530件中 71 - 80件表示
  • 塩化ウラニル(VI)

    塩化ウラニル(VI)から見た腎臓腎臓

    塩化ウラニル(VI)は、吸入、もしくは飲用すると非常に有毒である。累積的な影響の脅威もあり、肝臓や腎臓にダメージを与える。水生生物にとって有毒で、水生環境に長期間の悪影響をもたらす可能性がある。すべてのウラン化合物と同様に、同位体比に依存して放射性である。塩化ウラニル(VI) フレッシュアイペディアより)

  • ルベリトリン酸

    ルベリトリン酸から見た腎臓腎臓

    日本では食品添加物の色素として認可されていたが、2004年に腎臓の発癌性原因物質の疑いが持たれたためその使用は禁止された。詳細はアカネ色素参照ルベリトリン酸 フレッシュアイペディアより)

  • アマニン

    アマニンから見た腎臓腎臓

    他のアマトキシンと同じく、アマニンはRNAポリメラーゼIIの阻害剤である。摂取するとRNAポリメラーゼIIと結合し、mRNAの合成を完全に止めてしまい、肝細胞と腎細胞の細胞崩壊を引き起こす。アマニン フレッシュアイペディアより)

  • 2-クロロエタノール

    2-クロロエタノールから見た腎臓腎臓

    2-クロロエタノールは強い毒性を持ち、濃い蒸気を吸引すると死に至ることがある。また、2-クロロエタノールは皮膚より吸収され、中枢神経、循環器、腎臓あるいは肝臓に障害を引き起こす。2-クロロエタノールは肺や目に対して刺激性が強い。そして、引火や爆発の恐れがある。2-クロロエタノール フレッシュアイペディアより)

  • エナラプリルマレイン酸塩

    エナラプリルマレイン酸塩から見た腎臓腎臓

    重大な副作用としては、気道に浮腫が発生し呼吸困難になること、肝臓や腎臓の機能障害、まれに高カリウム血症が発生し心臓などの機能が障害されることが挙げられる。その他の副作用として血管の拡張が原因のめまいや頭痛が起こることもある。またこれはどの薬剤に対しても起こりえることでマレイン酸エナラプリルに限ったことではないが、やはり本剤に対してもアレルギー反応が起こって発疹などが出ることもありえる。エナラプリルマレイン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • イワイチョウ

    イワイチョウから見た腎臓腎臓

    属名の Nephrophyllidium は、ギリシア語の nephron(腎臓)と phyllon(葉)から来ており、イワイチョウの腎臓形の葉を表している。また種小名の crista-galliは、ラテン語でニワトリのとさかという意味であり、反り返る花弁の形をとさかに見立てて名づけられた。和名は、葉の形がイチョウの葉に似ていることに由来する。イワイチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 大東両

    大東両から見た腎臓腎臓

    2005年10月に大須演芸場において芸歴60周年を祝う「大東両祭」が開かれたものの、その頃から体調を崩し、翌年には日本トンデモ本大賞への来賓出演を急遽断念して入院、6月6日に腎臓癌にて死去した。大東両 フレッシュアイペディアより)

  • 電解質代謝

    電解質代謝から見た腎臓腎臓

    電解質代謝は電解質が生体において出入り、分布する動態をいい、鉱質代謝 mineral metabolism を含む。糖、タンパク、脂質などの代謝は主に生体内における物質の生合成や分解を指すが、電解質代謝では電解質自体は変質しない。また化学用語としての電解質は食塩、水などに溶解し、イオンを発生する化合物を指すが、医学上はナトリウムイオン Na+ や塩素イオン Cl- 自体を指して電解質ということが多い。電解質の体内動態は水の動態により規定されやすく、電解質代謝には水代謝も密接に関係する。電解質代謝は生体の内分泌、腎臓、神経により多様に調節されて体内での恒常性維持機構が守られる。電解質代謝 フレッシュアイペディアより)

  • クレアチニン

    クレアチニンから見た腎臓腎臓

    Crは主に筋肉で作られるので、血清中のCr濃度(以下、血清Cr値)は筋肉のスクリーニング検査に用いられる。また、Crは腎臓から速やかに尿中に排出されるので、血清Cr値は腎臓のスクリーニング検査に用いられる。また、血清Cr値は尿中Cr濃度と併せて腎機能検査に用いられる。クレアチニン フレッシュアイペディアより)

  • 腎 (五臓)

    腎 (五臓)から見た腎臓腎臓

    腎(じん)は、伝統中国医学における五臓のひとつである。第14椎(第1腰椎)の棘突起にへばりついている小さな臓で、脊椎側に頂点を向けている栗型の臓とされている。五行の水に属し、「水」と関連がある点では、現代医学の腎臓に似ているが、伝統中国医学では、尿(おしっこ)は、小腸と大腸の間に水分というところがあり、そこで固形分と液体が分離され、液体は膀胱に注いで排尿されるということになっており、腎は尿の生成には、全く関わりがない。しかし、生命の根源を宿す臓器として、心臓に次いで大切であるとされ、「かんじん」とは、「肝心」ではなく、「肝腎」と書く方が正しいといわれている。腎 (五臓) フレッシュアイペディアより)

530件中 71 - 80件表示

「腎疾患」のニューストピックワード