177件中 11 - 20件表示
  • 自動車

    自動車から見たカール・ベンツ

    1870年、ユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクス(Siegfried Samuel Marcus)によって初のガソリン自動車「第一マルクスカー」が発明された。1876年、ドイツのニコラウス・オットーがガソリンで動作する内燃機関(ガソリンエンジン)をつくると、ゴットリープ・ダイムラーがこれを改良して二輪車や馬車に取り付け、走行試験を行った。1885年にダイムラーによる特許が出されている。1885年、ドイツのカール・ベンツは、ダイムラーとは別にエンジンを改良して、車体から設計した3輪自動車をつくった。ベンツ夫人はこの自動車を独力で運転し、製造者以外でも訓練さえすれば運転できる乗り物であることを証明した。ベンツは最初の自動車販売店を作り、生産した自動車を数百台販売した。また、ダイムラーも自動車会社を興した。現在、ガソリン式自動車の発明者はダイムラーとベンツの両人とされることが多い。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たブレーズ・パスカル

    所有者に重いコストがのしかかる乗り物という存在を、所有はせず活用はする、という発想は非常に古くからあり、まだ自動車が無かった時代、例えば古代ローマにも、馬車を現代のタクシーのように従量式で使う手法も存在したことがあったともいう。1620年にはフランスで貸馬車業が登場し(言わば、現代のレンタカーに当たる)、1662年にはブレーズ・パスカルが史上初のバスとされる5ソルの馬車を発明しパリで営業を開始した、ということには言及しておくと文脈や背景がよく分かるだろう。自動車の歴史の中のそれについては、1831年にゴールズワージー・ガーニーが、同年にウォルター・ハンコックが蒸気式の自動車で乗り合いバスの運行を開始したことが挙げられる。1871年にはドイツ人:de:Wilhelm Bruhnによってタクシーメーターが発明され、1897年にはゴットリーブ・ダイムラーが世界初のメーター付きタクシー(ガソリン車)Daimler Victoriaを製造した。レンタカーの最古の歴史ははっきりしないが、米国における最初のレンタカー業者は、初の量産車とされるT型フォードを用いて1916年から営業した、と言われることはある。その最初のレンタカー業者とされるネブラスカの男Joe Saundersは、車にメーターを取り付け 1マイルあたり10セントの方式で貸したという。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たライン川

    自動車の製造に関わる産業は巨大なものとなっている。世界的に見て自動車産業で成立している大規模な例としては、アメリカのデトロイトや、ドイツのライン川流域が挙げられ、鋼鉄板の生成からボディプレス、電装品の製造、組み立てなどを地域全体で行っている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たガソリン

    1870年、ユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクス(Siegfried Samuel Marcus)によって初のガソリン自動車「第一マルクスカー」が発明された。1876年、ドイツのニコラウス・オットーがガソリンで動作する内燃機関(ガソリンエンジン)をつくると、ゴットリープ・ダイムラーがこれを改良して二輪車や馬車に取り付け、走行試験を行った。1885年にダイムラーによる特許が出されている。1885年、ドイツのカール・ベンツは、ダイムラーとは別にエンジンを改良して、車体から設計した3輪自動車をつくった。ベンツ夫人はこの自動車を独力で運転し、製造者以外でも訓練さえすれば運転できる乗り物であることを証明した。ベンツは最初の自動車販売店を作り、生産した自動車を数百台販売した。また、ダイムラーも自動車会社を興した。現在、ガソリン式自動車の発明者はダイムラーとベンツの両人とされることが多い。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た電気モーター

    現在は内燃機関が主流で、電気モーターを用いるものも製品として量産されている。内燃機関では、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力するディーゼルエンジンやガソリンエンジン等のレシプロエンジンが一般的である。それぞれに4サイクルと2サイクルがあるが現在では4サイクルが主流となっている。火花点火機関の燃料にはガソリンが用いられるのが主流となっているが、環境性能や単価を理由にLPGやLNG、アルコール系燃料が用いられる場合もある。近年では、黒煙などが排出されにくいディーゼル車や、内燃機関と電気モーターを組み合わせたハイブリッドカー、電気自動車なども普及してきている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た鉄道車両

    英語のautomobileはフランス語を語源としていて、日本語では「オートモービル」と表記される例が多い。"auto"は「自ら」、"mobile"は「動くもの」という意味を持つことから「自動車」という日本語が生まれた。英語で単にcarと言った場合、馬車や鉄道車両など、車両全般を指す。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た自動車産業

    1908年には、フォードがフォード・T型を発売した。フォードは、流れ作業による大量生産方式を採用し自動車の価格を引き下げることに成功した。これにより裕福層の所有物であった自動車を、大衆が所有することが可能となり自動車産業が大きく発展するさきがけとなった。ヨーロッパでは1910年ごろに、大衆の自動車に対する欲求を満たすように、二輪車の部品や技術を用いて製造された小型軽量車、いわゆるサイクルカーが普及していった。1922年に、フォードと同様の生産方法を用いたシトロエン・5CVやオースチン・セブンなどの小型大衆車が発売され、本格的に自動車が普及していく事になった。また、それに伴いサイクルカーは姿を消していく事になる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たブレーキ

    ブレーキの操作は、足踏み式のペダルで行うものがほとんどである。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。市販車のほとんどが、エンジンの吸気管負圧や空気圧を利用した、ペダル踏力を軽減する倍力装置を有している。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たハイブリッドカー

    現在は内燃機関が主流で、電気モーターを用いるものも製品として量産されている。内燃機関では、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力するディーゼルエンジンやガソリンエンジン等のレシプロエンジンが一般的である。それぞれに4サイクルと2サイクルがあるが現在では4サイクルが主流となっている。火花点火機関の燃料にはガソリンが用いられるのが主流となっているが、環境性能や単価を理由にLPGやLNG、アルコール系燃料が用いられる場合もある。近年では、黒煙などが排出されにくいディーゼル車や、内燃機関と電気モーターを組み合わせたハイブリッドカー、電気自動車なども普及してきている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たクラシックカー

    またクラシックカーと呼ばれる過去に製造された車両を復元、保存し歴史的価値を見出す愛好家もいる。このように、自動車は単に人や物資を輸送するだけの存在に留まらない。自動車 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「自動車」のニューストピックワード