1607件中 61 - 70件表示
  • 差動装置

    差動装置から見た自転車自転車

    差動歯車ではないが、同じ効果を狙ったものとしてミニ四駆のグレードアップパーツ「ワンウェイホイール」(四輪駆動車のフリーハブに近い構造)がある。機構としては自転車に使われているものと全く同じで、これはホイール内部にピニオンギアを入れ、コーナリング時に外側のタイヤを空転させることで、コーナリング抵抗をなくすものである。また、電動ラジコンカーなどでは、フロントデフにワンウェイ効果のあるものを使用し、さらに前輪を小径化することで後輪が空転した場合のみ前輪が駆動するようにセッティングする場合がある。ただし、この機構の場合、内輪側の駆動に対して外輪の駆動を加速方向にキャンセル(滑らせる)させる機構のため、自動車という乗り物の構造上、コーナリングで遠心力による荷重が外輪に掛かり、外輪の駆動力が強く要求されるという通常の状況では外輪の駆動を加速側に滑らせることが事実上不可能である。このため、実車での搭載例はごく低速の車両にしかない。差動装置 フレッシュアイペディアより)

  • ローラーチェーン

    ローラーチェーンから見た自転車自転車

    構成部品は、ローラー、ブッシュ、内側プレート、外側プレート、軸(ピン)である。プレートは長円型やヒョウタン型をしている。ローラーは焼入れが施されており硬い。円筒形のローラーの中心をより細長い円筒形のブッシュが貫通しており、ブッシュの両端は内側のプレートに圧入されている。軸はローラーとブッシュを貫通し、外側プレートに両端がかしめられ、全体を環状に連結している。ローラーはブッシュと内側プレートに対し自由に回転し、またブッシュと内側プレートは外側プレートと軸に対し自由に回転する。これら最小構成の1単位を「駒」という。スプロケットに噛み合った際、ローラーは伝達張力によりスプロケットに固着し軸との間で回転が生じ、間に介するブッシュと潤滑油が摩擦を吸収する。外側プレートと内側プレートの間にOリングを持ち、軸とブッシュ間の潤滑のためグリスを封入したものもあるが、ローラーとスプロケットの間の潤滑(すなわちローラー表面の潤滑)が別途必要であり、その潤滑には内蔵したOリングを痛めないために専用の油脂類(非塩素系溶剤を使用したものなど)を用いなければならない場合がある。製造段階で環のサイズ(駒の数)が決められ、切れ目がない輪のかたちで出荷される(エンドレスチェーンなどと呼ばれる)ものと、自転車用などにみられるように、クリップなどで軸を留め分解開放できる駒を1つ含んでいるものとがある。大型のローラーチェーンでは軽量化と強度向上のため軸も中空構造となる。ローラーチェーン フレッシュアイペディアより)

  • 死点

    死点から見た自転車自転車

    死点という用語は様々なクランクを用いる機器、例えば人力で動く一輪車、自転車、三輪車、蒸気機関を用いる機関車でも、「回転力が発生しない点」を示す意味で用いられる。クランクを持つ機器はこの回転力が発生しなくなる死点に打ち勝つ為に、フライホイールの慣性力を用いるか、マルチシリンダーエンジンのようにクランクに上下運動を伝える動力を複数設けて各動力の死点の位相を相互にずらす設計を用いて、死点によって回転力が停止する事態が起こらないようにしている。死点 フレッシュアイペディアより)

  • 飲酒運転

    飲酒運転から見た自転車自転車

    日本においては、道路交通車両等の場合は道路交通法第65条第1項 で「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定されており、違反は取締りの対象となる。同法上の「車両等」には自動車やオートバイ(原付含む)だけでなく自転車等の軽車両、さらにトロリーバス、路面電車、牛馬等も含まれる。なお、運転はどこであろうが処罰対象になるわけではなく、適用される場所は道路交通法に言う「道路」上に限られる。飲酒運転 フレッシュアイペディアより)

  • チタン

    チタンから見た自転車自転車

    チタンあるいはチタン合金の持つ強度・軽さ・耐食性・耐熱性といった性質から、航空機、潜水艦、自転車やゴルフクラブなどの競技用機器、化学プラント、生体インプラント材料など多岐にわたって使用されるほか、合金鋼との脱酸剤や、ステンレス鋼において炭素含有量を減少させる目的などにも使用される。加工性にはやや難がある。チタン フレッシュアイペディアより)

  • アムステルダム

    アムステルダムから見た自転車自転車

    この町は自転車に乗る人が多く、車道と歩道の間に自転車専用路が設けられている。中央駅付近には巨大な駐輪場があり、絵葉書などにも自転車をあしらったものがある。アムステルダム フレッシュアイペディアより)

  • カーナビゲーション

    カーナビゲーションから見た自転車自転車

    欧米では以前から、防犯上の理由や日本ほど街路が入り組んでいないことから、PNDのような機器が販売されていたが、日本でも高機能を必要としない層への普及や、セカンドカーへの搭載、オートバイ・自転車あるいは徒歩での利用などへの市場が拡大している。カーナビゲーション フレッシュアイペディアより)

  • 浮世絵

    浮世絵から見た自転車自転車

    国会議事堂、国立銀行、当時の人力車、自転車、車などの絵。内国勧業博覧会、上野不忍池競馬、異国人サーカスなど。時計も和時計から柱時計に代わり始める。浮世絵 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵

    歩兵から見た自転車自転車

    歩兵の輸送手段は、それまでは徒歩や船、馬であったが、19世紀より鉄道が使われ始め、1890年代以降いくつかの国では自転車が採用された(馬もしばらく併用されている)。第二次世界大戦では日本陸軍の歩兵が自転車で移動し、大成功を収めた(銀輪部隊)。機動性における大きな革新は、1920年代以降より始まり、自動車を使った自動車化歩兵の部隊が生まれた。この頃から、移動中の兵士の安全を確保することの重要性が認識されるようになり、移動時に装甲車を使用する機械化歩兵が編成されるようになった。歩兵 フレッシュアイペディアより)

  • 一輪車

    一輪車から見た自転車自転車

    一輪車(いちりんしゃ)とはスポーツや曲技に使われる、車輪を一つしか持たない自転車。英語のユニサイクル (Unicycle) から略称はユニ (Uni) 、一輪車に乗る事はユニサイクリング (Unicycling) 、一輪車に乗る人間はユニサイクリスト (Unicyclist) と呼ばれる。一輪車 フレッシュアイペディアより)

1607件中 61 - 70件表示

「自転車」のニューストピックワード