31件中 11 - 20件表示
  • 坪井慶介

    坪井慶介から見た興梠慎三興梠慎三

    2013年、宮崎キャンプ中の怪我で出遅れる。3月30日に行われたJ1第4節新潟戦で怪我から復帰しベンチメンバーに入ると、ACL全北現代モータース戦で怪我の永田充の代わりに先発起用された。しかし、怪我の影響か思ったプレーが出来ずに後半66分に興梠慎三と代わると、J1第5節ジュビロ磐田戦からは那須大亮がセンターバックで起用されたこともあり、公式戦12試合の出場に留まった。坪井慶介 フレッシュアイペディアより)

  • 鵬翔中学校・高等学校

    鵬翔中学校・高等学校から見た興梠慎三興梠慎三

    興梠慎三 - サッカー選手(元サッカー日本代表)鵬翔中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た興梠慎三興梠慎三

    この試合には日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチが異例の視察に訪れた。準決勝での負傷でMF柏木陽介を欠く浦和は試合開始早々にDF槙野智章がGK西川周作と接触し右手を負傷(試合後に20針縫う重症と判明)。一方リーグ戦レギュラーのDF岩下敬輔とMF大森晃太郎を欠くG大阪も12分にDF米倉恒貴が足の負傷でMF井手口陽介と交代を余儀なくされるなど、お互いに満身創痍の中での立ち上がりとなった。前半32分、G大阪MF倉田秋がセンターライン付近から浦和DF陣の背後に浮き球を送ると、これにG大阪FWパトリックが反応して抜け出し、右サイドを快足を飛ばしてドリブル。最後は浦和DF森脇良太を振り切って右足でゴールを決め、G大阪が先制する。しかし浦和もその4分後、MF梅崎司が上げたクロスボールを浦和FW李忠成が頭で合わせるも左ポストに嫌われるが、そのこぼれ球を浦和FW興梠慎三が決めて同点に追いつき、前半は1-1で終える。第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た興梠慎三興梠慎三

    FW:8.興梠慎三、9.平瀬智行、11.長谷川祥之、13.柳沢敦、18.マルキーニョス、19.田代有三、30.鈴木隆行中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 石川大地

    石川大地から見た興梠慎三興梠慎三

    テクニックに長け、オフ・ザ・ボールの動きに優れる。キープ力も高い。自身は興梠慎三や大迫勇也を参考にプレーしていると語る。石川大地 フレッシュアイペディアより)

  • 田代有三

    田代有三から見た興梠慎三興梠慎三

    福岡大学時代は、大学No.1FWとの評価が高く、大分トリニータ、サガン鳥栖に特別指定選手として登録(サガン鳥栖所属の赤星拓は中学、高校、大学の後輩)。2005年に鹿島アントラーズに加入。2006年から出場機会を増やし、2008年には巻誠一郎らの負傷により、東アジア選手権2008(中国・重慶)の追加メンバーで日本代表に初招集され、2月17日の北朝鮮戦で代表デビュー。鹿島では2008年J1第5節千葉戦以降25試合ゴールがなく、FW興梠慎三とのポジション争いの結果、控えに回ることが多くなり、田代をターゲットマンとする戦術はオプションの1つとなっていた。2009年には新加入のFW大迫勇也の台頭もあり、大きく出場時間を減らしていた。2010年1月6日、出場機会を求め、MF増田誓志と共にモンテディオ山形へ期限付き移籍。山形ではレギュラーとして活躍し、リーグでは自身最多の10得点を記録した。田代有三 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のスポーツ

    1986年のスポーツから見た興梠慎三興梠慎三

    7月31日 - 興梠慎三(宮崎県、サッカー)1986年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイロ・ペトロヴィッチ

    ミハイロ・ペトロヴィッチから見た興梠慎三興梠慎三

    翌2013年シーズンは教え子の森脇良太やFW・興梠慎三等を獲得。昨年よりも下の6位に終わったものの、去年に続いて優勝争いに関わったことを買われ同年9月には来季の続投が決定した。ミハイロ・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • オズワルド・オリヴェイラ

    オズワルド・オリヴェイラから見た興梠慎三興梠慎三

    10試合以上無得点の興梠慎三には、「信じてる。だから使い続ける」と言い用い続けた。オズワルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • 川又堅碁

    川又堅碁から見た興梠慎三興梠慎三

    2017年シーズンより名古屋からジュビロ磐田へ完全移籍する事が発表された。3月11日、第3節の大宮アルディージャ戦で移籍後初得点を決めた。昨シーズンまで在籍したジェイが昨季14得点に対して川又は昨季5得点しか決めておらず、名波浩監督の元にも「『点を取っていないFWを獲ってどうするんだ』という声が自分まで届いてきた」と批判的な声もあったが、「外国人FWを獲らないということは、川又に対する『お前が年間を通して出続けなければいけないんだぞ』『そういう覚悟を持って、練習から常に全力でやれよ』という無言のメッセージでもあります」、「興梠慎三、佐藤寿人、前田遼一とか、多くのストライカーが30歳あたりから改めて点を取り出している。それを考えれば、27歳はまだ若い。にもかかわらず、外国人FWを獲ってしまえば、その可能性にフタをしてしまうことになりかねない」と川又を信頼し、第24節のヴィッセル神戸戦で自身4シーズンぶりの2桁得点をマークした。最終的には、昨季のジェイと同じシーズン14得点を挙げ、シーズン終了後の12月4日にEAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017に挑む日本代表メンバーに2年4ヶ月ぶりに追加招集された。川又堅碁 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「興梠慎三」のニューストピックワード