122件中 31 - 40件表示
  • 第12後方支援隊

    第12後方支援隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第12後方支援隊(だいじゅうにこうほうしえんたい、JGSDF 12th Logistic Support Troop)は、群馬県高崎市の新町駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第12旅団隷下の後方支援部隊である。旅団の後方支援業務を任務とする他、災害派遣や民生協力・国際貢献活動も行っている。第12後方支援隊 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛白書

    防衛白書から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    日本の防衛の根幹となる日米関係、近隣諸国(主に韓国、北朝鮮、中国、ロシア)などの軍事動向、自衛隊海外派遣など自衛隊の国内外の活動や隊員の声を記載したコラム、防衛政策の提言などを主に行っている。防衛白書 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ルワンダ難民救援派遣

    自衛隊ルワンダ難民救援派遣から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    自衛隊ルワンダ難民救援派遣(じえいたいルワンダなんみんきゅうえんはけん)とは、自衛隊が1994年(平成6年)9月21日から1994年12月28日までの間、ルワンダ難民救援のために派遣されたこと(自衛隊海外派遣)。自衛隊ルワンダ難民救援派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ホンジュラス派遣

    自衛隊ホンジュラス派遣から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    自衛隊ホンジュラス派遣(じえいたいホンジュラスはけん)は、ホンジュラス共和国への国際緊急援助法に基づく自衛隊の海外派遣。防衛庁は「ホンデュラス」と呼称。自衛隊ホンジュラス派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 第14施設群

    第14施設群から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    陸上自衛隊の海外派遣や大規模災害への対処を目的として、施設科部隊の機能拡充を目的に北部方面施設隊を第3施設団への再編制に伴い本州の施設科部隊や北海道内の施設科部隊より要員を受け入れ、同時期に同駐屯地で廃止された第120特科大隊の受け皿を兼ねて編成した。第14施設群 フレッシュアイペディアより)

  • 9mm機関けん銃

    9mm機関けん銃から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    一部書籍などで、PKO派遣に伴う部隊装備火器の問題を回避するために開発が始まったとする記述があるものの、実際には、前述の通り9mm拳銃や11.4mm短機関銃(M1・M3)を装備する指揮官・隊員の自衛火器の更新及び火力増強が主な目的であり、PKOに絡む問題は開発とは無関係である。9mm機関けん銃 フレッシュアイペディアより)

  • 舩山謙次

    舩山謙次から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    共産党系の全国革新懇の地方組織「平和・進歩・革新をめざす北海道懇話会」(北海道革新懇話会)の代表委員を務め、有事法制や自衛隊海外派遣、国旗国歌法制定、教育基本法改正、オウム真理教への破防法適用などに反対。国政選挙の際には共産党機関紙「しんぶん赤旗」の「日本共産党の躍進に期待します」とのアピールに名前を連ねた。舩山謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国自衛隊 (劇画)

