1 2 次へ
11件中 11 - 11件表示
  • 自殺対策基本法

    自殺対策基本法から見た日本

    自殺対策基本法(じさつたいさくきほんほう、平成18年6月21日法律第85号)とは、年間の自殺者数が3万人を超える日本の状況に対処するため制定された日本の法律である。2006年(平成18年)6月21日に公布、同年10月28日に施行された。主として内閣府(政策統括官-共生社会政策担当)が所管するほか、内閣府に特別の機関として設置される自殺総合対策会議(会長・内閣官房長官)が「自殺対策の大綱」を定める。施策の遂行そのものは国と地方公共団体が行う。自殺対策基本法 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
11件中 11 - 11件表示

「自殺防止対策」のニューストピックワード