前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 2016年のJリーグチャンピオンシップ

    2016年のJリーグチャンピオンシップから見た興梠慎三興梠慎三

    この試合、10年振りのリーグタイトルを狙う浦和は森脇良太・遠藤航・槙野智章の3バックがビルドアップに参加するリーグ戦での攻撃スタイルを採用せず、敢えて「相手の嫌がることをやろう」(森脇談)と守備重視で勝負にこだわる姿勢を見せる。このためか、両チームとも積極的に先取点を奪いに行くもののなかなか最終局面に持ち込めず、前半で決定機と呼べそうな場面は44分にFW興梠慎三が落としたボールからの攻撃でMF武藤雄樹が右足を振り抜き、これを鹿島GK曽ヶ端準が左手1本で弾き出した程度で、前半のシュートは浦和2本、鹿島0本にとどまった。2016年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 熊元敬典

    熊元敬典から見た興梠慎三興梠慎三

    興梠慎三とは高校時代に同じチームメイト熊元敬典 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊アントラーズフリークス

    月刊アントラーズフリークスから見た興梠慎三興梠慎三

    Shinzo! Yuzo! 探しに行くZO!(興梠慎三・田代有三)月刊アントラーズフリークス フレッシュアイペディアより)

  • FUJI XEROX SUPER CUP2015

    FUJI XEROX SUPER CUP2015から見た興梠慎三興梠慎三

    前半にチャンスらしいチャンスを作れなかったG大阪は後半18分、ACLとの日程を考慮して先発を外れたFWパトリックを投入する。すると攻撃が一気に活性化しはじめ、後半23分、MF遠藤保仁のコーナーキックにパトリックが反らし、これをファーサイドに突っ込んできたFW宇佐美貴史が滑り込みながらゴールに蹴り込んでG大阪が先制する。先制を許し何とか追いつきたい浦和は前線に人数をかけ攻勢をかけるが、FW興梠慎三をけがで欠いた影響は大きかったのかなかなか決定的なフィニッシュに至らず、逆に試合終了間際、G大阪FWパトリックがDF2人をドリブルで交わしてだめ押しの2点目。パトリックの1ゴール1アシストの活躍でG大阪が8年ぶり2度目の優勝を果たした。FUJI XEROX SUPER CUP2015 フレッシュアイペディアより)

  • FUJI XEROX SUPER CUP2017

    FUJI XEROX SUPER CUP2017から見た興梠慎三興梠慎三

    後半、李忠成に替わって投入された浦和FW興梠慎三がチャンスを演出し、後半29分にペナルティエリア内に侵入したところで鹿島MF小笠原満男に倒されてPKを獲得。これを自ら決めて1点差に追いすがると、その直後には途中出場の浦和MF関根貴大のクロスにFWズラタンが頭で合わせ、これを鹿島GKクォン・スンテがはじいたところをMF武藤雄樹が詰めてあっという間に同点に追いつく。しかし後半38分、鹿島左サイドからのロングパスに反応した途中出場のFW鈴木優磨が、ブロックに入った浦和DF遠藤航と一瞬の動きで入れ替わり、遠藤からのバックパスを奪って右足でゴールに流し込んで勝ち越し。そのまま鹿島が3-2で勝利を挙げた。FUJI XEROX SUPER CUP2017 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグ ディビジョン1

    2014年のJリーグ ディビジョン1から見た興梠慎三興梠慎三

    迎えた最終節、勝ち点で並ぶG大阪・浦和と勝ち点差2の鹿島の3チームに絞られた優勝争いは、G大阪がアウェーで徳島に引き分け、浦和がホームで名古屋に逆転負け、鹿島がホームで鳥栖に負けとなり、結果的に勝ち点差1でG大阪が差しきって2011年の柏以来2チーム目となる「J1昇格年でのリーグ優勝」、さらには史上初となる「首位と勝ち点差14からの逆転優勝」を成し遂げた。浦和はFW興梠慎三の戦線離脱もあって最後の3試合で1分け2敗(第28節以降の7試合で1勝3分け3敗)と、またしてもリーグ終盤で失速し優勝を逃す結果となった。なお、AFCチャンピオンズリーグ2015出場権については、G大阪・浦和・鹿島の他、柏がリーグ最終盤に7連勝して鳥栖に勝ち点・得失点差で並び、総得点の差で柏が4位に食い込み、G大阪が第94回天皇杯で優勝したことから、柏もACL出場権(プレーオフ出場権)を獲得した。2014年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • コオロギ

    コオロギから見た興梠慎三興梠慎三

    興梠(こおろぎ・こおろき・こうろぎ・こうろき)という難読苗字が存在する。宮崎県から熊本県に見られ、有名人としてはサッカー選手の興梠慎三(こうろき しんぞう、宮崎県出身)、声優のこおろぎさとみ(本名:興梠里美(こうろぎ さとみ)、両親が宮崎出身)が挙げられる。コオロギ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のJリーグカップ

    2011年のJリーグカップから見た興梠慎三興梠慎三

    試合は終始鹿島が押し気味で進め、後半開始早々の5分に浦和MF山田直輝が退場し一人少なくなったことで猛攻を仕掛けるも、GK加藤順大を中心とした浦和守備陣が集中して守り切り、逆に鹿島も後半35分にDF青木剛が2枚目のイエローで退場となって10人対10人となったこともあり、90分では決着がつかず2年連続の延長戦へ突入。延長戦も組織的な攻撃で押し気味に試合を進めた鹿島が、延長前半終了間際の15分にFWの興梠慎三と田代有三のワンツーパスから流れたボールをFW大迫勇也が右足でダイレクトにゴールを決めてついに先制。このゴールを守りきった鹿島が9年ぶり史上最多となる4回目の優勝を果たした。2011年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市立東大宮中学校

    宮崎市立東大宮中学校から見た興梠慎三興梠慎三

    興梠慎三 - サッカー選手宮崎市立東大宮中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のJリーグ

    2013年のJリーグから見た興梠慎三興梠慎三

    Jリーグ開幕20周年を記念して、この日行なわれるJ1第11節・浦和レッズvs鹿島アントラーズ(埼玉スタジアム2002)を記念試合「Jリーグ 20thアニバーサリーマッチ」として開催。当日は試合に先立ち記念セレモニーが行なわれ、浦和OBのロブソン・ポンテと鹿島OBのアルシンド・サルトーリが挨拶したほか、Jリーグ開幕日である1993年5月15日生まれの尾崎千瑛がスピーチを行なった。なお、試合結果は3-1で浦和の勝利となったが、決勝点となったFW興梠慎三のゴールをめぐる判定が物議を醸し、後日日本サッカー協会の上川徹審判委員長が誤判定であったことを認めるという異例の事態となった。2013年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「興梠慎三」のニューストピックワード