154件中 21 - 30件表示
  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た世論調査

    自衛隊の海外派遣が検討されるようになったのは、1983年1月の中曽根康弘内閣である。この時、毎日新聞が行った世論調査では、反対が7割を超えていた。この時、イラン・イラク戦争でのペルシャ湾の機雷除去を行うという話もあったが、実現には至らなかった。その後、イラクがクウェートに侵攻した直後も、自衛隊の海外派遣は賛成が13%、反対は53%であり、反対が強かった。しかし、湾岸戦争突入後、世論は賛成に傾き、賛成48%、反対47%と、賛成がわずかに上回るようになる。国会での議論の結果、自衛隊はペルシャ湾に派遣され、99日間にわたり掃海活動を行い、日本の国際的評価を高めた。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た日本国政府専用機

    2005年(平成17年)10月11日長官指示、10月12日(先遣隊20名出発)?12月1日全員帰国。陸上自衛隊北部方面隊第5旅団を基幹に、パキスタン国際緊急航空援助隊(当初UH-1を3機、後にUH-1を3機増援し、合計6機)を編成し、援助活動に関する空輸。航空自衛隊は、パキスタン国際緊急援助空輸隊等を編成し、C-130H4機、日本国政府専用機2機を使い、陸上自衛隊の国際緊急援助隊を空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た自衛隊ペルシャ湾派遣

    自衛隊海外派遣(じえいたいかいがいはけん)では、自衛隊の日本国外(海外)への派遣について記す。日本は、1989年(平成元年)の冷戦終結による緊張緩和、及び1991年(平成3年)の初頭に勃発した湾岸戦争により、それまでの活動の枠を超えた積極的な国際協力を求められるようになり、自衛隊ペルシャ湾派遣を契機に開始した。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たイラク

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たC-130 (航空機)

    7月17日?8月12日。空輸部隊98名。C-130Hによるヨルダンのアンマンとイタリアのブリンディシとの間の空輸。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た機雷

    これまでの自衛隊の海外派遣は、直接の武力行使を目的とせず、復興支援、地雷・機雷などの除去、災害救助、アメリカ軍の後方支援などを目的とする。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たクウェート

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たペルシャ湾

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律

    また、1987年に国際緊急援助隊の派遣に関する法律が施行されたのに合わせて国際緊急援助隊(JDR)としても派遣される。1992年にPKO法成立とJDR法改正により、紛争に起因する戦災がPKOそれ以外の自然災害がJDRという区分になった。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た国際緊急援助隊

    また、1987年に国際緊急援助隊の派遣に関する法律が施行されたのに合わせて国際緊急援助隊(JDR)としても派遣される。1992年にPKO法成立とJDR法改正により、紛争に起因する戦災がPKOそれ以外の自然災害がJDRという区分になった。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

154件中 21 - 30件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード