84件中 41 - 50件表示
  • 腎臓

    腎臓から見たナトリウム

    原尿のうち有効成分(全てのグルコース、95%の水および無機塩類)は腎細管を経由、残り4%の水・無機塩類は集合管を経由し、再吸収されて腎静脈に戻り、再び身体の血流にのる。残った成分(尿)は腎細管を経て腎盂に集まり、尿管を経由して膀胱に排出される。水やナトリウムの再吸収量の調節は、遠位尿細管や集合管で行われ、抗利尿ホルモン(ADH)やアルドステロン、ANPなどのホルモンが関与する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た近位尿細管

    組織学的には、左右の腎臓それぞれ約100-120万個のネフロンがあり、ネフロンは腎小体と尿細管(腎細管)から構成されている。さらに腎小体は糸球体およびボーマン嚢、尿細管は近位尿細管、ヘンレループおよび遠位尿細管からそれぞれ構成されている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たネフロン

    組織学的には、左右の腎臓それぞれ約100-120万個のネフロンがあり、ネフロンは腎小体と尿細管(腎細管)から構成されている。さらに腎小体は糸球体およびボーマン嚢、尿細管は近位尿細管、ヘンレループおよび遠位尿細管からそれぞれ構成されている。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たインゲンマメ

    インゲンマメ - 文中ではソラマメに似た形と述べたが、英語でキドニー(腎臓)ビーンズと言えばインゲンマメの事である(特に赤インゲンが似ている)。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たプロスタグランジン

    腎臓には内分泌作用がある。まず、腎血漿流量の低下に反応して傍糸球体細胞よりレニンを分泌することでレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系 を賦活し、血圧、尿量を調節している。同時に、血管拡張作用を有するプロスタグランジンが産出され、腎血流の調節に関与している。これはアンジオテンシンIIによる血管収縮作用が腎動脈に及ばないように調節する意味がある。次に尿細管間質細胞でエリスロポエチンを分泌し、骨髄での赤血球の産生を働きかける。このため、腎疾患で尿細管が傷害されると貧血になることがある(腎性貧血)。最後に副甲状腺ホルモンは尿細管に作用してビタミンDの活性化を起こし、血中カルシウムの上昇作用を担う。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た体液

    腎臓(じんぞう、、)は、泌尿器系の器官の一つ。血液からの老廃物や余分な水分の濾過及び排出を行って尿を生成するという、体液の恒常性の維持を主な役割とする。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見たカリウム

    再生しやすい尿細管に対し、糸球体は損傷しても再生しない為、機能不全や損傷に陥った場合は塩分及びカリウムの制限、人工透析が必要となる。現代人は腎臓に負荷を与える塩分摂取量が多いため、負荷がかかりやすく、知らず知らずのうちに腎臓にダメージを与えている場合がある。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た集合管

    原尿のうち有効成分(全てのグルコース、95%の水および無機塩類)は腎細管を経由、残り4%の水・無機塩類は集合管を経由し、再吸収されて腎静脈に戻り、再び身体の血流にのる。残った成分(尿)は腎細管を経て腎盂に集まり、尿管を経由して膀胱に排出される。水やナトリウムの再吸収量の調節は、遠位尿細管や集合管で行われ、抗利尿ホルモン(ADH)やアルドステロン、ANPなどのホルモンが関与する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た両生類

    腎臓は発生的には中胚葉の腎節に起源を持つ。脊椎の側面の位置に体を前後に貫く構造であり、大きく前方から前腎・中腎・後腎に分けられる。前腎は初期に退化し、魚類、両生類では中腎が機能を持っている。それ以上の脊椎動物では後腎のみが発達する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

  • 腎臓

    腎臓から見た羊膜類

    後腎は腎管のように体腔に開いた口を一切持たず、多数のマルピーギ小体によって血液中の水分などをのみ漉し取る構造となっている。それらから続く腎細管は集まって独自の輸尿管によってこれを総排出腔へと導く。爬虫類以上のいわゆる羊膜類の成体の腎臓はすべてこれである。この類では前腎・中腎は発生の段階で出現するがすぐに退化する。腎臓 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「腎疾患」のニューストピックワード