前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 自殺

    自殺から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    日本における自殺対策としては相談室の設置、カウンセラーの増強などの対策が取られている地域がある(各都道府県・都市の相談窓口一覧1)。2006年10月28日には自殺対策基本法が施行され、毎年自殺対策白書が発表されている。ほか、ボランティアらによって営まれているいのちの電話(日本いのちの電話連盟)が、相談のための電話を24時間受け付けている2 。自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺総合対策会議

    自殺総合対策会議から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    自殺総合対策会議(じさつそうごうたいさくかいぎ、)は、自殺対策基本法を根拠とする厚生労働省の特別の機関である。組織の長は厚生労働大臣が充てられる。自殺対策を専門に司る機関としては、日本の行政機関のなかで最上位に位置する。2006年法では内閣府の下に設置されていたが、2016年法改正により厚労省に移管された。自殺総合対策会議 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自殺

    日本の自殺から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    その他、日本での自殺に関する法律として、2006年(平成18年)の自殺対策基本法や、銃砲刀剣類所持等取締法第5条での「自殺をするおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者については銃砲刀剣類の所持を許可してはならない」といったものがある。日本の自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺対策支援センター ライフリンク

    自殺対策支援センター ライフリンクから見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    特定非営利活動法人自殺対策支援センターライフリンク(じさつたいさくしえんセンターライフリンク)は、東京都に本部を置く特定非営利活動法人(NPO法人)である。2004年10月15日に設立、2006年6月15日に成立した自殺対策基本法で約10万人の署名を集めた。自殺対策支援センター ライフリンク フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    山本孝史参議院議員などの呼びかけによって自殺対策基本法や癌対策基本法が成立する。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 白書

    白書から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    内閣府 - 経済財政白書、世界経済白書#、防災白書(災害対策基本法9条・災害対策基本法施行令2条)、青少年白書→2008年(平成20年)版より法定の子ども・若者白書(子ども・若者育成支援推進法6条)、食育白書(食育基本法15条)、少子化社会白書(少子化社会対策基本法9条)、高齢社会白書(高齢社会対策基本法8条)、障害者白書(障害者基本法11条)、交通安全白書(交通安全対策基本法13条)、自殺対策白書(自殺対策基本法10条)、男女共同参画白書(男女共同参画社会基本法12条)、国民生活白書、犯罪被害者白書(犯罪被害者等基本法10条)白書 フレッシュアイペディアより)

  • 山本孝史

    山本孝史から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    同年1月23日に、山本と共にがん対策基本法や自殺対策基本法成立に向け、与野党の垣根を越えて共闘した過程や、国会論戦を通じて親交のあった、元厚生労働大臣の自由民主党参議院議員会長・尾辻秀久が参議院本会議場にて哀悼演説を行った。山本孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 議員立法

    議員立法から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    自殺対策基本法(平成18年6月21日法律第85号)議員立法 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    2016年(平成28年)4月1日 - 改正自殺対策基本法により、自殺対策の総合調整を含めた業務が内閣府から移管され、特別の機関の自殺総合対策会議も厚労省に移された。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎恭久

    塩崎恭久から見た自殺対策基本法自殺対策基本法

    自殺対策基本法の成立にともない、内閣府に特別の機関として自殺総合対策会議が新設されると、その初代会長に就任した。2007年、安倍改造内閣では再任されず、内閣官房長官を退任(後任は与謝野馨)。塩崎恭久 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「自殺防止対策」のニューストピックワード