    戦国自衛隊 (劇画)から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    関ヶ原から2年後、史実より遥かに早く大坂の陣の開戦が濃厚となり、隠遁していた自衛官たちは再び集結する。援助を受けていた豪商、新納旅庵 の依頼もあり、彼らは豊臣家に味方することとなる。表立った協力は出来ないものの、島津からは武器の提供を受け、また自前で「地雷」、黒色火薬を用いた「ランチャー」、有効射程距離250mの「クロスボウ」等を開発した。しかし、近代銃器に用いる「5・56ミリ弾」は、試作してみたものの鉄ではどうしても薬莢が作れず断念。関ヶ原前に隠しておいて、結局使わずに残してあった銃などの武器があったとはいえ、兵器の不足は如何ともし難く、淀君や豊臣秀頼から与えられた兵士たちの訓練、拝領した大量の黄金を用いての砦(通称・さくら丸)の建設の合間に、岡崎にあると判明した伴天連軍(米軍)の基地に夜襲をかけ、大量の兵器、弾薬を奪うことに成功する。同じく強奪したヘリコプター(スーパースタリオン)で大坂に帰還し、直後の騒動が原因で、前回タイムスリップした自衛隊員、三田村敏八(としや)三等海曹が島たち「現代」の自衛隊と邂逅した。三田村の口から、前回の自衛隊員の末路とその後が語られ、また、この時代、世界のあらましを知っている三田村の加入を島たちも歓迎する。親子ほども歳が離れた大先輩にあたる三田村だったが、彼自身は自分はあくまで三曹だからと、上の階級の隊員には年齢を気にせず三田村と呼んで欲しいと伝えるが、隊員たちもさすがに呼び捨ては出来ず、「(三田村の)とっつぁん」「とったん」「お父さん」などの思い思いの呼び方をする事になる。一方、米軍のアダムス大尉は、総指揮官ワドル大佐のいる、越前沖に停泊していた強襲揚陸艦「エセックス」に呼び戻され詰問されるが、話し合いの中隙を付いてワドル以下幹部たちを射殺、米軍全てをその支配化に置く事に成功した。自衛隊の方はスーパースタリオン内に置かれていた米軍の糧食「MRE」を発見し、レトルトとはいえ久々の「洋食」に舌鼓を打つ。また同席していた三田村は、有利海士長から90年代以降におけるPKOなどの海外派遣の内容を教えられ、昭和に比べて自衛隊の活動内容が大幅に進歩した事を喜ぶ。なおその夜は久々の高カロリーの現代食を食べた影響で腹を下し、トイレに駆け込む隊員が続出した。翌朝、ついに徳川軍の攻撃が始まるが、自衛隊や後藤又兵衛ら浪人衆にとって頭痛の種は淀君と秀頼の存在だった。秀頼自身は決して暗愚ではない が母には逆らえず、淀君は豊臣から徳川に時代が変わっている事を理解できず、何かきっかけがあれば豊臣恩顧の大名はすぐに自分たちに味方してくれるものと信じこんでおり、大野修理と共に無理難題を押し付けてくる。軍議の席で大野に、ヘリによる爆撃を依頼された島は現在の状況を説明して、今「鉄の鳥」を飛ばすのは得策ではないと断るが、そこに淀君が介入して強制的に爆撃をさせられる事になる。戻ってきた島にそれを聞いた自衛隊員たちは呆れ返り、望月三尉は「俺たちが無限の力を持ってるとでも思ってるんだろうよ」と皮肉り、大賀剛一一曹は「こんな時代を読めない命令を出すようじゃ、残念だが豊臣は歴史通りに負ける!」と毒づく。爆撃は成功し、大坂城天守からその様子を眺める淀殿は有頂天となるが、実際は、500mは飛ぶ「抱え大筒」がヘリを掠めるなど、見た目ほどの楽勝ではなく、また隊員の一部は「スーパースタリオンの剥げかけたペイントから「エセックス」の存在を感じ取り、不安を覚える。その不安はほどなく的中した。耳を劈くような爆音を上げて、戦闘機「ハリアー」が襲来、大坂城の天守閣に威嚇射撃を射掛けた。パイロットはこのまま攻撃を続行して戦争自体を終わらせる事を宣言したが、大坂城内に蓄えられている大量の黄金を狙うアダムスはそれを城ごと吹き飛ばされてはかなわないと帰還を命じる。その頃エセックス内部では、アダムスの方針に異論を唱えた神父をはじめとする一部の兵たちが拘束されるなど、米軍も決して一枚岩ではなくなっていた。大坂城では淀君、秀頼、大野らがハリアーの圧倒的なスピードや攻撃力を見て呆然としており、秀頼はハリアーを「鉄の怪鳥」と呼び、「あれにはかなわないのではないか?」