4457件中 91 - 100件表示
  • 自動車漫画

    自動車漫画から見た自動車自動車

    自動車漫画(じどうしゃまんが)、またはクルマ漫画とは、漫画のジャンルの一つで自動車を主題にした漫画。自動車漫画 フレッシュアイペディアより)

  • みえるひと

    みえるひとから見た自動車自動車

    陽魂の少女。本名は「木備野安曇(きびの あずみ)」。8月8日生まれのAB型。 「小さな怪獣」と言われるほど活発で、絵本や落書きを好む。母親と道を歩いていた時にに轢かれ、そのまま死亡した。一切の戦闘能力を持たず、明神達が戦いに趣く時は留守番をしている。みえるひと フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見た自動車自動車

    中古車(ちゅうこしゃ)とは、メーカーで生産され、自動車登録(ナンバー登録)をされた自動車のこと。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • トーションバー・スプリング

    トーションバー・スプリングから見た自動車自動車

    スウィングアクスルやダブルウィッシュボーンとは縦置きで、トレーリングアームとは横置きでそれぞれ組み合わされる。自動車の後輪や履帯用では横置きされた複数のトーションバーの干渉を防ぐため、左右の構造が非対称となる場合がある。トーションバー・スプリング フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章男

    豊田章男から見た自動車自動車

    入社後は、生産管理や国内営業などを担当した。係長から平社員への降格人事も経験したものの、販売部門への「カイゼン」活動の横展開などを通じ、販売部門の改革を主導した。1998年には、自動車関連の情報を総合的に提供するウェブサイト「GAZOO.com」を立ち上げた。その後、アメリカ合衆国カリフォルニア州にて、ゼネラルモーターズとの合弁企業「NUMMI」の副社長を務めた。豊田章男 フレッシュアイペディアより)

  • 暖機運転

    暖機運転から見た自動車自動車

    暖機運転(だんきうんてん)とは、機械を始動した直後などに低負荷での運転を一定時間行うことをいう。単に「暖機」と呼ばれることもある。機械用語の一つであるが、自動車やオートバイ等を運用(運転)する際にも必要な知識の一つであることから、比較的一般的な用語でもある。暖機運転 フレッシュアイペディアより)

  • 運転

    運転から見た自動車自動車

    機械をあやつって動力で動かすこと。特に自動車や列車などを動かすことをこう言う。運転 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮貨物ターミナル駅

    宇都宮貨物ターミナル駅から見た自動車自動車

    また、当駅では日産自動車栃木工場で生産された自動車を、車運車によって本牧操駅近隣の日産自動車本牧専用埠頭まで輸送(これらは海外向けに出荷した完成車を輸送)するため「ニッサン号」を運行していた。開始当初の1970年代の海外ブランドは「DATSUN」(現地ではダツンといっていた)であったが、1981年以降、当時の石原社長が「ライバルのトヨタと同じように海外ブランドを日産に統一する」と述べたことからそれ以降はすべて「日産」となった。出荷された車種はプレジデント・セドリック・グロリア・パルサー(欧州名:サニー)であった。セドリックの大半は香港・シンガポール向けタクシー車であり、残りは中東・中米メキシコの警察車両(パトカー)向けであった。パルサーは欧州名サニーとして販売されており、英国以外の国向けで販売していた仕様であるが実際は国内向けパルサー同様富士重工の委託生産で行っていた。グロリアはクウェート向けとして販売していた。プレジデントは海外では香港のみの販売であった。以前から当駅を代表する盛んな貨物輸送であったが、現在はほとんどが鉄道輸送からキャリアカーに置き換えられてしまった。現在でも、駅構内には車運車へ自動車を積み込みするためのスロープの跡が残っている。宇都宮貨物ターミナル駅 フレッシュアイペディアより)

  • デザートイーグル

    デザートイーグルから見た自動車自動車

    自動車を破壊するなど、.50AEや.44マグナムの威力は誇張して描かれることがあるが、実際には自動車のエンジンなどの厚い鋼鉄製の物体は、フルサイズ小銃弾クラスのエネルギーで徹甲弾を撃ち込まなければ貫通できない。デザートイーグル フレッシュアイペディアより)

  • セグウェイ

    セグウェイから見た自動車自動車

    発売後は、1台約60万円(米Amazonで5,000ドルで発売)という高価格がネックとなり販売は低迷した。当初、米国で100万台を販売した後の世界進出が目標とされていたが、3年間の販売数は約6,000台に留まった。発売当時は、ガソリンを使わずにクリーンエネルギーによるトランスポーテーションとして、「環境にやさしい近距離圏の」のような売り込みをされたが、最高時速19キロでは車両としては遅すぎるし小さすぎる、歩行の代わりとしては自転車があるといった矛盾が指摘された。最も大きな見誤りは、肥満が社会問題化する米国でこのような高価格の製品を購入できる人々は健康維持のために毎日の歩行やジョギングを重視しており、ターゲット層を誤ったとする分析がなされている。セグウェイ フレッシュアイペディアより)

4457件中 91 - 100件表示

「自動車」のニューストピックワード