自衛隊海外派遣 ニュース&Wiki etc.

自衛隊海外派遣(じえいたいかいがいはけん)では、自衛隊の日本国外(海外)への派遣について記す。日本は、1989年(平成元年)の冷戦終結による緊張緩和、及び1991年(平成3年)の初頭に勃発した湾岸戦争により、それまでの活動の枠を超えた積極的な国際協力を求められるようになり、自衛隊ペルシャ湾派遣を契機に開始した。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「自衛隊海外派遣」のつながり調べ

  • 第1後方支援連隊

    第1後方支援連隊から見た自衛隊海外派遣

    第1後方支援連隊(だいいちこうほうしえんれんたい、JGSDF 1st Logistic Support Regiment)は、東京都練馬区の練馬駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第1師団隷下の後方支援部隊である。師団の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。(第1後方支援連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣のような懸案を抱える中、ねじれ国会のもとで政権運営を行うためには野党の協力が必要であるため、国対族の金丸のつてで小沢は公明党と民社党に接近する。両党との協力の一環として、第12回統一地方選挙における東京都知事選挙で、自民党東京都総支部連合会が推す現職の鈴木俊一に代わり、新人の磯村尚徳を擁立する。しかし粕谷茂をはじめ、当時の自民党都連幹部が鈴木を支援したこともあり、90万票近い大差で敗北した。なお、この都知事選公示直前に出馬に意欲的であったアントニオ猪木と会談して出馬を断念させたが、多額の金銭が動いたと一部メディアに報じられた。小沢が指揮した統一地方選挙全体では自民党の勝利であったものの、小沢は海部に自ら申し出て、都知事選の責任を取り党幹事長を辞任した。この辞任は公明党・民社党に義理を立てた形にもなり、自公民路線の維持に寄与し、また後の非自民連立政権におけるワン・ワン・ライスの伏線ともなった。(小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

「自衛隊海外派遣」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード