177件中 41 - 50件表示
  • 自動車

    自動車から見た内燃機関

    現在は内燃機関が主流で、電気モーターを用いるものも製品として量産されている。内燃機関では、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力するディーゼルエンジンやガソリンエンジン等のレシプロエンジンが一般的である。それぞれに4サイクルと2サイクルがあるが現在では4サイクルが主流となっている。火花点火機関の燃料にはガソリンが用いられるのが主流となっているが、環境性能や単価を理由にLPGやLNG、アルコール系燃料が用いられる場合もある。近年では、黒煙などが排出されにくいディーゼル車や、内燃機関と電気モーターを組み合わせたハイブリッドカー、電気自動車なども普及してきている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たドイツ

    1865年にイギリスで赤旗法が施行された。当時普及しはじめた蒸気自動車は、道路を傷め馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によってこれを規制する赤旗法が成立した。この法律により、蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限され、人や動物に予告するために、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。イギリスでの蒸気自動車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン自動車の開発においても、ドイツやフランスが先行する事になる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た交通事故

    自動車が社会に及ぼす原因は、自動車が自走することに起因する交通事故と、自動車が燃料を燃焼することに起因する排気ガスの排出や騒音などによる環境問題が主な問題である。また自動車が高性能な乗り物へと改良されるようになるに連れますます運転マナーの悪い乗り方を好む者が現われ問題とされるようになっている。これは近代化による交通の発達により、自動車の利用者が急速に増大し、それによって個々の運転者による交通マナーという概念が生まれ、社会がそれを求めるようになったという背景もある。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たフランス

    初期の自動車は手作りであるため非常に高価なものであり、貴族や大金持ちだけが所有できるものであった。そして彼らは自分たちが持っている自動車で競走をすることを考えた。このころに行われた初期の自動車レースで活躍したのが、今日もF1などで活躍するルノーである。このころはまだガソリン自動車だけでなく蒸気自動車や電気自動車も相当数走っており、どの自動車が主流ということもなかったが、1897年のフランスでの自動車レースでガソリン自動車が蒸気自動車に勝利し、1901年にはアメリカのテキサスで油田が発見されてガソリンの供給が安定する一方、電気自動車や蒸気自動車は構造上の問題でガソリン自動車を越えることができず、20世紀初頭には急速に衰退していった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たオートマチックトランスミッション

    動力は、原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。変速機は、運転者が複数の減速比から選択して操作するマニュアルトランスミッション(MT)と、自動的に選択または変化するオートマチックトランスミッション(AT)に大別できる。MTは基本的に減速比を切り替える際などにはクラッチを操作する必要があるが、このクラッチ操作を自動化したものはセミオートマチックトランスミッションと呼ばれる。近年は、MTの基本構造を持ちながらクラッチ操作と変速操作が自動制御された、自動制御式マニュアルトランスミッション (AMT)も普及し始めている。電気自動車の場合は、原動機の効率的な回転速度の範囲が広いため減速比を切り替えない変速機を採用し、原動機を逆回転させることが可能なので後退ギアを持たない場合がほとんどである。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た産業

    一台一台の自動車は多数の部品でできており、多くの部品製造にも多くの人員や技術が必要である。そのため、自動車製造業そのものが大きな産業であり、自動車を製造するために必要な自動車部品や電子機器、鉄鋼などの周辺分野や素材産業も含め、ありとあらゆる産業から部品や資材を購入し、それらの産業を支えている。世界的には、1980年代以降、自動車産業の多国籍企業グループへの集約が進んでいる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た窒素酸化物

    自動車は環境にも影響を与える。一般の自動車はガソリンであり、自動車の走行するための燃料となる化石燃料は、燃焼時に二酸化炭素を主に排出するが、石炭や、とりわけ質の悪い燃料では二酸化炭素以外の窒素酸化物や硫黄酸化物などが黒煙と共に大量に排出する。そのため地球温暖化への関与や大気汚染、酸性雨の原因とも言われており、こうした排出の削減が、自動車の増加と共に叫ばれるようになった。そのため燃費の向上による燃料の有効活用や触媒による窒素酸化物、硫黄酸化物の分解の技術も向上してきた。さらに、最近では、ガソリン車からハイブリッド・カーや電気自動車などへとシフトすることでこれらの問題を解決すべく、多くの自動車メーカーが開発にしのぎを削っており、各国政府によっても購入者に対し様々な優遇措置がとられるようになってきている(2012年現在)。根本的な解決として、先進国の特に都市部において、環境にもやさしく健康増進にも効果のある自転車への乗り換え、活用が奨励されている国や地域も多い。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たトロリーバス

    一般的には、三輪以上で乗員が車室内に備えられた座席に座る構造を備えたものを「自動車」として認識されているが、法規上はオートバイや無限軌道によって走行する車両、他の自動車によって牽引される車両も自動車として定義されている。一方、排気量が50cc以下(または定格出力が0.6kW以下)の車両(ミニカーを含む)や架線を用いるトロリーバスは法規上の「自動車」に含まれない。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たトヨタ・MR-S

    セミオートマチックトランスミッションは日本の法規ではAT車に分類され、国産車の例ではトヨタ・MR-SのシーケンシャルMTがある。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た蒸気自動車

    最初の自動車は蒸気機関で動く蒸気自動車で、1769年にフランス陸軍の技術大尉ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作したキュニョーの砲車?であると言われている。この自動車は前輪荷重が重すぎて旋回が困難だったため、時速約3キロしか出なかったにもかかわらず、パリ市内を試運転中に塀に衝突して自動車事故の第一号となった。1885年に、フランスのレオン・セルボレが開発し1887年に自動車に搭載したフラッシュ・ボイラーにより蒸気自動車は2分でスタートできるまでに短縮された。1900年ごろにはアメリカ合衆国で、石炭の代わりに石油を使った蒸気自動車が作られ、さらに普及していった。この頃は蒸気自動車の方がガソリン自動車よりも騒音が少なく運転が容易だった。アメリカ合衆国では1920年代後半まで蒸気自動車が販売されていた。自動車 フレッシュアイペディアより)

177件中 41 - 50件表示

「自動車」のニューストピックワード