前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5611件中 1 - 10件表示
  • 日本マクダーミッド

    日本マクダーミッドから見た自動車自動車

    HydroKlad及びTnT (Torque ’n Tension)は防食皮膜を保護するトップコート&潤滑液。ファスナーやジョイントに必要なトルク又は摩擦係数を与える高性能で多機能なコーティング剤で、特に自動車部品に使用されている。日本マクダーミッド フレッシュアイペディアより)

  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見た自動車自動車

    道路特定財源制度(どうろとくていざいげんせいど)とは、自動車の利用者が道路の維持・整備費を負担する、受益者負担の原則に基づく、かつて存在した日本の目的税(特定財源)。2009年4月30日に「改正道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」が成立したことにより2008年度限りで廃止された(一般財源化された)。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • 仮想マイコン応用推進協議会vECU-MBDワーキンググループ

    仮想マイコン応用推進協議会vECU-MBDワーキンググループから見た自動車自動車

    仮想マイコン応用推進協議会vECU-MBD(ヴィイーシーユー-エムビーディー) ワーキンググループは、自動車のECU(Electronic Control Unit)の開発に関わる関連業界の開発者と研究者の集まりである。英文名称は、Japan Virtual Microcontroller Initiative vECU-MBD Working Groupである。本ワーキンググループでは、仮想マイコンや仮想ECUを応用したMBD(Model-Based Development、モデルベース開発)手法に関わる技術的な協調活動を行っている。仮想マイコン応用推進協議会vECU-MBDワーキンググループ フレッシュアイペディアより)

  • 軽車両

    軽車両から見た自動車自動車

    軽車両(けいしゃりょう)とは、日本の法令の用語で、原動機を持たない車両の総称である。運転にあたり運転免許は不要だが、自動車などと同様の交通規則が定められており、違反を取り締まられた場合には交通切符(赤切符)が交付される。なお、軽車両と軽自動車は無関係である。軽車両 フレッシュアイペディアより)

  • アイゼナハ車両製作所

    アイゼナハ車両製作所から見た自動車自動車

    アイゼナハ自動車製作所(、 AWE)は、かつてドイツのアイゼナハに存在した自動車製造企業。ドイツで三番目の自動車製造であるアイゼナハ車両製作所(Fahrzeugfabrik Eisenach 、FFE)として誕生し、100年もの間に幾度も所有者の変更や時代の情勢に翻弄されつつも、工場での自動車の生産が現在まで続いている。この項では工場を巡る所有者変遷の物語が縦糸となり、横糸として以下のテーマが編みこまれる。アイゼナハ車両製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車保険

    自動車保険から見た自動車自動車

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生しうる損害を補償する損害保険をいう。ここで言う自動車にはオートバイ等を含む場合がある。自動車保険 フレッシュアイペディアより)

  • 冷間始動

    冷間始動から見た自動車自動車

    冷間始動では機関そのものの温度が低いために、冷間時でない場合よりも、始動性が一時的に低下する。燃機関が冷えていると、始動に必要な空燃比を得るためには燃料の供給量を増やす必要が生じるからである。そのために自動車やオートバイ用のエンジンでは、チョーク弁のような手動あるいは自動で燃料供給量を補正する機構を装備していることが多く、これは船舶や発電機用のエンジンでも同様である。また、冷間始動時のみ通常とは別のより燃えやすい(気化しやすい)燃料を供給して、始動性を向上させる場合もある。冷間始動 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼板

    鋼板から見た自動車自動車

    薄板は、半製品の鋼片(「スラブ」と呼ばれる。転炉や電気炉で製鋼された鋼を鋳造したもの)を圧延することによって製造される。スラブはまず加熱炉で1000度以上に加熱され、続いて複数の粗圧延機・仕上圧延機によって一定の薄さに圧延(熱間圧延:熱延)される。圧延作業が完了した鋼は冷却されてコイル状に巻き取られ、必要な場合にはコイルにスリット(切れ目)を入れ幅の調節をしたり、剪断して板状の切板に加工したりする。切板は熱延鋼板、コイル状のもので板幅が600mm未満のものは熱延帯鋼、600mm以上のものは広幅熱延帯鋼と呼ばれ、3つを総称して熱延薄板類と呼ぶ(ただし、メーカーによっては熱延薄板類を指して「熱延鋼板」と呼ぶ場合もある)。連続して熱延薄板類を製造できるこの熱間圧延機は連続熱間圧延機(ホット・ストリップ・ミル)と呼ばれる。かつては、切板のみを製造する非連続式の熱間圧延機(プル・オーバー・ミル)も存在した。熱延薄板類の用途は自動車の部品などがあるが、多くは後述の冷延薄板類や鋼管、軽量形鋼など次工程製品の原板に回される。鋼板 フレッシュアイペディアより)

  • 大気浄化法

    大気浄化法から見た自動車自動車

    大気浄化法(たいきじょうかほう、Clean Air Act of 1963)は、アメリカ合衆国で1963年12月に制定された大気汚染防止のための法律。酸性雨対策や、オゾン層の保護が目的であり、自動車の排出ガスの削減や、二酸化硫黄排出量の削減、フロン、四塩化炭素の全廃が主な内容となっている。大気浄化法 フレッシュアイペディアより)

  • M'sRealize

    M'sRealizeから見た自動車自動車

    株式会社エムズリアライズは、愛知県名古屋市に本社を置く自動車部品企画製造を主とする会社。M'sRealize フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5611件中 1 - 10件表示

「自動車」のニューストピックワード