と不安を口にする。自衛隊では大賀一曹が、「どうせ歴史では豊臣が負けるんだから大野に教えてやればいい」と言い出すが、それは三田村三曹により制止され、かつての自衛隊員の末路が語られる(「)参照)。翌朝、ヘリの点検をしていたパイロットの森村は大阪湾に現れたエセックスと徳川軍の通信を傍受した。エセックス到着の知らせはさくら丸全体に伝わり、一帯は緊張感に包まれる。島以下数名はすぐに大阪城天守に上ってエセックスの姿を確認。騒ぎを聞いて駆けつけた大野修理にも双眼鏡を渡してエセックスを確認させる。その巨大さにうろたえる大野に、島は兵たちの動揺を抑える事を指示し、「伴天連軍」関連の事は自分たちに任せて欲しいと依頼する。更に翌朝、ヘリのローター音で島たちは目を覚ます。米軍の攻撃かと外に出る彼らの前にはヘリに単身乗り込み飛び立とうとする森村の姿があった。隊員唯一の既婚者だった森村は、「未来の妻子のために死ぬ」覚悟で特攻を仕掛けた。エセックスに向かって飛び立つヘリに向けて、島たちは全員敬礼で見送る。エセックス目掛けて突っ込むヘリだったが、艦砲射撃でエセックスに届く前に墜落してしまった。一方エセックス内部では米軍と徳川軍の交渉が続いていたが、徳川の使者のいない席では、豊臣と徳川の見分けが付きにくいためピンポイントで豊臣を攻撃するのは難しいという兵に対して、アダムスは無差別攻撃でいいと伝え、日本征服の野心をはっきりと口にする。偶然それを盗み聞いてしまった使者の一人は慌てて引き揚げようとするが、聞かれた事を知った米兵によってほぼ全員が射殺され、一人の忍者だけが行方不明となる。米軍の野望を知らない徳川軍はエセックス到着に気を良くして遂に総攻撃を仕掛ける。米軍も表向きは徳川の味方であるため基本は自衛隊のいる「さくら丸」に向けて攻撃を仕掛け、一帯は一大激戦区となる。スティンガーミサイルでヘリを撃墜するなど自衛隊も奮闘するものの、武器の不足は如何ともし難く、大賀一曹は思わず「武器が欲しい」と呟く。自衛隊が困っているのを感じた、かつての「島田三曹」の遺児、島田和家は米軍の武器を奪って自衛隊に届けるために、誰にも言わず自分の配下のわずかな兵だけを連れて「さくら丸」を出て行った。一方島も、このままでは勝機がないため、起死回生の策としてエセックス爆破を計画、それを聞いた大賀一曹や三好二曹も「エセックスさえなくなれば、ハリアーもヘリも帰るところがなくなる」と賛成。精鋭を選んでの潜入隊が組織された。その後、一人自室で戦略を練っている島のもとに女性自衛官・海野友江二曹が訪ねてくる。既に恋人同然の関係となっていた二人だったが、島が死を覚悟してエセックス潜入作戦を立案したのを感じた海野は、もう生きて会えないかもしれない事から「抱いてください」と島に告げる。島もそんな彼女の気持ちを汲み、二人は男女の契りを結ぶ。同じ頃、大阪城の一室では淀君と大野が密通していた。エセックス撃破計画の手始めに、まずはその下準備もあり、忍者飛助と、くのいち桐が米軍への食料運搬船に隠れてエセックス内部に忍び込み、船内の調査を始めた。アダムスの方はいよいよ「国取り」に動き出し、小型無人偵察機RQ-2(パイオニア)を使って家康のいる本陣に正確な砲撃を打ち込む。しかし徳川にとって米軍は味方のため、大坂方の砲撃と思い込んだ家康は、側近の僧、天海にアダムスへの攻撃依頼を早急にするよう命じる。しかしその後も米軍の徳川陣への砲撃は続き、結果的に自衛隊は一息吐く事ができた。隊員の多くは誤射だと思っていたが、島はその着弾の正確さから狙って砲撃している事を見破る。やがて攻撃はさくら丸にも及び、パイオニアの偵察による砲撃だと分かったところで撃墜に成功。しかしさくら丸の損傷は激しく、いよいよ放棄する時がきたと思われた。その時、秀頼が出陣したとの伝令が伝わる。淀君は大坂の陣が始まって以来、秀頼の出陣を許さなかったが、不利な戦闘の状況を見てきた秀頼は母の制止を振り切って出陣した。秀頼の出陣を知った徳川方には動揺が広がった。特に豊臣恩顧の大名たちは自軍の兵たちに、決して攻撃しないよう命じる者もあった。その時、島のもとに島田和家の配下の武将が満身創痍でたどり着き、和家が徳川兵に成りすまし、米軍の武器を盗んで島たちに届けようとしながら伊達の兵に見破られ、奮闘むなしく討ち死にしたと報告した。