31件中 21 - 30件表示
  • 家本政明

    家本政明から見た興梠慎三興梠慎三

    0-0で迎えた後半11分、浦和MF柏木陽介のクロスボールに反応した浦和FW興梠慎三がペナルティーエリア内で鹿島DF西大伍と接触し、転倒。この場面で西は興梠に対して足をかけたようにも、手で押さえたようにも見えなかったが、家本は西のファウルを取り、PKの判定を与える。このPKが決勝点となり、この試合浦和が勝利する。このジャッジに対し、実況中継の解説を務めた金田喜稔が「PKになるような接触ではない」と述べたこと、さらにはこのジャッジや試合を通じての判定に対して西をはじめとする鹿島の各選手が口々に不満の意を唱え、当事者である興梠も「そんなに激しいタックルでは、もちろんなかった」と述べたことから物議を醸すこととなった。中には、過去の誤審を引き合いに出す記事もあった。家本政明 フレッシュアイペディアより)

  • 森脇良太

    森脇良太から見た興梠慎三興梠慎三

    2014年3月15日Jリーグ第3節サンフレッチェ広島戦で交代でピッチから退場した後アディショナルタイムに原口元気の追加点が決まると、ゴールを決めた原口元気、槙野智章とゴールパフォーマンスに参加。ところがベンチに戻ろうとした際ピッチに入ってしまい、これがサッカー競技規則第12条ファウルと不正行為に抵触し、すでにイエローカードを受けていたためレッドカードで退場となり、ベンチへ退いた交代選手が退場になる珍事が起きた。しかしルールを把握しておらず、この判定に激高し主審に詰め寄ろうとしてしまうが、いち早く気付いたピッチサイドリポーターを務めていた朝井夏海がなだめロッカールームに戻った。興奮が収まらなかったが、チームスタッフがルールを教え、ここでようやく自分の犯したミスに気がついた。この退場はすでに交代していた興梠慎三、柏木陽介以外のスタメン出場選手は気がついておらず、試合終了後選手整列で一部始終を目撃していた濱田水輝によって知らされた。森脇良太 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島慎也

    矢島慎也から見た興梠慎三興梠慎三

    2013年シーズンに入ると、開幕から興梠慎三、阪野豊史の加入もありベンチ外が続いていたが、ベンチ入りのチャンスを掴むと5月18日サガン鳥栖戦にアディッショナルタイムに途中出場すると、リーグ戦初ゴールを決めた。2014年2月、J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された。矢島慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本

    1986年の日本から見た興梠慎三興梠慎三

    7月31日 - 興梠慎三、サッカー選手1986年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た興梠慎三興梠慎三

    2007年シーズン前には本田泰人の引退を受けて鹿島の新主将、選手会長に就任した。リーグ戦ではクラブワーストとなる開幕5試合勝ちなしを喫するなど躓いたものの、6節横浜FC戦でシーズン初勝利に導くシーズン初ゴールをあげ、7節清水エスパルス戦でも2ゴールをあげたが、この試合で負傷し長期離脱。ナビスコ杯準々決勝第2戦の広島戦で85日ぶりに復帰し、2アシストを記録。しかし、リーグ戦では第5節を最後にフル出場がなく、田代有三、興梠慎三の台頭でスタメン落ちも多くなっていた。天皇杯決勝ではダニーロの得点をアシストし、クラブに11個目のタイトルをもたらしたのを置き土産に鹿島を退団した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見た興梠慎三興梠慎三

    興梠慎三(サッカー選手、浦和レッドダイヤモンズ)宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た興梠慎三興梠慎三

    ジョルジーニョが監督を退任し、新井場徹がC大阪、興梠慎三が浦和、岡本英也が新潟、増田誓志がKリーグの蔚山現代、ドゥトラがベルギーのスポルティング・ロケレンへ完全移籍し、磐田にレンタル移籍していた宮崎智彦、徳島にレンタル移籍していたアレックスもそれぞれ完全移籍した。さらに広州恒大からレンタル移籍で加入したレナト、栃木へレンタル移籍していた佐々木竜太とは契約を更新しなかった。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤隆治

    佐藤隆治から見た興梠慎三興梠慎三

    2013年5月11日に行われたJリーグ ディビジョン1第11節浦和レッドダイヤモンズ‐鹿島アントラーズ(埼玉スタジアム2002)の78分、浦和の興梠慎三が左サイドからのクロスをヘディングであわせて得点を決めた。だが興梠のポジショニングがオフサイドであったとして鹿島の選手から激しい抗議を受け、試合後に鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督から副審ともども痛烈に批判された。試合から3日後の5月14日、審判委員長の上川徹はこのプレイについて「得点が認められるべきではなかった」と誤審を認めている。佐藤隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た興梠慎三興梠慎三

    3シーズンぶりの出場となったACLは水原三星ブルーウィングス、2度のACL制覇を誇る広州恒大、香港のイースタンSCと同組に。ホームでの初戦は小林のゴールで先制するも、オウンゴールでドロー決着。鬼木新体制は1-1で発進することとなった。次節のイースタンSC戦ではPKを献上した奈良が退場するなどして苦しめられるが、板倉のプロ初ゴールによりかろうじて引き分けに持ち込んでいる。ACLに関しては、このあともアウェイ、ホームの2連戦となった広州恒大戦が連続ドローと結果が出ず、グループステージ4戦連続引き分けという珍しい戦績となった。後がない状態で迎えた敵地でのACL第5節水原三星戦は奈良のゴールを守り切り1-0で勝利。自力でのグループステージ突破の可能性が復活すると、最終戦のホームでのイースタンSC戦を4-0で快勝しグループステージを首位で通過した。決勝トーナメント1回戦はムアントン・ユナイテッドとの対戦となる。アウェイでの第1戦はタイ特有の蒸し暑さに苦しみ先制点を奪われるものの、中村、小林という新旧キャプテンのゴールで逆転するとセンターフォワードに固定されてブレイクした阿部が追加点を奪い3-1で逆転勝ち。第2戦も小林、長谷川、エドゥアルド・ネット、ハイネルのゴールで4-1と連勝し、3回目の準々決勝進出を果たす。準々決勝では浦和との日本決戦。等々力での第1戦は小林の2ゴールとエウシーニョのACL初ゴールで3-1と快勝。圧倒的有利な状況で迎えた埼玉スタジアムでの第2戦もエウシーニョの先制点が決まり、2戦合計4-1と圧倒的に有利な状況に持ち込む。ところが興梠慎三に同点ゴールを許すと、その興梠に対する車屋のチャレンジが危険なプレーとして認定され一発退場に。試合はここから暗転した。ズラタン、ラファエル・シルバと立て続けにゴールを奪われ2戦合計4-4と同点に追いつかれると、更に後半41分に高木俊幸にループシュートを沈められ2戦合計で逆転を許した。試合はそのまま1−4で敗戦となり、2006年11月11日のJリーグ・多摩川クラシコ(味の素スタジアム)を彷彿とさせるまさかの大逆転負け。試合時間は残すところ6分+アディショナルタイムだったが、初の準決勝進出を逃す結果となった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 7月31日

    7月31日から見た興梠慎三興梠慎三

    1986年 - 興梠慎三、サッカー選手7月31日 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「興梠慎三」のニューストピックワード