122件中 11 - 20件表示
  • 緋衣草

    緋衣草から見た舟木一夫舟木 一夫

    収録曲である「さ・よ・な・ら」の作詞者の上田成幸とは、歌手・舟木一夫の本名である。緋衣草 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)

    水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)から見た舟木一夫舟木 一夫

    伴奏のアレンジは第1部 - 17部、第18部 - 28部、第29部 - 32部、第33部 - 41部、第42部第1話 - 11話、第12話-第43部と6つのバージョンがある。第17部までは助三郎・格之進役が代わっても主題歌の伴奏が変わることはなかったが、第18部以降は助三郎・格之進役が代わるごとに伴奏も変更されている。第42部第1話では助三郎・格之進役が変更されたためアレンジも変更となったが、第12話からシリーズ途中にもかかわらず再収録されたものが使用されている。なお、第30部 - 32部では2通りの伴奏が使われたが舟木一夫バージョン及び西郷輝彦バージョンは第29部のものと同じで、橋幸夫バージョンのみが第33部 - 41部のものと同じである。水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター) フレッシュアイペディアより)

  • 女学生

    女学生から見た舟木一夫舟木 一夫

    1964年(昭和39年)に発売され、ボーイ・アルトの高音域が大変魅力的な楽曲で、舟木一夫の『高校三年生』、三田明の『美しい十代』とならび、学園ソングの人気曲の1つに挙げられる。女学生 フレッシュアイペディアより)

  • 学園ソング

    学園ソングから見た舟木一夫舟木 一夫

    しかし、学園ソングの旗頭といえば、詰め襟の学生服と八重歯がトレードマークの舟木一夫である。『高校三年生』、『修学旅行』、『学園広場』、『仲間たち』、『涙の敗戦投手』など、高校生活を主題とした唄を次々にヒットさせた。高校三年生がヒットした1962年は、団塊の世代(当時は「部ちーブーム」と呼ばれていた)が中学生だった時代で、今でもこれらの唄をよく記憶している人は多い。学園ソング フレッシュアイペディアより)

  • 青空東児・西児

    青空東児・西児から見た舟木一夫舟木 一夫

    後に『東のこ・西のこ』と改名。東児は歌手、都はるみ、北原謙二、青山和子、舟木一夫、五月みどり等の司会者として活躍。青空東児・西児 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山章

    栗山章から見た舟木一夫舟木 一夫

    同社の音楽プロデューサー・音楽ディレクターとなり、1963年、初めてプロデュースした、舟木一夫のデビュー曲『高校三年生』を大ヒットさせ、舟木を世に送り出す。1967年、内藤洋子を、自らが企画・演出した映画『その人は昔』に舟木と共に主演させ、その挿入歌である『白馬のルンナ』もプロデュースして大ヒットさせる。その他には、酒井和歌子などの音楽、映画関連のプロデュース活動を行っている。栗山章 フレッシュアイペディアより)

  • 高校三年生 (舟木一夫の曲)

    高校三年生 (舟木一夫の曲)から見た舟木一夫舟木 一夫

    「高校三年生」(こうこうさんねんせい)は、1963年6月にリリースされた舟木一夫のデビューシングルであり、舟木の代表曲のひとつである。高校三年生 (舟木一夫の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 中村絵梨香

    中村絵梨香から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫特別公演「船頭小唄・野口雨情物語」中村絵梨香 フレッシュアイペディアより)

  • 山本正之'88

    山本正之'88から見た舟木一夫舟木 一夫

    『あ?る』のイメージアルバムからの再録だが、『あ?る』の世界観に合わせる為に歌詞を変更していたものを戻した、オリジナル版。歌詞から想像される「青春」は1960年代のものであり、山本が敬愛する舟木一夫の歌う世界に通じる。山本正之'88 フレッシュアイペディアより)

  • 1944年の音楽

    1944年の音楽から見た舟木一夫舟木 一夫

    12月12日 - 舟木一夫(愛知県、歌手)1944年の音楽 フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード