122件中 81 - 90件表示
  • 中部方面後方支援隊

    中部方面後方支援隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    中部方面後方支援隊(ちゅうぶほうめんこうほうしえんたい、JGSDF Middle Army Logistic Support Troop)は、京都府京都市の桂駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊中部方面隊隷下の後方支援部隊である。方面隊直轄部隊の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。中部方面後方支援隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の軍事

    日本の軍事から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    1992年のPKO法、1999年の周辺事態法、2001年のテロ対策特別措置法、2003年の有事法制・イラク特措法などは、野党より専守防衛を離れ、積極的な自衛隊海外派遣を可能にするものとして批判を受けたが、年代が下るにつれ、国会では圧倒的多数で成立するようになった(ただし、イラク戦争の大義名分が問われたイラク特措法はやや様相が異なる)。日本の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とカンボジアの関係

    日本とカンボジアの関係から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    日本は1992年以降政府開発援助(ODA)において2010年時点で19.6億ドル(対カンボジアODA額全体の18%)を援助し、カンボジアにとって最大の開発援助国となっている。また、ペルシャ湾派遣に続く2度目の自衛隊の海外派遣、カンボジア派遣が行われた。日本とカンボジアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 澤藤統一郎

    澤藤統一郎から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    盛岡市生まれ。1971年東京弁護士会に弁護士登録。憲法・司法・労働・教育・消費者・医療・薬害・宗教の分野に関心を持ち、豊田商事事件、霊視商法、スモン、未熟児網膜症、靖国神社問題関連訴訟、岩手銀行女子行員家族手当差別事件、自衛隊海外派遣違憲訴訟(湾岸戦争戦費支出差止請求事件)、東京日の丸君が代強制違憲訴訟などに関わった。元日本民主法律家協会事務局長、元日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員長、元東京弁護士会消費者委員長。公益財団法人第五福竜丸平和協会監事。澤藤統一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡郁子

    谷岡郁子から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    2009年2月3日に開催された民主党外交防衛部門会議で長島昭久が提案し、党幹事長鳩山由紀夫も「政権交代の暁に、積極的、前向きに検討する」と明言していたソマリア沖の海賊対策のための自衛隊海外派遣に関連して、「まず民間船舶会社の自己責任と国の責任の区別をきちっとすべきだ」と発言して海賊被害は民間船舶会社の自己責任との持論を展開し、自民党議員から「民主党はいまごろ『海賊って何だ』という議論をしていて、大丈夫なのか」との批判があがった。谷岡郁子 フレッシュアイペディアより)

  • とわだ型補給艦

    とわだ型補給艦から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    漫画・アニメ版の第1話にて、架空の4番艦「あまぎ」が登場。架空のイージス護衛艦「みらい」などと共に、海外派遣のため横須賀基地から出航する。とわだ型補給艦 フレッシュアイペディアより)

  • 沈黙の艦隊

    沈黙の艦隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    連載当初から話題にはなっていたが、一番注目されたのは湾岸戦争が勃発してPKOによる自衛隊派遣、憲法9条問題などが話題となっていた時期であり、1990年5月29日の衆議院内閣委員会では、山口那津男が石川要三防衛庁長官に対し「防衛庁長官はこの作品はお読みになったことございますか」と質問している。沈黙の艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 中央情報隊

    中央情報隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    中央情報隊には「あらゆる情報を一元的かつ専門的に処理して部隊の情報業務を支援する」役割が期待されている。中央情報隊の新編構想が出てきた背景には、これまで連隊(例えば各普通科連隊には本部管理中隊情報小隊が置かれている)や中隊レベルで収集していた偵察部隊からの敵部隊に関する情報や作戦情報などが必ずしも上級部隊と双方向に迅速、的確に流れていたわけではなかったことなどがある。作戦情報などに関して一元化し、各部隊が共有でき、迅速・的確に対応できる新たな情報組織の必要性が高まっていたものに基づく。また、海外で人間相手の情報工作を担当するヒューミント部隊である現地情報隊を新設し、自衛隊海外派遣のとき、先遣隊として現地入りし、情報収集に従事させるとしている。中央情報隊 フレッシュアイペディアより)

  • 重火器

    重火器から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    日本では自衛隊海外派遣に関する議論の中で、自衛隊が携行する武器は小火器に限定するという文言から、「小火器とは何か」という議論が起きた。最終的に自衛隊が携行できる武器に重機関銃や、迫撃砲、携帯対戦車ロケット砲などが含まれないことになったので、結果的にはこれらを重火器として扱ったことになる。重火器 フレッシュアイペディアより)

  • 北部方面後方支援隊

    北部方面後方支援隊から見た自衛隊海外派遣自衛隊海外派遣

    北部方面後方支援隊(ほくぶほうめんこうほうしえんたい、JGSDF Northern Army Logistic Support Troop)は、北海道恵庭市の島松駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊北部方面隊隷下の後方支援部隊である。方面隊直轄部隊の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。平成11年度末に北部方面武器隊、北部方面輸送隊、北部方面総監直轄部隊の整備部隊・要員を統合し新編された。北部方面後方支援隊 フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード