前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た宮田工業

    現在の自転車の原形である安全型自転車が出来上がったのは1885年(明治18年)で、この時期に日本への輸入も始まっている。国産化も早く進み、宮田製銃所(現宮田工業)が国産第1号を製作したのは1890年(明治23年)である。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た飲酒運転

    自転車の違反行為に対しては、自動車等と同じく罰則規定が適用されることになっている。しかし、自転車利用者の違反行為に対する処分は、自動車等の一般的な反則を対象とするいわゆる交通反則通告制度(青切符)ではなく、即時、刑事手続きの下(赤切符)で進められることになるので実際の適用件数は少ない。警察庁は2006年4月『交通安全対策推進プログラム』を策定し、「悪質自転車対策」として「自転車利用者による交通違反の指導取締りの強化」を打ち出し、「酒酔い運転、信号無視、一時不停止、無灯火等の悪質・危険な違反については積極的に検挙する」とした。同月13日には、通達『自転車利用者に対する交通指導取締りの強化について』を出した。警察庁のまとめによると、2007年1月から9月までに摘発(逮捕・書類送検・赤切符交付)された人数は599人にのぼり、前年1年間の585人を上回り、4年前の約5倍に当たる。警察官による指導・警告は2007年1月から9月までの期間で134万件、2006年は145万件であった。警察では、違反した自転車利用者に対して、まず指導・警告をし、従わない場合摘発をすることとしている。京都府警察は2011年12月以降、信号無視や飲酒運転など、自転車での交通違反でも特に悪質なものに対し、赤切符(刑事処分対象)を発行することとしている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た高千穂遙

    ヒルクライマー(高千穂遙 2009年)日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た斎藤純

    銀輪の覇者(斎藤純 2004年)日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た川西蘭

    セカンドウィンド(川西蘭 2007年〜)日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た田中久重

    日本に西洋式自転車が初めて持ち込まれたのは慶応年間で、ミショー型(ベロシペード)であったと推定されているが、ほとんど記録がなく詳細は不明である。この形式は、イギリスでボーンシェーカー(Boneshaker, 背骨ゆすり)とも呼ばれた。1980年代頃までは1870年(明治3年)に持ち込まれたとの説が定説とされてきた。日本での自転車製作も明治維新前後には始まっていたものとみられている。からくり儀右衛門の異名をもつ田中久重が、1868年(明治元年)頃、自転車を製造したとの記録が残っている。ただし現物や本人による記録が伝わっていないため、久重による製造の真偽は定かでない。初期の日本国産自転車の製造には、車大工や鉄砲鍛冶の技術が活かされた。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た近藤史恵

    サクリファイス、エデン、サヴァイヴ(2007年、2010年、2011年 近藤史恵日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た第一次世界大戦

    初め日本の自転車市場はアメリカからの輸入車が大部分を占めていたが、明治末期になるとイギリス車が急増した。この後第一次世界大戦により輸入が途絶えたことをきっかけに、国産化が急激に進んだ。このとき規格や形式の大部分でイギリスのロードスターを基にしたが、米1俵(60キログラム)程度の小形荷物の運搬用途や日本人の体格を考慮したことで一つの様式が確立し、日本独特の実用車が現れた。この頃の日本の道路は自動車の走行に適してはいないため、運搬に自転車が使われ、自転車で運べない大きな荷物は荷車(特に馬力によるもの)で運ばれることが多かった。まだ自転車の価格が大学初任給を上回り、家財・耐久消費財といった位置ではあるものの、庶民の手にも入るようになり、1960年代半ば頃まで、実用車は日本の自転車の主流であり続けた。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た自己破産

    歩道における歩行者優先の義務が遵守されないことが多い。歩道において、ベルで歩行者を排除しようとする行為は、第63条の4第2項に違反する行為であり2万円以下の罰金が科される。自転車対歩行者の事故は1995年の563件から2005年の2576件と、10年間で約4.6倍に急増している 。時として重傷や死亡事故を引き起こす。人を死傷させた場合は重過失致死傷罪(5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金)に問われ得る。さらに無保険状態では、巨額の損害賠償金を自己負担し、あるいは自己破産することや破産宣告を受けることもある。こういったことから自転車保険への加入が奨励されている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た重過失致死傷罪

    歩道における歩行者優先の義務が遵守されないことが多い。歩道において、ベルで歩行者を排除しようとする行為は、第63条の4第2項に違反する行為であり2万円以下の罰金が科される。自転車対歩行者の事故は1995年の563件から2005年の2576件と、10年間で約4.6倍に急増している 。時として重傷や死亡事故を引き起こす。人を死傷させた場合は重過失致死傷罪(5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金)に問われ得る。さらに無保険状態では、巨額の損害賠償金を自己負担し、あるいは自己破産することや破産宣告を受けることもある。こういったことから自転車保険への加入が奨励されている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示

「自転車を巡る問題」のニューストピックワード