshesとValleeによってウマの腎臓からカドミウムを結合するタンパク質として発見された、金属結合性のタンパク質である。その名前の由来は金属 (metal) と硫黄 (thio) を豊富に含むタンパク質 (nein) から名付けられた。メタロチオネインは全ての動物細胞に存在し、植物中にはファイトケラチンが認められる。分子中に最大7-12個の重金属イオンを結合できることから、必須微量元素の恒常性維持あるいは重金属元素の解毒の役割を果たしていると考えられている。また、抗酸化性タンパク質としても注目されている。メタロチオネイン フレッシュアイペディアより)

  • プラテカルプス

    プラテカルプスから見た腎臓腎臓

    また最近、皮膚組織や内部組織が保存された、きわめて状態のよいプラテカルプスの標本が見つかった。内部には心臓、肺、腎臓とおぼしき赤い組織が残っており、さらに気管軟骨と網膜とおぼしき組織までが保存されていた。腎臓は腹部の前方にあることもわかり、モササウルス類の体の構造を調べるためのいい足がかりになったといえる。プラテカルプス フレッシュアイペディアより)

  • 腎 (五臓)

    腎 (五臓)から見た腎臓腎臓

    腎(じん)は、伝統中国医学における五臓のひとつである。第14椎(第1腰椎)の棘突起にへばりついている小さな臓で、脊椎側に頂点を向けている栗型の臓とされている。五行の水に属し、「水」と関連がある点では、現代医学の腎臓に似ているが、伝統中国医学では、尿(おしっこ)は、小腸と大腸の間に水分というところがあり、そこで固形分と液体が分離され、液体は膀胱に注いで排尿されるということになっており、腎は尿の生成には、全く関わりがない。しかし、生命の根源を宿す臓器として、心臓に次いで大切であるとされ、「かんじん」とは、「肝心」ではなく、「肝腎」と書く方が正しいといわれている。腎 (五臓) フレッシュアイペディアより)

  • アマニン

    アマニンから見た腎臓腎臓

    他のアマトキシンと同じく、アマニンはRNAポリメラーゼIIの阻害剤である。摂取するとRNAポリメラーゼIIと結合し、mRNAの合成を完全に止めてしまい、肝細胞と腎細胞の細胞崩壊を引き起こす。アマニン フレッシュアイペディアより)

  • 球根ベゴニア

    球根ベゴニアから見た腎臓腎臓

    直径3?4cmの不整形の塊茎をもち、茎は、草丈20?30cmで直立するものと、ペンデュラ(pendula)とよばれるしだれ状の物とがある。茎・葉共に多汁質で無毛、葉は、ベゴニア属特有な長さ10cmくらいのいびつな腎臓形で、光沢がある。花は、現在の品種は、ほとんどがノン・ストップ形と呼ばれる、日照に関わりなく咲く系統のため、適温であれば初夏から秋まで咲き続ける。花は小輪から大輪まであるが、大輪のものは花径15cmくらいになり、花の豪華さは、洋蘭やボタンに勝るとも劣らないほどである。花色も豊富で、赤・朱色・黄色・ピンク・白・赤紫などと絞りや覆輪のものもある。球根ベゴニア フレッシュアイペディアより)

  • 硝酸水銀(II)

    硝酸水銀(II)から見た腎臓腎臓

    日本の毒物及び劇物取締法では毒物に分類される。ラットに経口投与した場合の半数致死量(LD50)は26mg/kg、皮膚からも吸収されやすく、ラットに経皮投与した場合のLD50は75mg/kgである。眼、皮膚、気道への腐食性がある。摂取した場合は特に腎臓や神経系への影響が大きい。硝酸水銀(II) フレッシュアイペディアより)

688件中 61 - 70件表示

「腎疾患」のニューストピックワード