120件中 21 - 30件表示
  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た日本

    自衛隊海外派遣(じえいたいかいがいはけん)では、自衛隊の日本国外(海外)への派遣について記す。日本は、1989年(平成元年)の冷戦終結による緊張緩和、及び1991年(平成3年)の初頭に勃発した湾岸戦争により、それまでの活動の枠を超えた積極的な国際協力を求められるようになり、自衛隊ペルシャ湾派遣を契機に開始した。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た兵士

    一部の革新政党や反戦運動団体など自衛隊の海外派遣に批判的な立場から、「自衛隊海外派兵(じえいたいかいがいはへい)」と呼称されることがある。これに対し、「派兵」とは、特に武力行使を目的とした兵士の派遣のことを指すのであるから、間違いである、とする立場が存在する一方、単に(目的に関わらず)『兵士(戦時国際法やハーグ陸戦条約の上で定義される戦闘員)』を派遣することを指すのであるから、何ら問題ない、と反論される。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た防衛省

    2006年(平成18年)12月 - 防衛庁から防衛省へ昇格し、海外派遣を本来任務とする改正防衛省設置法・自衛隊法成立。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たイラク

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たC-130 (航空機)

    7月17日?8月12日。空輸部隊98名。C-130Hによるヨルダンのアンマンとイタリアのブリンディシとの間の空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た中央即応集団

    2010年(平成22年)9月?2012年(平成24年)9月。軍事監視要員として2名を中央即応集団から派遣。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たUH-1 (航空機)

    2005年(平成17年)10月11日長官指示、10月12日(先遣隊20名出発)?12月1日全員帰国。陸上自衛隊北部方面隊第5旅団を基幹に、パキスタン国際緊急航空援助隊(当初UH-1を3機、後にUH-1を3機増援し、合計6機)を編成し、援助活動に関する空輸。航空自衛隊は、パキスタン国際緊急援助空輸隊等を編成し、C-130H4機、日本国政府専用機2機を使い、陸上自衛隊の国際緊急援助隊を空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たクウェート

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た日本国政府専用機

    2005年(平成17年)10月11日長官指示、10月12日(先遣隊20名出発)?12月1日全員帰国。陸上自衛隊北部方面隊第5旅団を基幹に、パキスタン国際緊急航空援助隊(当初UH-1を3機、後にUH-1を3機増援し、合計6機)を編成し、援助活動に関する空輸。航空自衛隊は、パキスタン国際緊急援助空輸隊等を編成し、C-130H4機、日本国政府専用機2機を使い、陸上自衛隊の国際緊急援助隊を空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たガルフストリーム IV

    2006年(平成18年)5月31日長官命令、6月1日(先遣隊20名弱出発)?6月13日終結命令、6月21日全員帰国。陸上自衛隊は、医療部隊50名・追加100名でジョグジャカルタ近郊住民の治療。航空自衛隊は、C-130H×2機(予備機としてC-130H×1、U-4×1)による空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

120件中 21 - 30件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード