前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • 腎臓

    腎臓から見たソラマメ

    ヒトの腎臓はソラマメの種子の様な形をしており、後腹壁の壁側腹膜より後方に位置(後腹膜臓器)し、横隔膜の下に一対ある。身体の右側には肝臓があるため、第11胸椎から第3腰椎位で肝臓によって圧迫されるため右腎は左腎よりやや低い位置にある。重さは約150g(ノート1冊分)で、縦約12cm、幅約6cm、厚さ約3cm。健康な人ならば、移植などで片方を失っても機能上問題は無い。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た人工透析

    再生しやすい尿細管に対し、糸球体は損傷しても再生しない為、機能不全や損傷に陥った場合は塩分及びカリウムの制限、人工透析が必要となる。現代人は腎臓に負荷を与える塩分摂取量が多いため、負荷がかかりやすく、知らず知らずのうちに腎臓にダメージを与えている場合がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た貧血

    腎臓には内分泌作用がある。まず、腎血漿流量の低下に反応して傍糸球体細胞よりレニンを分泌することでレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系 を賦活し、血圧、尿量を調節している。同時に、血管拡張作用を有するプロスタグランジンが産出され、腎血流の調節に関与している。これはアンジオテンシンIIによる血管収縮作用が腎動脈に及ばないように調節する意味がある。次に尿細管間質細胞でエリスロポエチンを分泌し、骨髄での赤血球の産生を働きかける。このため、腎疾患で尿細管が傷害されると貧血になることがある(腎性貧血)。最後に副甲状腺ホルモンは尿細管に作用してビタミンDの活性化を起こし、血中カルシウムの上昇作用を担う。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たホルモン焼き

    他の多くの臓器と同じく、牛、羊、豚など家畜の腎臓は食用に供される。日本では腎臓を用いた料理はほとんど見られないが(ホルモン焼き料理店などでかろうじて扱われる程度。マメと呼ばれる)、欧米では多く食されている。副腎などを取り除き(肉屋では多くの場合副腎が付いたまま陳列されているが、注文した段階でサービスとして処理してくれることもある)、血抜きなどの処理を施した後二つに開き、野菜やきのこなどと共にグリルやソテーで食べる。半生でも食べられ、レストランなどでは肉と同様に焼き加減を訊かれる場合もあるが、多少の臭みがあるため、ソースなどと共に食べるのが一般的である。フランスではヒトの腎臓はランと言うが食材としての家畜の腎臓はロニョンと言う場合が多い。牛の腎臓はロニョン・ド・ブッフと呼ばれ、代表的なフランス家庭料理のひとつである。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たブタ

    他の多くの臓器と同じく、牛、羊、など家畜の腎臓は食用に供される。日本では腎臓を用いた料理はほとんど見られないが(ホルモン焼き料理店などでかろうじて扱われる程度。マメと呼ばれる)、欧米では多く食されている。副腎などを取り除き(肉屋では多くの場合副腎が付いたまま陳列されているが、注文した段階でサービスとして処理してくれることもある)、血抜きなどの処理を施した後二つに開き、野菜やきのこなどと共にグリルやソテーで食べる。半生でも食べられ、レストランなどでは肉と同様に焼き加減を訊かれる場合もあるが、多少の臭みがあるため、ソースなどと共に食べるのが一般的である。フランスではヒトの腎臓はランと言うが食材としての家畜の腎臓はロニョンと言う場合が多い。牛の腎臓はロニョン・ド・ブッフと呼ばれ、代表的なフランス家庭料理のひとつである。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たホルモン

    原尿のうち有効成分(全てのグルコース、95%の水および無機塩類)は腎細管を経由、残り4%の水・無機塩類は集合管を経由し、再吸収されて腎静脈に戻り、再び身体の血流にのる。残った成分(尿)は腎細管を経て腎盂に集まり、尿管を経由して膀胱に排出される。水やナトリウムの再吸収量の調節は、遠位尿細管や集合管で行われ、抗利尿ホルモン(ADH)やアルドステロン、ANPなどのホルモンが関与する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たヒツジ

    他の多くの臓器と同じく、牛、、豚など家畜の腎臓は食用に供される。日本では腎臓を用いた料理はほとんど見られないが(ホルモン焼き料理店などでかろうじて扱われる程度。マメと呼ばれる)、欧米では多く食されている。副腎などを取り除き(肉屋では多くの場合副腎が付いたまま陳列されているが、注文した段階でサービスとして処理してくれることもある)、血抜きなどの処理を施した後二つに開き、野菜やきのこなどと共にグリルやソテーで食べる。半生でも食べられ、レストランなどでは肉と同様に焼き加減を訊かれる場合もあるが、多少の臭みがあるため、ソースなどと共に食べるのが一般的である。フランスではヒトの腎臓はランと言うが食材としての家畜の腎臓はロニョンと言う場合が多い。牛の腎臓はロニョン・ド・ブッフと呼ばれ、代表的なフランス家庭料理のひとつである。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たBMW

    BMW - 同車の象徴でもある穴二つの「キドニーグリル」はこの臓器をモチーフとしている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たヒト

    これ以降の記述は主としてヒトの腎臓についてである。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た糸球体

    その最前方から分化するのが前腎である。前腎では個々には腎細管の先端が体腔に向かってラッパ状に開いたものが並んでおり、その口部には繊毛がある。このような構造は無脊椎動物のいわゆる腎管とほぼ同じものである。しかしここに大動脈から分枝した前腎動脈が入り込んで糸球体を形成する場合もある。いずれにせよそれらの管は集まって前腎小管へと続き、それが総排出腔につながる。無顎類の腎臓は生涯この形である。腎臓 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「腎疾患」のニューストピックワード