和家の死に、島たちは悲しみに包まれるが、その死にざまを称え、「さすが、元自衛官、島田三曹の息子だ」と賛辞を贈る。そして、遂に決行の時がきた。自衛隊は島たちエセックス潜入班と、望月三尉を隊長とする陸上の総攻撃班に別れての行動となった。激しい交戦の中、二機あるハリアーのうち一機を撃墜する事に成功する。その間に福島正則との共同作戦で、福島水軍がエセックスを攻撃している隙を突いて島たちは潜入に成功した。そして飛助の手引きで火薬庫に向かい、爆薬をセット。爆弾エキスパートの福原士長が4分後にセットするので先に逃げて下さいという指示に従って島たちは一足先に脱出する。だがそれは時限装置が無いから自分が残らなければ爆発させられないため皆に気を使わせないために福原が吐いた嘘だった。皆が脱出した時間を見計らって爆破スイッチを入れる福原。遂にエセックスは爆破された。炎に包まれるエセックスを見て、上陸していたアダムスも驚愕する。しかし、爆破には成功したものの、既に陸揚げしている武器だけでも日本征服は可能なため、まだ島は油断していなかった。そして上陸した島たちの前には徳川方である伊達政宗の軍が。爆発の衝撃でエセックス侵入班の生き残りは散り散りになり、島と一緒に行動しているのは大賀一曹と桐のみ。だが、かなわぬながらも臨戦態勢を取る島たちに向かって、敵のはずの政宗はエセックス爆破が島らの手によるものと確認するや「手柄じゃ!」と賛辞を贈る。訳が分からぬまま伊達軍と行動を共にする島たち。翌朝、伊達の本陣にて政宗から、米軍の日本征服の目的が明らかになった事で豊臣と徳川が一時的に手を結んだのだと知らされ、このまま伊達と共に戦う事を打診される。協力しようにも自分たちにはもはや銃の一つもないと島が答えかけた時、伊達の配下、「黒脛巾組」の井澤豊一郎により武器保管場所に案内される。和家が命がけで島たちに託そうとした近代兵器が遂に渡った瞬間だった。伊達の兵を新たに近代兵器を扱えるように訓練する時間も余分な弾丸もないため、島は桐を「さくら丸」に行かせてくれるよう依頼、了承された。伊達軍には島たちとは別ルートで飛助も保護されており、彼らは合流。そこで飛助の脱出の顛末も語られ、潜入時に出会っていた神父を助けたという。大賀は飛助に、お前は切支丹だったのか?と問うが、飛助は否定したうえで、自分にも分からないが気になって助けずにはいられなかったと答える。その頃米軍キャンプではアダムスが部下たちに作戦を告げており、自分たちの城のようなものであったエセックスを失った以上、拠点となる城が必要だと、大坂城をほぼ無傷で取ると宣言していた。そのために、徳川を裏切り協力を申し出てきた伊賀忍者・服部半蔵を使う事にした。しかし米軍の前線部隊には徳川・豊臣連合軍から二時間おきに攻撃と撤退が繰り返されており、休む間もない状況で兵士たちの士気も下がってきていた。それでも徳川陣に戻った半蔵の無線による指示で米軍は的確に砲撃を繰り返し、連合軍には逃げ出す兵士もいたが、その半蔵も見回りに来た柳生宗矩に米軍との内通を知られて切り捨てられた。決戦前夜、「伴天連兵の首一つに大判十枚!」「一首五百石!」などと褒賞を示して兵の士気を上げる各大将たちを目の前にして、有利海士長は「我々は本当に歴史を修正するためにこの時代に送り込まれたのか? だがあんな褒賞を約束されたなら歴史に残らないはずがないのに我々の時代には全く伝わってなかった! ここは歴史からなくなるんだ!」と取り乱すが、島は「終わらない! 歴史は続く! 俺たちの存在が無となる事はない。俺たち自身が歴史を作るんだ! 俺たちは勝つ!」と諭し、有利が落ち着いた後で改めて言う。「いや、勝つのは俺たちではないかもしれん。たぶん『勝つ』のはこの時代の人々だ。俺たちはいったい何か。どこから来たのか…しかしこれだけは確かだ! 全力を尽くさずに未来は切り開けない!!」翌日朝、米軍は大坂城へ侵攻を開始した。パイオニアを失った米軍は上空からのヘリの監視に従って機銃掃射や迫撃砲で連合軍を砲撃。海上では大砲を装備した福島水軍と米軍のLCACが交戦していた。また陸上では、関ヶ原では武功を上げられなかった宮本武蔵(たけぞう)が、今度こそ武功を挙げて侍大将にならんとの野望を持って臨戦していた。戦況はいよいよ激しくなってきた。