前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た田代有三

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が廻ってきた第28節のヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場で貴重な得点を多く挙げた。2008年シーズンは前年に退団した柳沢の背番号13を自ら希望して着用。序盤は前年同様スーパーサブとしての起用が目立ったが得点を重ねると田代有三が不調に陥った後半より完全にレギュラーに定着を果たし、J1連覇に貢献する。同年、日本代表にも招集され、2008年10月9日に東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された国際親善試合(キリンチャレンジカップ)UAE戦で代表デビューを果たした。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た柳沢敦

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が廻ってきた第28節のヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場で貴重な得点を多く挙げた。2008年シーズンは前年に退団した柳沢の背番号13を自ら希望して着用。序盤は前年同様スーパーサブとしての起用が目立ったが得点を重ねると田代有三が不調に陥った後半より完全にレギュラーに定着を果たし、J1連覇に貢献する。同年、日本代表にも招集され、2008年10月9日に東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された国際親善試合(キリンチャレンジカップ)UAE戦で代表デビューを果たした。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見たマルコス・ゴメス・デ・アラウージョ

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が廻ってきた第28節のヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場で貴重な得点を多く挙げた。2008年シーズンは前年に退団した柳沢の背番号13を自ら希望して着用。序盤は前年同様スーパーサブとしての起用が目立ったが得点を重ねると田代有三が不調に陥った後半より完全にレギュラーに定着を果たし、J1連覇に貢献する。同年、日本代表にも招集され、2008年10月9日に東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された国際親善試合(キリンチャレンジカップ)UAE戦で代表デビューを果たした。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た内田篤人

    2009年シーズンは開幕直後にメンバー外になるなど、苦しいスタートだったが途中から起用された第3節サンフレッチェ広島、第4節京都戦と2試合連続決勝点を終了間際に決めた。夏場以降14試合得点から見放されたが、指揮官オズワルド・オリヴェイラは興梠を起用し続けた。第30節ジェフ千葉戦で3か月半ぶりの得点をあげると、大一番ガンバ大阪戦では後半に先制点と追加点をあげ、優勝へ大きく前進させる。そして最終節浦和戦では内田篤人のクロスに滑り込むように飛び込み決勝点を決め、鹿島を3連覇へと導いた。またこの年はリーグ戦では自己最多の12得点を記録した。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た浦和レッドダイヤモンズ

    興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 - )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見たオズワルド・オリヴェイラ

    2009年シーズンは開幕直後にメンバー外になるなど、苦しいスタートだったが途中から起用された第3節サンフレッチェ広島、第4節京都戦と2試合連続決勝点を終了間際に決めた。夏場以降14試合得点から見放されたが、指揮官オズワルド・オリヴェイラは興梠を起用し続けた。第30節ジェフ千葉戦で3か月半ぶりの得点をあげると、大一番ガンバ大阪戦では後半に先制点と追加点をあげ、優勝へ大きく前進させる。そして最終節浦和戦では内田篤人のクロスに滑り込むように飛び込み決勝点を決め、鹿島を3連覇へと導いた。またこの年はリーグ戦では自己最多の12得点を記録した。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見たヴィッセル神戸

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が廻ってきた第28節のヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場で貴重な得点を多く挙げた。2008年シーズンは前年に退団した柳沢の背番号13を自ら希望して着用。序盤は前年同様スーパーサブとしての起用が目立ったが得点を重ねると田代有三が不調に陥った後半より完全にレギュラーに定着を果たし、J1連覇に貢献する。同年、日本代表にも招集され、2008年10月9日に東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された国際親善試合(キリンチャレンジカップ)UAE戦で代表デビューを果たした。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た宮崎市

    興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 - )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    FUJI XEROX SUPER CUP:2回 (2009年, 2010年)興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見たサンフレッチェ広島

    2009年シーズンは開幕直後にメンバー外になるなど、苦しいスタートだったが途中から起用された第3節サンフレッチェ広島、第4節京都戦と2試合連続決勝点を終了間際に決めた。夏場以降14試合得点から見放されたが、指揮官オズワルド・オリヴェイラは興梠を起用し続けた。第30節ジェフ千葉戦で3か月半ぶりの得点をあげると、大一番ガンバ大阪戦では後半に先制点と追加点をあげ、優勝へ大きく前進させる。そして最終節浦和戦では内田篤人のクロスに滑り込むように飛び込み決勝点を決め、鹿島を3連覇へと導いた。またこの年はリーグ戦では自己最多の12得点を記録した。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「興梠慎三」のニューストピックワード