116件中 81 - 90件表示
  • 第1輸送隊

    第1輸送隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第1輸送隊は、カンボジアへの海上輸送任務やクウェートへの陸上自衛隊派遣隊の機材・車両等輸送任務など、海外派遣任務が多い部隊である。第1輸送隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第5施設群

    第5施設群から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第5施設群(だいごしせつぐん、JGSDF 5th Engineer Group(Construction))は、新潟県上越市の高田駐屯地に駐屯する第1施設団の隷下部隊である。施設科部隊としてさまざまな災害派遣や国際貢献活動で活躍している。第5施設群 フレッシュアイペディアより)

  • 第8師団 (陸上自衛隊)

    第8師団 (陸上自衛隊)から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    九州南部(熊本県、宮崎県、鹿児島県)の防衛警備、災害派遣を任務とするほか、民生協力及び国際貢献活動を行っている。冷戦終結後は台湾問題、南西諸島有事が懸念され、担任区域に約960個の離島を抱える地域的特性がある本師団の重要性が増している。そのため、米国にて米海兵隊との島嶼防衛に関する共同訓練を行なうなど地域特性に応じた能力の向上に努めている。第8師団 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 第1施設団

    第1施設団から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第1施設団(だいいちしせつだん、JGSDF 1st Engineer Brigade)は、陸上自衛隊の施設団のひとつ。東部方面隊隷下にあり、方面隊の各部隊に施設作業支援や災害派遣を任務とするほか国際貢献活動および民生協力を行う。第1施設団 フレッシュアイペディアより)

  • 護衛艦隊

    護衛艦隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    また2006年(平成18年)4月には、自衛隊海外派遣任務の増加に伴い、補給艦の機動的運用の必要性が高まったことを受けて補給艦5隻による第1海上補給隊(横須賀)が編成された。また、それまで自衛艦隊直轄であった第1輸送隊が護衛艦隊直轄に編成替えされた。護衛艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第2師団 (陸上自衛隊)

    第2師団 (陸上自衛隊)から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第2師団(だいにしだん、JGSDF 2nd Division)は、陸上自衛隊の師団のひとつ。北部方面隊隷下。師団司令部を旭川市の旭川駐屯地に置き、北海道道北の防衛警備、災害派遣を任務とするほか、民生協力及び国際貢献活動を行っている。第2師団 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 1954年

    1954年から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    6月2日 - 参議院、「自衛隊の海外出動(≒自衛隊海外派遣)を為さざることに関する決議」を全会一致で可決。1954年 フレッシュアイペディアより)

  • 第1師団 (陸上自衛隊)

    第1師団 (陸上自衛隊)から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    第1師団(だいいちしだん、JGSDF 1st Division)は、陸上自衛隊の師団のひとつ。東部方面隊隷下の政経中枢師団で司令部を東京都練馬区の練馬駐屯地に置く。3個普通科連隊を基幹とし、首都圏(東京、神奈川、埼玉、静岡、山梨、千葉、茨城)の防衛警備、災害派遣を任務とするほか、民生協力及び国際貢献活動を行っている。第1師団 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸戦争

    湾岸戦争から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    これを受けて日本政府は、国連平和維持活動(PKO)への参加を可能にするPKO協力法を成立させ、ペルシャ湾の機雷除去を目的として海上自衛隊の掃海艇を派遣、自衛隊の海外派遣を実現させた(自衛隊ペルシャ湾派遣)。これを「自衛隊の海外派遣」として反対する運動が高まり、国内を二分した。なおこれに代わり多額の援助を諸国にもっと評価させるべきとの主張もなされた。湾岸戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 戦後

    戦後から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    6月5日 - 9月11日 初の自衛隊海外派遣(海上自衛隊のペルシャ湾派遣)。戦後 フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード