120件中 31 - 40件表示
  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たアフガニスタン紛争 (2001年-)

    2001年(平成13年)10月 - 対テロ戦争(アフガニスタン紛争 \(2001年-\))始まる。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た北朝鮮核問題

    1993年(平成5年) - 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核拡散防止条約(NPT)脱退、ノドン準中距離弾道ミサイル試射(北朝鮮核問題)。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たロシア海軍

    2005年(平成17年)8月5日?8月7日15時。ロシア・カムチャツカ半島周辺海域におけるロシア海軍の潜水艇(AS28型潜水艇、7人乗組)の救難のため、艦艇4隻、人員約370名を派遣。日本隊の到着前にイギリス海軍などによって救助されたことから、帰国。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た吉林省

    日本政府は、中華人民共和国政府と共に、旧満州国地域(中国東北地方)において関東軍が遺棄したとされる化学兵器の発掘・回収・処理を行っている。防衛省は、事業の日本側窓口である内閣府遺棄化学兵器処理担当室の依頼を受け、陸上自衛隊の化学兵器担当官などを2000年(平成12年)より吉林省へ派遣している(2007年(平成19年)に7度目の派遣)。業務内容は、砲弾の識別、砲弾の汚染の有無の確認、作業員の安全管理などである。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た国際連合東ティモール支援団

    国際連合東ティモール暫定行政機構(UNTAET・当初) → 国際連合東ティモール支援団(UNMISET・2002年(平成14年)5月20日?)自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た64式7.62mm小銃

    1992年(平成4年)9月17日?1993年(平成5年)9月26日。停戦監視要員8名、陸上自衛隊のカンボジア派遣施設大隊600名。武装は、拳銃(9mm拳銃)・64式7\.62mm小銃・82式指揮通信車。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た朝鮮民主主義人民共和国

    1993年(平成5年) - 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核拡散防止条約(NPT)脱退、ノドン準中距離弾道ミサイル試射(北朝鮮核問題)。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たテポドン1号

    1998年(平成10年)8月 - 北朝鮮がテポドン1号ミサイルを試射。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た司令部

    各自衛隊は、設立当初より日本国憲法第9条の制約があり、専守防衛のための「必要最少限度の実力」として整備が進められた。海外展開能力は、それを超えるものとして忌避され、政府としても海外展開を行なわないようにしてきた。発足直前の1954年(昭和29年)6月2日には、参議院で「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」(自衛隊の海外出動をしないことに関する決議)がなされた。冷戦の後期になると、アメリカ軍に限った海外での共同演習が行なわれるようになり、海上自衛隊が1980年(昭和55年)から環太平洋合同演習(Rimpac)に参加している。冷戦の終結や好景気を背景とした日本の海外進出の進展による国民意識の変化などもあり、1991年(平成3年)に自衛隊の実任務として初めて掃海部隊の自衛隊ペルシャ湾派遣を行うこととなる。これを嚆矢に、武力紛争に巻き込まれる恐れが少ない地域を中心に、救難、輸送、土木工事などの後方支援(兵站)、司令部要員などへ、非武装ないし軽武装の要員・部隊を派遣するようになった。直接の戦闘は、経験していない。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た台湾海峡危機

    1996年(平成8年)3月 - 中華民国(台湾)の李登輝総統就任による台湾海峡危機、中国人民解放軍の大規模演習。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「自衛隊海外派遣」のニューストピックワード