177件中 91 - 100件表示
  • 自動車

    自動車から見た馬車

    英語のautomobileはフランス語を語源としていて、日本語では「オートモービル」と表記される例が多い。"auto"は「自ら」、"mobile"は「動くもの」という意味を持つことから「自動車」という日本語が生まれた。英語で単にcarと言った場合、馬車や鉄道車両など、車両全般を指す。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た住宅

    しかも自動車の全世界での製造台数は大きいので、自動車製造は巨大産業であり、消費者が直接見聞きする自動車メーカーだけでなく、そうしたメーカーに自動車の材料や数万点におよぶ部品(鋼材やガラスにはじまり、座席や電子機器など、小さいところではネジ類1本まで)を供給している、消費者からは直接的には見えない諸企業(鉄鋼産業・ガラス産業・合成樹脂メーカー、電子機器メーカー、ソフトウェア製造業まで、数え切れないほどの企業)の売上にも影響を及ぼしている。(ちょうど住宅産業の売上が、住宅建築に必要な素材や部品を供給する多数の企業の売上と連動するのと同じ関係にある)。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た日本

    また製造と同様に廃棄に関してもリサイクルという観点から非常に大きな産業となっている。こうした大規模な産業集積が見られる地域を有する国というのは、自動車産業が盛んで輸出も活発に行っている国が多い。アメリカ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、中華人民共和国、韓国が特に大きな産業を抱えている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た普通自動二輪車

    それぞれの国で法規によって排気量や車体の大きさ、輸送能力などによって分類され、税区分や通行区分、運転免許の区分の基準とされる。日本においては、道路交通法第三条により、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車の7種類に分類され、道路運送車両法第三条により、普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車に分類されている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た道路

    1865年にイギリスで赤旗法が施行された。当時普及しはじめた蒸気自動車は、道路を傷め馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によってこれを規制する赤旗法が成立した。この法律により、蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限され、人や動物に予告するために、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。イギリスでの蒸気自動車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン自動車の開発においても、ドイツやフランスが先行する事になる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た炭素繊維強化プラスチック

    車体の強度部材に用いられる材料は鋼鉄が主流で、近年ではアルミニウム合金や炭素繊維強化プラスチックなどの複合材料を用いたものも市販されるようになってきている。骨格部材以外のパネル部分には合成樹脂を用いる例も増えてきている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たパワーステアリング

    操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、その機構全体を指してステアリングと呼ぶ。操作部を「ハンドル」あるいは「ステアリング・ホイール」と呼ぶ。ハンドルの回転はボール・ナットやラック・アンド・ピニオンなどの機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。近年は油圧や電動モーターを用いて運転者のハンドル操作を助力するパワーステアリングが広く普及している。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た原動機

    自動車(じどうしゃ)とは、原動機の動力によって陸上を走行する車両のうち、軌条によらずに運転者の操作で進路と速度を変えることができる乗り物である。英語ではautomobile、motorcarなどと言う。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た排気量

    それぞれの国で法規によって排気量や車体の大きさ、輸送能力などによって分類され、税区分や通行区分、運転免許の区分の基準とされる。日本においては、道路交通法第三条により、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車の7種類に分類され、道路運送車両法第三条により、普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車に分類されている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た複合材料

    車体の強度部材に用いられる材料は鋼鉄が主流で、近年ではアルミニウム合金や炭素繊維強化プラスチックなどの複合材料を用いたものも市販されるようになってきている。骨格部材以外のパネル部分には合成樹脂を用いる例も増えてきている。自動車 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「自動車」のニューストピックワード