122件中 11 - 20件表示
  • 自衛隊東ティモール派遣

    自衛隊東ティモール派遣から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    自衛隊東ティモール派遣(じえいたいひがしティモールはけん)は、日本がPKO協力法に基づいて、国際連合東ティモール暫定行政機構(UNTAET、2002年5月20日以降は国際連合東ティモール支援団 UNMISET)への協力のために、陸上自衛隊を中心に東ティモールへ派遣した事について述べる。自衛隊東ティモール派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊佐世保史料館

    海上自衛隊佐世保史料館から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    2階 海上自衛隊の装備、活動(南極観測船、災害派遣、海外派遣など)、図書室海上自衛隊佐世保史料館 フレッシュアイペディアより)

  • 浄水セット

    浄水セットから見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    通常は3 1/2tトラックに車載されて使用される。国際平和協力活動や災害派遣での活用実績がある。野外炊具1号や野外入浴セット2型、野外手術システムと併せて使用すれば大きな相乗効果を発揮する。現在、陸上自衛隊開発実験団にて NECファシリティーズ製の「浄水セット(改)」を試験中と推測される。 浄水セット フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤博文

    佐藤博文から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    1990年代には、日本の戦争参加・自衛隊海外派遣に反対する活動、政党助成金・小選挙区制導入に反対する活動などに取り組む。そして、道庁・市役所の情報誌購入差止、官官接待を止めさ[せる住民訴訟、道庁裏金・道警裏金問題を解明する住民監査請求、豊浜トンネル崩落事故国家賠償訴訟など行政訴訟に積極的に関わる。佐藤博文 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ハイチPKO派遣

    自衛隊ハイチPKO派遣から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    自衛隊ハイチPKO派遣(じえいたいハイチはけん)は、ハイチ共和国への国際平和協力法に基づく自衛隊の海外派遣活動の一つである。自衛隊ハイチPKO派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年の政治

    1954年の政治から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    6月2日 - 参議院、「自衛隊の海外出動(≒自衛隊海外派遣)を為さざることに関する決議」を全会一致で可決。1954年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省設置法

    防衛省設置法から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    国際平和協力活動を自衛隊の付随的任務から本来任務に変更防衛省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • 航空自衛隊の個人装備

    航空自衛隊の個人装備から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    近年はゲリラ・コマンド部隊対策や海外派遣が重視されているため、装備の近代化が進んでいる。航空自衛隊の個人装備 フレッシュアイペディアより)

  • PKO国会

    PKO国会から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣を軍国主義の再来と捉えた日本社会党や日本共産党、社会民主連合などは強硬に反対。逆に、民社党は積極的に賛成した。社会党はPKOを自衛隊とは別組織の文民に限定する代案を出し、1990年10月、自民・公明・民社の三党も、一度は同様の合意を行った。しかし、自公民は社会党の助け無しに可決ができる見通しになると(参議院で自民党は過半数割れしているねじれ国会状態のため、法案可決には少なくとも公明・民社の協力を得る必要があった)、11月には自衛隊と別組織案を破棄し、当初の予定通り、自衛隊海外派遣を中心に据えた法案となった。当時民社党書記長だった米沢隆によると、三党同意は社会党外しの目的もあったという。法案は当時自民党幹事長だった小沢一郎が主導となり、公明党書記長の市川雄一、そして米沢の3人で毎晩話し合い、寿司屋やカラオケなどに各党のうるさ型を呼んで説得もした。そして、自公民三党のとりまとめに成功したという。PKO国会 フレッシュアイペディアより)

  • うらが型掃海母艦

    うらが型掃海母艦から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    本型は、充実した搭載能力や医療能力を含めた母艦機能をいかして、海外への災害派遣(救援物資の輸送)にも活用されている。例えば機雷庫は温度・湿度等を一定に保つ機能があることから、邦人輸送等では居住区としても転用できる。うらが型掃海母艦 フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード