177件中 71 - 80件表示
  • 自動車

    自動車から見たマイル

    1865年にイギリスで赤旗法が施行された。当時普及しはじめた蒸気自動車は、道路を傷め馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によってこれを規制する赤旗法が成立した。この法律により、蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限され、人や動物に予告するために、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。イギリスでの蒸気自動車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン自動車の開発においても、ドイツやフランスが先行する事になる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た副変速機

    マニュアルトランスミッションの場合、前進の変速比は4段から8段程度が一般的だが、副変速機を用いて変速段数を2倍とする例は貨物車を中心に少なくない。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た動力

    自動車(じどうしゃ)とは、原動機の動力によって陸上を走行する車両のうち、軌条によらずに運転者の操作で進路と速度を変えることができる乗り物である。英語ではautomobile、motorcarなどと言う。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た渋滞

    他にも渋滞や路上駐車も自動車に関する交通問題である。更に広い観点で見れば、近代の社会は、特に郊外において自動車の使用が前提となりがちであり、都市の郊外化にも拍車を掛けている。そのため都市の分散によって自動車が使用できる人とそうでない人との格差が生まれること(買い物難民等の発生)も新たな問題となっている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た排気ブレーキ

    下り坂などで、フットブレーキに頼り過ぎるとフェード現象やヴェイパーロック現象が起き、制動力が著しく低下してしまうことがある。これらを防ぐためにエンジンブレーキを利用することが運転免許教習でも指導されているが、エンジンブレーキの効果が得られにくい大型の貨物車では排気ブレーキやリターダを搭載する車種も多い。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た環境問題

    自動車が社会に及ぼす原因は、自動車が自走することに起因する交通事故と、自動車が燃料を燃焼することに起因する排気ガスの排出や騒音などによる環境問題が主な問題である。また自動車が高性能な乗り物へと改良されるようになるに連れますます運転マナーの悪い乗り方を好む者が現われ問題とされるようになっている。これは近代化による交通の発達により、自動車の利用者が急速に増大し、それによって個々の運転者による交通マナーという概念が生まれ、社会がそれを求めるようになったという背景もある。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たボール・ナット

    操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、その機構全体を指してステアリングと呼ぶ。操作部を「ハンドル」あるいは「ステアリング・ホイール」と呼ぶ。ハンドルの回転はボール・ナットやラック・アンド・ピニオンなどの機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。近年は油圧や電動モーターを用いて運転者のハンドル操作を助力するパワーステアリングが広く普及している。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た信号機

    自動車が走行する道というのは、市街地においては人も歩行するために使用するものであるため、どうしても交通が干渉してしまう。そのため自動車が走行するための秩序や環境を整備する必要が第一に迫られた。自動車が世間に登場した際、歩行者と自動車の交通空間が明確にされておらず、歩行者が歩行する中を自動車が走行することになった。最初はそれで問題がなかったが、次第に自動車の交通量が増えていくと、歩行者との干渉が問題となり、歩道と車道というふうに明確に区別された。さらに自動車が増えると交差点での行き来が問題となったため、交通信号が整備され、法律によっても自動車が整備されるようになった。また自動車の登場により平坦な路面が求められるようになったため、自動車が走ることを考えて路面はアスファルトやタイルで舗装されるようになった。自動車が高性能化し高速走行が可能になるようになると、高速に自動車が走行できるよう高速道路が整備されるようになった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たスケールモデル

    趣味としては、自動車を走行させるだけに限らず、ミニチュアカーと呼ばれる精巧な自動車のミニチュアの製作や収集、また部品の収集や写真の撮影など多岐に渡る。走行する自動車に関する趣味としては、様々な自動車に乗車することを趣味にしたり、自動車の改造やメンテナンスを趣味にすることもある。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た西ヨーロッパ

    上記のT型フォードなどの大衆車の普及によって一般市民が自動車を所有することが可能となり、自家用車が普及すると、それに伴って自動車を中心とする社会が形成されるようになり、自動車が生活必需品となっていく、いわゆるモータリゼーションが起こった。世界ではじめてモータリゼーションが起こったのは1920年代のアメリカ合衆国であり、次いで西ヨーロッパ諸国においても起こり、日本でも1970年ごろに本格的なモータリゼーションがはじまった。個人用自動車の普及は、鉄道や船といった公共交通機関に頼っていた時代に比べて利用者に圧倒的に高い自由度をもたらし、個人の行動半径を大きく拡大させることとなった。自動車 フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「自動車」のニューストピックワード