177件中 61 - 70件表示
  • 自動車

    自動車から見たミニカー (車両)

    一般的には、三輪以上で乗員が車室内に備えられた座席に座る構造を備えたものを「自動車」として認識されているが、法規上はオートバイや無限軌道によって走行する車両、他の自動車によって牽引される車両も自動車として定義されている。一方、排気量が50cc以下(または定格出力が0.6kW以下)の車両(ミニカーを含む)や架線を用いるトロリーバスは法規上の「自動車」に含まれない。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たフォーミュラカー

    自動車は多彩な車種・形状があり、また用途によって様々な自動車が使い分けられる。単に走ると言っても、整備されたコースだけでなく条件の悪いコースなどもあり、様々な楽しみ方がある。そのような様々な観点から自動車を乗ること、集めることなどを趣味にする人も多い。特に遠方の行楽地に向かう際に自動車による移動を主目的の一つとしたり、目的地を決めずにただ自動車を運転する周遊旅行は一般に「ドライブ」あるいは「遠乗り」と呼ばれている。また、自動車を操縦しより高速なスコアタイムを目指すことはスポーツの一種として認識されており、モータースポーツと呼ばれる。とにかく速く走るためのスポーツ専用の自動車であるフォーミュラカーで走ることが全てではなく、市販車や自作車でのレース、また長時間の運転となる耐久レースなど、多彩なものが世界各国で開催されている。フォーミュラ1(F1)やインディカー・シリーズ、ル・マン24時間レースといったレーシング大会は特に著名な国際大会である。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たホンダ・インサイト

    ファイル:Honda Insight IMA.jpg|ハイブリッドカー (ホンダ・インサイト) のエンジン自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た大型特殊自動車

    それぞれの国で法規によって排気量や車体の大きさ、輸送能力などによって分類され、税区分や通行区分、運転免許の区分の基準とされる。日本においては、道路交通法第三条により、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車の7種類に分類され、道路運送車両法第三条により、普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車に分類されている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たスポーツ

    主に人や荷物の輸送手段として用いられるが、運転操作自体を娯楽やスポーツとしたり、資産として保有されたり、所有すること自体を趣味として保有されたりといった例も少なくない。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た硫黄酸化物

    自動車は環境にも影響を与える。一般の自動車はガソリンであり、自動車の走行するための燃料となる化石燃料は、燃焼時に二酸化炭素を主に排出するが、石炭や、とりわけ質の悪い燃料では二酸化炭素以外の窒素酸化物や硫黄酸化物などが黒煙と共に大量に排出する。そのため地球温暖化への関与や大気汚染、酸性雨の原因とも言われており、こうした排出の削減が、自動車の増加と共に叫ばれるようになった。そのため燃費の向上による燃料の有効活用や触媒による窒素酸化物、硫黄酸化物の分解の技術も向上してきた。さらに、最近では、ガソリン車からハイブリッド・カーや電気自動車などへとシフトすることでこれらの問題を解決すべく、多くの自動車メーカーが開発にしのぎを削っており、各国政府によっても購入者に対し様々な優遇措置がとられるようになってきている(2012年現在)。根本的な解決として、先進国の特に都市部において、環境にもやさしく健康増進にも効果のある自転車への乗り換え、活用が奨励されている国や地域も多い。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たモータリゼーション

    上記のT型フォードなどの大衆車の普及によって一般市民が自動車を所有することが可能となり、自家用車が普及すると、それに伴って自動車を中心とする社会が形成されるようになり、自動車が生活必需品となっていく、いわゆるモータリゼーションが起こった。世界ではじめてモータリゼーションが起こったのは1920年代のアメリカ合衆国であり、次いで西ヨーロッパ諸国においても起こり、日本でも1970年ごろに本格的なモータリゼーションがはじまった。個人用自動車の普及は、鉄道や船といった公共交通機関に頼っていた時代に比べて利用者に圧倒的に高い自由度をもたらし、個人の行動半径を大きく拡大させることとなった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た道路運送車両法

    それぞれの国で法規によって排気量や車体の大きさ、輸送能力などによって分類され、税区分や通行区分、運転免許の区分の基準とされる。日本においては、道路交通法第三条により、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車の7種類に分類され、道路運送車両法第三条により、普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車に分類されている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た中華人民共和国

    また製造と同様に廃棄に関してもリサイクルという観点から非常に大きな産業となっている。こうした大規模な産業集積が見られる地域を有する国というのは、自動車産業が盛んで輸出も活発に行っている国が多い。アメリカ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、中華人民共和国、韓国が特に大きな産業を抱えている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た変速機

    動力は、原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。変速機は、運転者が複数の減速比から選択して操作するマニュアルトランスミッション(MT)と、自動的に選択または変化するオートマチックトランスミッション(AT)に大別できる。MTは基本的に減速比を切り替える際などにはクラッチを操作する必要があるが、このクラッチ操作を自動化したものはセミオートマチックトランスミッションと呼ばれる。近年は、MTの基本構造を持ちながらクラッチ操作と変速操作が自動制御された、自動制御式マニュアルトランスミッション (AMT)も普及し始めている。電気自動車の場合は、原動機の効率的な回転速度の範囲が広いため減速比を切り替えない変速機を採用し、原動機を逆回転させることが可能なので後退ギアを持たない場合がほとんどである。自動車 フレッシュアイペディアより)

177件中 61 - 70件表示

「自動車」のニューストピックワード