前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示
  • 銭形平次 (大川橋蔵)

    銭形平次 (大川橋蔵)から見た舟木一夫舟木一夫

    また豪華ゲストも数多く出演した。とくに最終話は美空ひばり、里見浩太朗、五木ひろし、舟木一夫、汀夏子がゲスト出演している。1958年、TBSで「テレビ版平次俳優第1号」となった若山富三郎や、本作終了後の1987年日本テレビで平次を演じた風間杜夫がゲスト出演した回もある。銭形平次 (大川橋蔵) フレッシュアイペディアより)

  • 緋衣草

    緋衣草から見た舟木一夫舟木一夫

    収録曲である「さ・よ・な・ら」の作詞者の上田成幸とは、歌手・舟木一夫の本名である。緋衣草 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚理

    手塚理から見た舟木一夫舟木一夫

    眠狂四郎 主演;舟木一夫/京都南座手塚理 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂直美

    松坂直美から見た舟木一夫舟木一夫

    松坂 直美(まつざか なおみ、1910年-2002年)は、戦前から戦後にかけて国内で活躍した作詞家である。舟木一夫や美空ひばりに作詞を提供したこともあり、日本詩人連盟会長、日本訳詩家協会理事長、長崎県人会常任理事、雪州会(在京壱岐人会)会長などを務めた。松坂直美 フレッシュアイペディアより)

  • 江梨子

    江梨子から見た舟木一夫舟木一夫

    レコードセールスは80万枚に達し、この曲の大ヒットで、橋は、股旅・時代物と現代物という二つの路線を確立するが、青春歌謡という後の「御三家時代(橋・舟木一夫・西郷輝彦)」や「四天王(御三家+三田明)時代」を創出した点で昭和歌謡史に残る曲となった。ただ、イキな着流しで股旅・時代歌謡を歌ってきた橋が、学生服姿で現代歌謡を歌うことに「ビクター関係者には少なからず反対者もいた」とされている。またいきなり青春歌謡への転換で、「あの当時、橋君が(歌唱で)迷った」と吉田は後日述べている。江梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 大藤真美

    大藤真美から見た舟木一夫舟木一夫

    新歌舞伎座(大阪)舟木一夫座長公演「新吾十番勝負」主演:舟木一夫大藤真美 フレッシュアイペディアより)

  • 伊吹謙太朗

    伊吹謙太朗から見た舟木一夫舟木一夫

    舟木一夫 / 銭形平次(1995年8月、新歌舞伎座)伊吹謙太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回日本レコード大賞

    第5回日本レコード大賞から見た舟木一夫舟木一夫

    今回の大賞候補曲は、550曲に及ぶ応募曲から22曲に絞られた段階では梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」、舟木一夫の「高校三年生」、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、三沢あけみの「島のブルース」、フランク永井の「逢いたくて」が上位6曲で、他に舟木一夫の「学園広場」、西田佐知子の「エリカの花散るとき」、田端義夫の「島育ち」などが候補に挙げられていた。決選投票で上位6曲に絞られ、「こんにちは赤ちゃん」が過半数の19票を獲得した。「こんにちは赤ちゃん」の大賞受賞に際しては、この曲は歌謡曲かホームソングかという論議が起こったが、世相に合わせる形で受賞が決定した。第5回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤実

    遠藤実から見た舟木一夫舟木一夫

    作曲家として世に送り出した楽曲は5000曲以上(その大部分は演歌)と言われ舟木一夫、千昌夫、森昌子など多くの歌手を育てた。また、遠藤本人が作詞も併せて行った作品も一部存在する(橋幸夫、千昌夫、山本リンダ、こまどり姉妹の楽曲)。遠藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫

    橋幸夫から見た舟木一夫舟木一夫

    1960年に「潮来笠」でビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。紅白歌合戦には1976年の「第27回NHK紅白歌合戦」まで17回連続出場、通算19回出場した。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集める。実はビクターからデビューする以前にコロムビアのオーディションに落ちており、もしコロムビアからデビューしていたら、舟木一夫という芸名になる予定であったと後に述べている。神戸芸能社で仕事をした時期もある。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード

  • 先輩があれだけふざけてくれるので

  • バーチャル頂上決戦

  • 東京2020オリンピック The Official Video Game