73件中 31 - 40件表示
  • 腎臓

    腎臓から見た泌尿器系

    腎臓(じんぞう、kidney)は、泌尿器系の器官の一つ。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たマルピーギ小体

    中腎(mesonephros)は前腎と同じく腎管のような構造を持つ部分もあるが、同時にマルピーギ小体を形成しており、よく発達したものでは次第に体腔に口を開く部分はなくなり、マルピーギ小体のみが活躍するようになる。それらから続く管は次第に集まって中臓小管へと続くが、これは前腎小管に由来するものである。中臓は一般魚類や両生類がこれを成体まで持っている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たナメクジウオ

    なお、系統的に近いとされる頭索類のナメクジウオでは咽頭部の背面側に腎管が対をなして並び、これが前腎に相同との見方がある。ただし、その排出口は個々に囲鰓腔に開いている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た糸球体

    その最前方から分化するのが前腎(pronephros)である。前腎では個々には腎細管の先端が体腔に向かってラッパ状に開いたものが並んでおり、その口部には繊毛がある。このような構造は無脊椎動物のいわゆる腎管とほぼ同じものである。しかしここに大動脈から分枝した前腎動脈が入り込んで糸球体を形成する場合もある。いずれにせよそれらの管は集まって前腎小管へと続き、それが総排出腔につながる。無顎類の腎臓は生涯この形である。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たネフロン

    組織学的には、ネフロンと呼ばれる機能単位からなり左右の腎臓それぞれ約120万個のネフロンを持つ。ネフロンはボーマン嚢と腎細管から構成されている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たインゲンマメ

    インゲンマメ - 文中ではソラマメに似た形と述べたが、英語でキドニー(腎臓)ビーンズと言えばインゲンマメの事である(特に赤インゲンが似ている)。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たプロスタグランジン

    腎臓には内分泌作用がある。まず腎血漿流量の低下に反応して傍糸球体細胞よりレニンを分泌することでレニン-アンジオテンシン系 を賦活し、血圧、尿量を調節している。同時に、血管拡張作用を有するプロスタグランジンが産出され、腎血流の調節に関与している。これはアンギオテンシンIIによる血管収縮作用が腎動脈に及ばないように調節する意味がある。また、尿細管ではエリスロポエチンを分泌し、骨髄での赤血球の産生を働きかける。このため、腎疾患で尿細管が傷害されると貧血になることがある。また、副甲状腺ホルモンは尿細管に作用してビタミンDの活性化を起こし、血中カルシウムの上昇作用を担う。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た体液

    「肝腎」の言葉の通り、非常に重要な臓器の一つで、血液からの老廃物や余分な水分の濾過及び排出(尿)、体液の恒常性の維持を主な役割とする。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たカリウム

    再生しやすい尿細管に対し、糸球体は損傷しても再生しない為、機能不全や損傷に陥った場合は塩分及びカリウムの制限、人工透析が必要となる。現代人は腎臓に負荷を与える塩分摂取量が多いため、負荷がかかりやすく、知らず知らずのうちに腎臓にダメージを与えている場合がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た両生類

    腎臓は発生的には中胚葉の腎節に起源を持つ。本来は脊椎の側面の位置に体を前後に貫く構造であり、大きく前方から前腎・中腎・後腎に分けられる。前腎は初期に退化し、魚類、両生類では中腎が機能を持っている。それ以上の脊椎動物では後腎のみが発達する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「腎疾患」のニューストピックワード