120件中 91 - 100件表示
  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た戦闘

    各自衛隊は、設立当初より日本国憲法第9条の制約があり、専守防衛のための「必要最少限度の実力」として整備が進められた。海外展開能力は、それを超えるものとして忌避され、政府としても海外展開を行なわないようにしてきた。発足直前の1954年(昭和29年)6月2日には、参議院で「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」(自衛隊の海外出動をしないことに関する決議)がなされた。冷戦の後期になると、アメリカ軍に限った海外での共同演習が行なわれるようになり、海上自衛隊が1980年(昭和55年)から環太平洋合同演習(Rimpac)に参加している。冷戦の終結や好景気を背景とした日本の海外進出の進展による国民意識の変化などもあり、1991年(平成3年)に自衛隊の実任務として初めて掃海部隊の自衛隊ペルシャ湾派遣を行うこととなる。これを嚆矢に、武力紛争に巻き込まれる恐れが少ない地域を中心に、救難、輸送、土木工事などの後方支援(兵站)、司令部要員などへ、非武装ないし軽武装の要員・部隊を派遣するようになった。直接の戦闘は、経験していない。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たくにさき (輸送艦)

    2005年(平成17年)1月12日?3月22日。輸送艦「くにさき」、護衛艦「くらま」、補給艦「ときわ」、人員約640名をナングロ・アチェ・ダルサラーム州の周辺に派遣し、航空端末輸送により物資約1.3t、人員128名、海上輸送により重機等34両を輸送。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た環太平洋合同演習

    各自衛隊は、設立当初より日本国憲法第9条の制約があり、専守防衛のための「必要最少限度の実力」として整備が進められた。海外展開能力は、それを超えるものとして忌避され、政府としても海外展開を行なわないようにしてきた。発足直前の1954年(昭和29年)6月2日には、参議院で「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」(自衛隊の海外出動をしないことに関する決議)がなされた。冷戦の後期になると、アメリカ軍に限った海外での共同演習が行なわれるようになり、海上自衛隊が1980年(昭和55年)から環太平洋合同演習(Rimpac)に参加している。冷戦の終結や好景気を背景とした日本の海外進出の進展による国民意識の変化などもあり、1991年(平成3年)に自衛隊の実任務として初めて掃海部隊の自衛隊ペルシャ湾派遣を行うこととなる。これを嚆矢に、武力紛争に巻き込まれる恐れが少ない地域を中心に、救難、輸送、土木工事などの後方支援(兵站)、司令部要員などへ、非武装ないし軽武装の要員・部隊を派遣するようになった。直接の戦闘は、経験していない。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たプーケット県

    2004年(平成16年)12月28日?2005年(平成17年)1月1日。護衛艦「きりしま」、「たかなみ」、補給艦「はまな」、人員約600名をプーケット県の周辺海域に派遣。同部隊は、自衛隊インド洋派遣を引き継ぎ、帰国途中の部隊であった。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た兵站

    各自衛隊は、設立当初より日本国憲法第9条の制約があり、専守防衛のための「必要最少限度の実力」として整備が進められた。海外展開能力は、それを超えるものとして忌避され、政府としても海外展開を行なわないようにしてきた。発足直前の1954年(昭和29年)6月2日には、参議院で「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」(自衛隊の海外出動をしないことに関する決議)がなされた。冷戦の後期になると、アメリカ軍に限った海外での共同演習が行なわれるようになり、海上自衛隊が1980年(昭和55年)から環太平洋合同演習(Rimpac)に参加している。冷戦の終結や好景気を背景とした日本の海外進出の進展による国民意識の変化などもあり、1991年(平成3年)に自衛隊の実任務として初めて掃海部隊の自衛隊ペルシャ湾派遣を行うこととなる。これを嚆矢に、武力紛争に巻き込まれる恐れが少ない地域を中心に、救難、輸送、土木工事などの後方支援(兵站)、司令部要員などへ、非武装ないし軽武装の要員・部隊を派遣するようになった。直接の戦闘は、経験していない。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たゴラン高原

    1996年(平成8年)2月1日?2013年(平成25年)1月15日。イスラエル・シリアの国境地帯に位置するゴラン高原に展開。司令部要員2名、ゴラン高原派遣輸送隊43名。武装は、拳銃・小銃・機関銃のみ。シリア騒乱による現地の治安悪化を理由に2013年(平成25年)1月に撤収を完了。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たイスラエル

    1996年(平成8年)2月1日?2013年(平成25年)1月15日。イスラエル・シリアの国境地帯に位置するゴラン高原に展開。司令部要員2名、ゴラン高原派遣輸送隊43名。武装は、拳銃・小銃・機関銃のみ。シリア騒乱による現地の治安悪化を理由に2013年(平成25年)1月に撤収を完了。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た参議院

    各自衛隊は、設立当初より日本国憲法第9条の制約があり、専守防衛のための「必要最少限度の実力」として整備が進められた。海外展開能力は、それを超えるものとして忌避され、政府としても海外展開を行なわないようにしてきた。発足直前の1954年(昭和29年)6月2日には、参議院で「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」(自衛隊の海外出動をしないことに関する決議)がなされた。冷戦の後期になると、アメリカ軍に限った海外での共同演習が行なわれるようになり、海上自衛隊が1980年(昭和55年)から環太平洋合同演習(Rimpac)に参加している。冷戦の終結や好景気を背景とした日本の海外進出の進展による国民意識の変化などもあり、1991年(平成3年)に自衛隊の実任務として初めて掃海部隊の自衛隊ペルシャ湾派遣を行うこととなる。これを嚆矢に、武力紛争に巻き込まれる恐れが少ない地域を中心に、救難、輸送、土木工事などの後方支援(兵站)、司令部要員などへ、非武装ないし軽武装の要員・部隊を派遣するようになった。直接の戦闘は、経験していない。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た第5旅団 (陸上自衛隊)

    2005年(平成17年)10月11日長官指示、10月12日(先遣隊20名出発)?12月1日全員帰国。陸上自衛隊北部方面隊第5旅団を基幹に、パキスタン国際緊急航空援助隊(当初UH-1を3機、後にUH-1を3機増援し、合計6機)を編成し、援助活動に関する空輸。航空自衛隊は、パキスタン国際緊急援助空輸隊等を編成し、C-130H4機、日本国政府専用機2機を使い、陸上自衛隊の国際緊急援助隊を空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た地雷

    これまでの自衛隊の海外派遣は、直接の武力行使を目的とせず、復興支援、地雷・機雷などの除去、災害救助、アメリカ軍の後方支援などを目的とする。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード