279件中 71 - 80件表示
  • 自動車

    自動車から見たレンタカー

    1871年にはドイツ人のヴィルヘルム・ブルーンによってタクシーメーターが発明され、1897年にはゴットリープ・ダイムラーが世界初のメーター付きタクシー(ガソリン車)Daimler Victoriaを製造した。レンタカーの最古の歴史ははっきりしないが、米国における最初のレンタカー業者は、初の量産車とされるT型フォードを用いて1916年から営業した、と言われることはある。その最初のレンタカー業者とされるネブラスカの男Joe Saundersは、車にメーターを取り付け 1マイルあたり10セントの方式で貸したという。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た日本

    大衆車の普及によって、一般市民が自動車を所有することが可能となり、自家用自動車(自家用車)が普及すると、それに伴って自動車を中心とする社会が形成されるようになり、自動車が生活必需品となっていく、いわゆるモータリゼーションが起きた。世界で初めてモータリゼーションが起こったのは1920年代のアメリカ合衆国であり、次いで西ヨーロッパ諸国においても起こり、日本でも1970年ごろに本格的なモータリゼーションがはじまった。個人用自動車の普及は、鉄道や船といった公共交通機関に頼っていた時代に比べて利用者に圧倒的に高い自由度をもたらし、個人の行動半径を大きく拡大させることとなった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た原動機

    自動車(じどうしゃ、)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のことである。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た交通事故

    最初の自動車は蒸気機関で動く蒸気自動車で、1769年にフランス陸軍の技術大尉ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作したキュニョーの砲車であると言われている。この自動車は前輪荷重が重すぎて旋回が困難だったため、時速約3キロしか出なかったにもかかわらず、パリ市内を試運転中に塀に衝突して自動車事故の第一号となった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た公害

    近年は、公害や地球温暖化の対策として、電気自動車や燃料電池を動力源としたゼロ・エミッションの自動車の開発が進んでいる。オランダやノルウェーでは、2025年までにガソリン車およびディーゼル車などの販売を禁止する法案が賛成多数の情勢にある。ドイツでも2030年までとする動きがある。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た

    自動車(じどうしゃ、)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走るのことである。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た旅客輸送

    前者の例として、旅客輸送や貨物輸送を行うサービス全般を運輸業と呼ぶ。旅客であればタクシーやハイヤー、またバスなどとして運営され、バスは多くの人員の輸送が可能であることから、形態に応じて路線バス、観光バス、高速バス、定期観光バスなどと様々なものがある。貨物輸送に関しては運送会社がトラックを用いて輸送する。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たドラムブレーキ

    高速からの制動には、放熱性に優れるディスクブレーキが有効であるが、重量が大きい車両の制動や、勾配での駐車などには、自己倍力作用の働きで拘束力の大きいドラムブレーキが有利となる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たロシア

    日本国内での自動車生産台数は、スバル360やマツダキャロルなどの乗用車生産が始まっていた1960年には約76万台(内、乗用車17万台)、「マイカー元年」と言われた1966年には229万台(内、乗用車98万台)であったが、1980年には約1千万台に達し米国を上回った。1991年には過去最高の約1325万台を生産したが、以降は1千万台前後で推移している。2009年には中国が1379万台で2位日本の793万台を大きく引き離し世界最大の自動車生産国となった。2013年は中国が2212万台、米国1105万台、日本963万台、ドイツ572万台、韓国、452万台、インド388万台、ブラジル374万台、メキシコ305万台、タイ253万台、カナダ238万台、ロシア218万台となっている自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た路線バス

    イギリスでは1827年ごろから定期バスとして都市部および、都市間で広く用いられ、1860年ごろにはフランスでも用いられるようになった。1885年に、フランスのレオン・セルボレが開発し1887年に自動車に搭載したフラッシュ・ボイラーにより蒸気自動車は2分でスタートできるまでに短縮された。1900年ごろにはアメリカ合衆国で、石炭の代わりに石油を使った蒸気自動車が作られ、さらに普及していった。この頃は蒸気自動車の方がガソリン自動車よりも騒音が少なく運転が容易だった。アメリカ合衆国では1920年代後半まで蒸気自動車が販売されていた。自動車 フレッシュアイペディアより)

279件中 71 - 80件表示

「自動車」のニューストピックワード