4457件中 31 - 40件表示
  • オートバイ

    オートバイから見た自動車自動車

    1863年にフランスの発明家のルイ-ギヨーム・ペローが蒸気機関を動力とする二輪車を考案して特許を取得し、1873年のウィーン万博に出品したものがオートバイの原型と言われている。しかし、蒸気機関の時代から実用化されていた鉄道、自動車、船舶に対してオートバイや飛行機は常に動力を確保しなければ体勢を維持できないという共通の課題があり、活発な開発や運用がなされるのはゴットリープ・ダイムラーによって内燃機関の発明がなされてからのことだった。1883年に最初のガソリン機関の製作に成功、1885年に特許取得、1886年に実地運転に成功、補助輪付きの考え方によっては四輪車とも呼べる車体に搭載されたエンジンは、縦型シリンダー、F型配置のバルブ、自動負圧式吸入バルブ、熱管型点火装置といった技術が用いられており、それまでは高性能なガス・エンジンなどでも毎分200回転程度であった回転数を一挙に4倍の毎分800回転程度まで引き上げた。この排気量260cc、4ストロークエンジンは、出力0.5ps、最高速度6 - 12km/h程度のものであった。また、当時は二輪車(自転車)の技術開発がオートバイの開発に先駆けて活発で、車体構成の基礎技術であるスポークホイール、チューブタイヤ、ベアリング、チェーン、スプロケットやハンドルといった技術が完成の域に達しており、そのまま転用ができ、人がまたがって搭乗するため基準値を算出しやすく、車体設計の方針が定めやすいといった点がオートバイの開発進度を速める上で非常に有利にはたらいた。オートバイ フレッシュアイペディアより)

  • 前輪駆動

    前輪駆動から見た自動車自動車

    21世紀初頭時点では、乗用車を中心とする四輪自動車に広く用いられる。特に4気筒以下のエンジンを積んでいる車種の大半は前輪駆動、及びそれをベースとした4WD車である。トランスミッションとエンジンの搭載方法は1970年代以降、主に横置き配置が用いられるようになっているが、それ以前からの歴史がある縦置きの例も若干が残っている。前輪駆動 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ベンツ

    カール・ベンツから見た自動車自動車

    カール・フリードリヒ・ベンツ(Karl Friedrich Benz 、1844年11月25日 - 1929年4月4日)は、 ドイツのエンジン設計者、自動車技術者である。世界初の実用的なガソリン動力の自動車を発明し、妻のと共に自動車メーカーメルセデス・ベンツの基盤を築いた。同時代のドイツ人、ゴットリープ・ダイムラーとヴィルヘルム・マイバッハも同様の発明をしていたが、互いのことは知らず、ベンツの方が特許を先に取得し、その後内燃機関を自動車の動力に使うためのあらゆる特許を取得した。1879年にエンジンについての最初の特許、1886年に自動車に関する最初の特許を取得している。カール・ベンツ フレッシュアイペディアより)

  • 凶器

    凶器から見た自動車自動車

    凶器(きょうき、元の用字は兇器)とは、ヒトの生命・身体に危害を与え、殺害や傷害のために用いられる道具の総称。刀剣や銃などのような性質上の凶器と、自動車やチェーンソーなどの用法上の凶器との別がある。凶器 フレッシュアイペディアより)

  • ベストプラクティス

    ベストプラクティスから見た自動車自動車

    しかし、歴史を見れば、最良の方法として業界標準を受け入れなかった人々の例が多数存在している。イギリスとアメリカ合衆国での産業革命以来の様々な大きな技術革新がこの事実を例証している。例えばある時期、馬を使わない自動車が発明された後も、馬を最良の交通手段と見なす時期があった。今日では、様々な自動車が普通に使われており、馬を交通手段とする人はほとんどいない。ベストプラクティス フレッシュアイペディアより)

  • ジェイテクト

    ジェイテクトから見た自動車自動車

    株式会社ジェイテクト()は、トヨタグループに属する機械・自動車部品製造会社である。ジェイテクト フレッシュアイペディアより)

  • 食の砂漠

    食の砂漠から見た自動車自動車

    20世紀後半、先進国ではサービス経済化が進展するにつれ、都市の中心部において業務機能の集積が進行し、地価の上昇と居住人口の減少をもたらした。一方、自動車交通の発達・普及により、消費者は長距離を移動しての購買行動が可能となり、その結果地価の安い都市郊外に大型店舗(ロードサイド店舗)が立地するようになった。食の砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • マスキングテープ

    マスキングテープから見た自動車自動車

    ドリューは、自動車塗装工たちが自動車に、糊や外科用の布テープで張ったブッチャーペーパーを剥がそうとしていたとき、自動車の塗装まで剥がされているのを見た。マスキングテープ フレッシュアイペディアより)

  • 低排出ガス車認定制度

    低排出ガス車認定制度から見た自動車自動車

    低排出ガス車認定制度(ていはいしゅつガスしゃにんていせいど)とは、自動車排出ガスからの有害物質の排出が、最新規制値よりどのくらい削減されているか示すための制度である。環境ラベリング制度のひとつ。低排出ガス車認定制度 フレッシュアイペディアより)

  • 空転

    空転から見た自動車自動車

    空転(くうてん)は、鉄道車両や自動車などの車両において、車輪(駆動輪)が1回転しても車両が車輪の1周分の距離を進まなくなる(空回りする)ことをいい、車両の正常な運行に支障を来たすことである。自動車などでは空転も滑走も車輪と路面とのグリップが失われる点で共通することから、スリップと呼ばれることが多い。空転 フレッシュアイペディアより)

4457件中 31 - 40件表示