688件中 81 - 90件表示
  • ルイス・ファンゼルスト

    ルイス・ファンゼルストから見た腎臓腎臓

    ファンゼルストは1915年3月に突如体調を崩し、診断を受けて2日後にペンシルベニアで亡くなった。「ブライト病」と呼ばれる腎臓の疾患によるものだった。単なる偶然か、この年からアスレチックスは7年連続リーグ最下位という冬の時代に入ることになる。ルイス・ファンゼルスト フレッシュアイペディアより)

  • 妊馬血清性性腺刺激ホルモン

    妊馬血清性性腺刺激ホルモンから見た腎臓腎臓

    妊娠初期の馬の子宮内膜杯で生成、分泌される。分子量が大きいため、腎臓の濾過装置を通過できないため、尿中に排泄されず、血清中のみに出現する。また、血中濃度が長時間にわたり維持される。妊娠60~80日で血中濃度がピークに達する。卵胞刺激ホルモン(FSH)様の作用を示し、弱いながらも黄体形成ホルモン(LH)様の作用も示す。妊娠黄体の維持、副黄体の形成に関与する。過剰排卵誘起処置や卵胞発育障害の治療に用いられる。また、非繁殖季節の羊にPMSGを投与すると排卵が誘起される。未産牛では1500~2500IU、経産牛では2500~3500IUを1回筋肉注射することにより過剰排卵を誘起することができる。妊馬血清性性腺刺激ホルモン フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸フェニル水銀

    酢酸フェニル水銀から見た腎臓腎臓

    日本の毒物及び劇物取締法により毒物に指定されている。眼や気管などに対し腐食性があり、皮膚からも吸収されやすい。体内に入ると、数時間経過した後に腎臓障害が生じる。マウスに経口投与した場合の半数致死量は43mg/kgである。可燃性であり、燃焼すると水銀蒸気を生じる。酢酸フェニル水銀 フレッシュアイペディアより)

  • ビス(クロロメチル)ケトン

    ビス(クロロメチル)ケトンから見た腎臓腎臓

    ビス(クロロメチル)ケトン (bis(chloromethyl) ketone) は、極めて危険有害な物質の一つ。この固体はクエン酸の製造に使われる。暴露または接触すると皮膚や目、咽喉、肺、肝臓、腎臓を冒し、頭痛や失神を惹き起こす。ビス(クロロメチル)ケトン フレッシュアイペディアより)

  • 抗痛風薬

    抗痛風薬から見た腎臓腎臓

    キサンチンオキシダーゼはヒポキサンチンからキサンチン、およびキサンチンから尿酸への反応の触媒となる酵素であるが、これを阻害する作用のあるアロプリノール(商品名 ザイロリック)がよく投与される。これにより、プリン代謝は中間生成物のヒポキサンチンとキサンチンの段階で停止し、腎臓から排出される。抗痛風薬 フレッシュアイペディアより)

  • メフェナム酸

    メフェナム酸から見た腎臓腎臓

    メフェナム酸(メフェナムさん、)は非ステロイド性抗炎症薬の一種。ポンタールなどの商品名で、頭痛や歯痛、生理痛の緩和などのために経口で使用される。メフェナム酸が減少すると炎症や子宮収縮などが生じるが、プロスタグランジン合成が阻害されることによるものだと考えられている。肝臓で代謝され、腎臓により体外への排出が行われる。このため、重度の肝・腎疾患の患者には処方されない。メフェナム酸 フレッシュアイペディアより)

  • アロメトリー

    アロメトリーから見た腎臓腎臓

    内臓の重量は、内臓により異なるが、心臓・肺・消化管などは体重に比例し、肝臓・腎臓などは1より小さい指数で体重の冪に比例する。骨格は、指数が1より有意に大きいまれな例である。脳が体重の3/4乗に比例するのも後者の例である。アロメトリー フレッシュアイペディアより)

  • 糸球体

    糸球体から見た腎臓腎臓

    糸球体(しきゅうたい、Glomerulus)は、脊椎動物の腎臓のネフロンでボーマン嚢に囲まれた毛細血管の塊であり、腎臓循環の輸入細動脈から血液が流れ込んでいる。大部分の毛細血管とは異なり、糸球体は小静脈ではなく輸出細動脈へ流れる。細動脈の抵抗は糸球体の血圧を上昇させ、ボーマン嚢の血液の限外濾過の過程を促進させる。糸球体 フレッシュアイペディアより)

  • 輸出細動脈

    輸出細動脈から見た腎臓腎臓

    哺乳類の腎臓では、輸出細動脈は糸球体の位置によって2つの異なるコースをたどる。輸出細動脈 フレッシュアイペディアより)

  • 輸入細動脈

    輸入細動脈から見た腎臓腎臓

    輸入細動脈は腎臓に血液を供給する腎動脈から分枝した後、毛細血管に分枝して糸球体を形成する。輸入細動脈 フレッシュアイペディアより)

688件中 81 - 90件表示

「腎疾患」のニューストピックワード