連合軍の人海戦術とゲリラ戦法、自衛隊の近代銃器の前に米軍は次第に追い詰められて行く。大坂城の堀から侵入し、階段を上る装甲車は上から大量の油を流された事で滑って堀に転覆したところを三田村の指示で火炎弾を落とされて炎上した。その戦いの中、自衛隊員も一人また一人と命を散らして行く。米軍でも遂に弾切れになった兵士たちの悲鳴が聞こえてくる。島も銃撃しながらそんな米兵たちに心の中で詫びていた。詫びたうえで、我々も米軍も、この世界にいてはならない存在なのだと語りかけていた。そして残っていたハリアーも自衛隊の作戦によって撃墜され、パイロットが脱出して無人となったハリアーはそのまま大坂城天守閣に突っ込み、淀君や大野修理が犠牲となった。秀頼は穴山三曹や飛助と共に行動していたため難を逃れており、彼らはそのまま城を捨てて秀頼を逃がすために地下の抜け道を通って脱出に入った。だがその途中、「土蜘蛛」と呼ばれる殺人鬼が一行を襲う。共に行軍していた海野二曹や秀頼を守るため、穴山は「土蜘蛛」にしがみつき、自分ごと撃って殺すよう海野に叫ぶ。土蜘蛛が持っていた刃物で穴山が滅多刺しにされるのを見た海野も泣きながら拳銃を撃ちまくり、穴山ごと「土蜘蛛」を射殺した。激戦の中アダムスを見つけた島はついに最終決戦を挑む。共に銃がない中、刃物と格闘術だけで一進一退の攻防を続ける島とアダムス。同じ頃、大賀一曹は混戦の中行方不明となり、望月三尉は米軍が苦し紛れに撃ったグレネード弾を額に受け(弾丸は近すぎたため破裂しなかった)、有利海士長も「歴史の修正などできない。ここは我々の世界の過去ではない。新しい世界を創造するためのきっかけ、それが我々の役目なんだ」と悟りながら共に死んでいった。そしてお互いが満身創痍になり、最後の決着を付けようと島とアダムスが相手に突進したところで大きな爆発が両者を包んだ。爆発が収まった頃、既に米兵の首をいくつも取った宮本武蔵は、島とアダムスが戦っていた場所で、島のコンパスを見つけた。戦いが終わり、三田村、飛助、桐、海野の四人は堺の豪商、新納旅庵の山荘に身を寄せていた。米軍が壊滅した事で、大坂の残党と徳川が再び争う事態になっていたため、匿ってもらっていた。秀頼は彼らとは別ルートで薩摩兵と共に薩摩へと向かい、消息は不明となっていた。そして海野は気鬱の病にかかり、同時に島の子を身篭っており、このままこの地で出産し、慶長九年正月十日にその短い生涯を閉じた。それから三ヶ月。徳川の詮議が及んできた事でこの地を去る事になった桐、飛助、三田村、そして島と海野の子「時貞」は海野の墓前で別れを告げる。三田村は年老いた自分が足手まといになるのを良しとせず三人とは別の道を行くと告げ、縁があればまた会えようと涙する。別れ際、三田村は時貞を抱き、「父と母のように強くなれ」と言葉をかけた。時は容赦なく全てを奪い、またこの世に新しい生命を与えた。しかし、同時にこの無垢な赤子に新たな使命が与えられた事を知るものは、まだ誰もいなかった。 戦国自衛隊 (劇画) フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュマスター (装甲車)

    ブッシュマスター (装甲車)から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    その後、2015年3月に海外派遣や国内有事の際の緊急展開部隊である中央即応連隊の「誘導輸送隊」に配備され、2015年12月に実施された「平成27年度在外邦人等輸送訓練」で初めて公開された。ブッシュマスター (装甲車) フレッシュアイペディアより)

  • 第5後方支援隊

    第5後方支援隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第5後方支援隊(だいごこうほうしえんたい、JGSDF 5th Logistic Support Troop)は、北海道帯広市の帯広駐屯地に駐屯する第5旅団の隷下部隊である。旅団の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。第5後方支援隊 フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード