125件中 41 - 50件表示
  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た視覚障害者

    このほか視覚障害者が使用する白杖に、自転車が衝突する事故も多発している。白杖の修理依頼の6割超が、自転車との衝突で折損したものであるとされる。加害者である自転車は、ほとんど逃げているもようで、視覚障害者らからは怒りの声が多数上がっている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た東京府

    1870年、東京・南八丁堀5丁目の竹内寅次郎という彫刻職人が「自転車」と名付けた三輪の車(ラントン型と考えられている)について、4月29日付の願書で東京府に製造・販売の許可を求めた。この願書は「自転車」という言葉の最古の使用例とされ、東京都公文書館に保存されている「庚午府治類纂」舟車之部という文書綴りに収められている。東京府の担当官による実地運転を経て、5月に許可が下り、7月には日本初の自転車取締規則が制定された。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た発電機

    自転車の前照灯は、従来、車輪の回転を利用した発電機(ブロックダイナモ)を電源とすることが多かった。この方式では点灯時は消灯時に比べ、肉体的負担が増す。日本発電ランプ工業会の調査によると、ランプ装着率は100%に近いものの、点灯率は25〜27%であるという。2000年代半ば頃以降、高輝度で省電力のLEDランプが安価になり、一般用自転車・スポーツ自転車双方で普及しつつある。一般用自転車を中心に走行時の抵抗がほとんどないハブダイナモを電源とするものも現れている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た消費生活用製品安全法

    一方、低品質な自転車も問題になっている。1990年代以降量販店をはじめ、一般的な自転車店でも売られるようになった低価格な輸入製品の中には、JISをはじめとした日本国内の安全基準に適合しないものもある。これは輸入品に関しては輸出国の安全基準を満たしていれば日本国内で販売できることによる。外見は国内の規格に適合した製品と変わらないため、こうした安価な製品が消費者に選ばれる傾向にある。自転車業界は、基準を満たさない製品の販売を禁止するPSC制度を自転車にも適用するよう申し入れているが、対象にならなかったため業界の自主的な安全基準「自転車協会認証」(BAA) を導入した。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た自転車漫画

    自転車漫画 … 自転車を題材にした漫画の一覧日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た禁錮

    歩道における歩行者優先の義務が遵守されないことが多い。歩道において、ベルで歩行者を排除しようとする行為は、第63条の4第2項に違反する行為であり2万円以下の罰金が科される。自転車対歩行者の事故は1995年の563件から2005年の2576件と、10年間で約4.6倍に急増している 。時として重傷や死亡事故を引き起こす。人を死傷させた場合は重過失致死傷罪(5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金)に問われ得る。さらに無保険状態では、巨額の損害賠償金を自己負担し、あるいは自己破産することや破産宣告を受けることもある。こういったことから自転車保険への加入が奨励されている。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た努力義務

    3人乗りは、16歳以上の者が幼児用座席に幼児を1人乗車させ、幼児1人をひも等で確実に背負う場合に限り、一部の公安委員会で例外的に認められていた。しかし都市部の幼稚園や保育施設の周辺などでは、本来認められない幼児用座席を二つ取り付けた3人乗りが日常的に見られる光景となっている。警察は、こうした3人乗りについて2008年春の「交通の方法に関する教則」改正に合わせて禁止行為であることを周知徹底する方針を明らかにしたが、2009年7月「幼児二人同乗用自転車」の基準に適合した自転車の使用を前提に解禁した。2007年の改正で新設され、2008年6月に施行された第63条の10では、自転車に乗車する幼児・児童にヘルメットを着用させる努力義務を保護者に課している。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見たリヤカー

    道路交通法上、側車(サイドカー)付きのもの及び他の車両(リヤカー)を牽引しているものを除いて、二輪・三輪の自転車を押して歩いている者は歩行者として扱われる。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見た科料

    以下本節において、条文番号は断りのない限り道路交通法のものであり、「罰金又は科料」を単に罰金と表記する。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自転車

    日本の自転車から見たトラックレーサー

    前照灯の不良(照度の不足、光軸のずれ、赤色の使用、球切れ)、後部リフレクタ(反射器材)の損傷や欠損、タイヤの空気圧不足、ブレーキの効きの悪い状態の放置といった整備不良がある。スポーツ車では、前照灯や尾灯(または後部リフレクタ)の未装備などの事例が見られる。2007年前後から流行しだした両輪または片方の車輪にブレーキを装備しないトラックレーサー(ノーブレーキピスト)が、本来認められない公道を走っていることが問題となっている。自転車には車検制度がないが、自転車安全整備制度(TSマーク制度)があり、付帯する保険の期限が1年となっていることで、定期的な点検を促している。一般的に自転車の取扱説明書には、初期点検と定期点検を奨励する文言がある。日本の自転車 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「自転車を巡る問題」のニューストピックワード