5611件中 91 - 100件表示
  • デイトン (オハイオ州)

    デイトン (オハイオ州)から見た自動車自動車

    デイトンは古い町であるが、ダウンタウンには幅の広い4車線の直線道路が碁盤の目のように整然と走っている。そのため時代が下り、自動車がメインの交通手段となってもデイトンの道路は交通量に十分耐え得てきた。通りの幅が広い理由としては、デイトンは町ができた当時からマーケティングや物流の拠点であったことが挙げられる。3-4組の牛に引かれた牛車がとんぼ返りをすることができるくらいに、道は広く作られていた。加えて、現在の市内の通りのいくつかはかつてははしけを通すための側道のついた運河を埋めたものであることも理由として挙げられる。デイトン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス・シルヴァースピリット

    ロールス・ロイス・シルヴァースピリットから見た自動車自動車

    シルヴァースピリット(Silver Spirit )はイギリスの自動車メーカーであるロールス・ロイスが1980年から1996年まで製造した高級車である。ロングホイールベース化され後席の空間をさらに広げたシルヴァースパーなど、多数のバリエーションが存在する。ロールス・ロイス・シルヴァースピリット フレッシュアイペディアより)

  • GMC

    GMCから見た乗用車自動車

    かつては消防車、救急車、大型トラック、バス、軍用車両、キャンピングカーも製造していたが、現在はSUV、ピックアップトラック、バン、ライトデューティートラック、ミディアムデューティートラックのみを製造している。セダンやクーペなどの一般的な乗用車は扱っていないが、それらの車種を扱うビュイックやポンティアック(既にブランド廃止)とは販売網が統合されている。GMC フレッシュアイペディアより)

  • 現代ハイスコ

    現代ハイスコから見た自動車自動車

    韓国の自動車メーカー・現代自動車の傘下で、現代-起亜自動車グループの一員。1975年設立。当初は京一工業という社名であったが、1980年に現代鋼管に社名を変更した。現在の社名となったのは2001年からである。現代ハイスコ フレッシュアイペディアより)

  • みえるひと

    みえるひとから見た自動車自動車

    陽魂の少女。本名は「木備野安曇(きびの あずみ)」。8月8日生まれのAB型。 「小さな怪獣」と言われるほど活発で、絵本や落書きを好む。母親と道を歩いていた時にに轢かれ、そのまま死亡した。一切の戦闘能力を持たず、明神達が戦いに趣く時は留守番をしている。みえるひと フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮主婦散弾銃射殺事件

    宇都宮主婦散弾銃射殺事件から見た自動車自動車

    この事件では、加害者A宅と被害者B宅とのちょっとしたトラブルから両家の隣人戦争が勃発。当初は一方が庭の芝生を張り替えたらもう一方も芝生を張り替える、一方が自動車を購入したらもう一方も自動車を購入するといった程度だったが、A宅で加害者の妻が脳卒中で介護が必要になった事が事態を悪化させ、加害者の妻がある日B宅の布団を叩く音に不快感を示したのに気づいた加害者が散弾銃でB宅を銃撃し、B宅の主婦を殺害し、B宅主婦の娘にも銃撃を加えて重傷を負わせた。その後、加害者がA宅内で散弾銃を口にくわえて自殺しているのが発見された。宇都宮主婦散弾銃射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • フリクションドライブ

    フリクションドライブから見た自動車自動車

    具体的には、例えば、回転する円盤同士を接触させてその摩擦により動力を伝達するもので、ギアやチェーンなどに比べて構造が単純で、かつ滑らかで無段階な動力の伝達が可能である特徴を有するが、伝達時にすべりが発生するため、原理的に大きな力の伝達には効率が悪く、不向きである。しかし、歯車伝達特有のコギングがなく、安定しているため、望遠鏡等の精密機械には使用される。線路と車輪間の摩擦を利用して走行する鉄道車両やタイヤと路面間の摩擦を利用して走行する自動車も一種のフリクションドライブであるといえる。フリクションドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 乗り物酔い

    乗り物酔いから見た自動車自動車

    乗り物酔い(のりものよい、、)とは、航空機・列車・自動車・船舶・遊園地の遊具など、各種の乗り物が発する揺れなどの加速度によって、体の内耳にある三半規管が刺激されることで起こる身体の諸症状である。乗り物酔い フレッシュアイペディアより)

  • インフィニオン・テクノロジーズ

    インフィニオン・テクノロジーズから見た自動車自動車

    インフィニオンは、自動車用や産業用の他、様々な分野へ、半導体製品の設計、開発、製造、販売、およびシステムソリューションの提供を行っている。またアメリカ・カリフォルニア州のサンノゼ、シンガポール、東京に子会社を置き、世界展開している。2005年度の決算(9月)では、約67億6000万ユーロの売上高をあげ、従業員数は3万6400人であった。インフィニオン・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 活荷重

    活荷重から見た自動車自動車

    活荷重(かつかじゅう)は、力学における荷重の一つで、一定の場所に留まらないもの、大きさが一定しないものを指す。このことから動荷重(どうかじゅう)・変動荷重(へんどうかじゅう)とも呼ばれ、橋などの構造物においては、自動車や列車のように構造物上を移動する車両重量がこれに相当する。本稿では主として橋の設計に用いる活荷重について述べるとともに、関連として輪荷重(りんかじゅう)や軸重(じくじゅう)について実例とともに示す。活荷重 フレッシュアイペディアより)

5611件中 91 - 100件表示

「自動車」のニューストピックワード