73件中 21 - 30件表示
  • 腎臓

    腎臓から見た移植 (医療)

    ヒトの腎臓はソラマメの種子の様な形をしており、腹の裏側、横隔膜の下に一対ある。身体の右側には肝臓があるため、第11胸椎から第3腰椎位で肝臓によって圧迫されるため右腎は左腎よりやや低い位置にある。重さは約150g(ノート1冊分)で、縦約12cm、幅約6cm、厚さ約3cm。健康な人ならば、移植などで片方を失っても機能上問題は無い。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た器官

    腎臓(じんぞう、kidney)は、泌尿器系の器官の一つ。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た赤血球

    腎臓には内分泌作用がある。まず腎血漿流量の低下に反応して傍糸球体細胞よりレニンを分泌することでレニン-アンジオテンシン系 を賦活し、血圧、尿量を調節している。同時に、血管拡張作用を有するプロスタグランジンが産出され、腎血流の調節に関与している。これはアンギオテンシンIIによる血管収縮作用が腎動脈に及ばないように調節する意味がある。また、尿細管ではエリスロポエチンを分泌し、骨髄での赤血球の産生を働きかける。このため、腎疾患で尿細管が傷害されると貧血になることがある。また、副甲状腺ホルモンは尿細管に作用してビタミンDの活性化を起こし、血中カルシウムの上昇作用を担う。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た毛細血管

    腎動脈から送られてきた血液は、毛細血管を経由して腎小体(マルピーギ小体)に入る。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た腎静脈

    中央内側の部分はくぼんでおり、「腎門」と呼ばれる。ここには腎盂(腎盤)、腎動脈、腎静脈、輸尿管、リンパ管などが集まる。上部には副腎がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た腎動脈

    中央内側の部分はくぼんでおり、「腎門」と呼ばれる。ここには腎盂(腎盤)、腎動脈、腎静脈、輸尿管、リンパ管などが集まる。上部には副腎がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た腎細管

    組織学的には、ネフロンと呼ばれる機能単位からなり左右の腎臓それぞれ約120万個のネフロンを持つ。ネフロンはボーマン嚢と腎細管から構成されている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た腎盤

    中央内側の部分はくぼんでおり、「腎門」と呼ばれる。ここには腎盂(腎盤)、腎動脈、腎静脈、輸尿管、リンパ管などが集まる。上部には副腎がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た腎盂

    中央内側の部分はくぼんでおり、「腎門」と呼ばれる。ここには腎盂(腎盤)、腎動脈、腎静脈、輸尿管、リンパ管などが集まる。上部には副腎がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た咽頭

    なお、系統的に近いとされる頭索類のナメクジウオでは咽頭部の背面側に腎管が対をなして並び、これが前腎に相同との見方がある。ただし、その排出口は個々に囲鰓腔に開いている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「腎疾患」のニューストピックワード