4457件中 81 - 90件表示
  • 馬車

    馬車から見た自動車自動車

    またアメリカ合衆国では西部開拓が盛んになり、開拓民は幌馬車隊を組んで西部に向け移住していったが、その後、馬車の車体を改造し蒸気機関を搭載した蒸気自動車やガソリン等を燃料にしたエンジンを搭載した自動車が発明されたことにより、馬車は陸上交通機関の主役の座を奪われ、急速に衰退していった。馬車 フレッシュアイペディアより)

  • 流体素子

    流体素子から見た自動車自動車

    このほか、ガスタービンエンジンの燃焼器の燃料噴射機や、エアシャワーのノズル等に使用されている。一時、自動車のウインドウウォッシャーにも用いられたが、現在では廃れている。流体素子 フレッシュアイペディアより)

  • プッシュ・ツー・トーク

    プッシュ・ツー・トークから見た自動車自動車

    無線電話のトランシーバーの通話方式として、業務無線で自動車運転中にボタンを押すだけの簡単な操作で利用できること、一斉同報通信が可能なことを生かして利用されている。また、アマチュア無線でも機器が単純となるため用いられている。プッシュ・ツー・トーク フレッシュアイペディアより)

  • トミーカイラ・ZZ

    トミーカイラ・ZZから見た自動車自動車

    ZZ(ズィーズィー)とは、京都府の自動車メーカーであるトミーカイラから販売された自動車。生産は日本ではなく、イギリスで行っている。トミーカイラ・ZZ フレッシュアイペディアより)

  • 東海ゴム工業

    東海ゴム工業から見た自動車自動車

    自動車用防振ゴム・ホース部門は国内トップシェア。また、プリンター部品などのIT関連部門、橋梁・住宅関連などの産業資材部門にも注力。住友電装(旧東海電線)と兄弟会社である。東海ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • 青函連絡船

    青函連絡船から見た自動車自動車

    1967(昭和42)年6月1日より乗用車の航送を開始。当初は2往復のみの取り扱いだった。自動車航送は1便あたりの搭載台数こそ少なく、積載台数は当初は6台、後に12台、末期には最大13台搭載だった。また車両寸法にも規定があり、全長5.3m、車幅2.1m、車高1.85m、車両重量2.5t未満の車両しか積載できなかった。しかし、積み下ろしの待ち時間が少ないこと、発着場所がそれぞれの都市の中心駅であることなどから、ターミナルが郊外に位置する東日本フェリーとの棲み分けが成立しており、固定需要があった。青函連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • ミラージュランド

    ミラージュランドから見た自動車自動車

    北陸自動車道魚津ICから(約10分)ミラージュランド フレッシュアイペディアより)

  • BTO

    BTOから見た自動車自動車

    BTO(Build to Order)とは製造業のビジネスモデルの一つである。パソコンや自動車などの製造販売で実現されている、サプライチェーン・マネジメントによる企業の分類形態の一つである。同義語として、CTO(注文仕様生産。configure to order または custom to order の略称)も用いられている。BTO フレッシュアイペディアより)

  • ポータブルストーブ

    ポータブルストーブから見た自動車自動車

    ポータブルストーブの中でも特にキャンピング・ストーブ(可搬型ストーブ)と呼ばれる物の場合、自動車やオートバイ、ボートやカヌー、あるいは乗馬などの乗り物に乗った複数人の参加者が使用することを想定して、シングルバーナーの場合には大型のバーナーヘッドや燃料タンクを備えた重量0.5-1kg前後の物が使用される。この程度の大きさまでの物は携帯型ストーブとしての扱いを受けることもある。ポータブルストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の気動車史

    日本の気動車史から見た自動車自動車

    1950年代初頭まで、日本の気動車はほとんどが、マニュアル自動車同様の選択摺動式の多段変速機と手動(ないしは足動)クラッチによって速度制御を行う、「機械式気動車」であった。日本の気動車史 フレッシュアイペディアより)

4457件中 81 - 90件表示

「自動車」のニューストピックワード