122件中 21 - 30件表示
  • 恋愛術入門

    恋愛術入門から見た舟木一夫舟木 一夫

    出演:舟木一夫、大原麗子、花沢徳衛、他恋愛術入門 フレッシュアイペディアより)

  • サボテンの花 (曲)

    サボテンの花 (曲)から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫 『昭和おとなカヴァーII』(2008年)サボテンの花 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 荒川敏行

    荒川敏行から見た舟木一夫舟木 一夫

    中央大学文学部卒業後、楽曲制作ディレクターとしてコロムビア・レコードに入社する。制作ディレクターとして美空ひばり、舟木一夫、由美かおる、井上純一に楽曲を提供した。1983年に退社し、アメリカのDick Music Of Schoolに6年間留学する。帰国後、音楽作家事務所「イマジン」でテレビアニメ「クレヨンしんちゃん」、「少年アシベ」の音楽の仕事を引き受けたのちフリーになる。その後は音楽プロデューサー、アレンジャーとして数多くの作品に携わる。荒川敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 大江賢次

    大江賢次から見た舟木一夫舟木 一夫

    1966年 監督:西河克己 主演:和泉雅子、舟木一夫大江賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤実親

    安藤実親から見た舟木一夫舟木 一夫

    鹿児島県・鹿児島市武町に生まれ、1946年(昭和21年)、国鉄西鹿児島工場に就職。1952年(昭和22年)に鹿児島県立鶴丸高等学校を卒業すると、卒業と同時に国鉄を退職し、上京した。上京後、1954年(昭和29年)にコロムビアレコード専属作曲家であった松尾健司に師事。そして1961年(昭和36年)にコロムビアレコード専属作曲家となり、主に編曲を担当した。1964年(昭和39年)には村田英雄の「姿三四郎」で作曲家としてデビューし、コロムビアレコードからゴールデンヒット賞・新人作曲賞を受け、以後、こまどり姉妹・舟木一夫・村田英雄・美空ひばり等の作曲を手掛けた。1966年(昭和41年)にクラウンレコードへ移籍し、そこでも水前寺清子・笹みどり・北島三郎・姿憲子等数十名の作曲を手掛けた。1981年(昭和56年)にクラウンレコード退社後はフリーとなり、北新宿に安藤実親艶歌教室を開き、新人歌手育成に力を入れている。また、1983年(昭和58年)からは、財団法人犯罪被害救援基金へのチャリティーとして、毎年6月にカラオケ大会を実施している。更に1990年(平成2年)12月に発売された原田直之の「全国ご町内音頭」は、発売枚数50万枚を突破し、平成3年度コロムビアゴールデンディスク賞・プラチナ賞を受賞した。これまでに社歌・校歌等を含め作曲は数百曲、編曲は千数百曲に及ぶ。安藤実親 フレッシュアイペディアより)

  • 桂ひな太郎

    桂ひな太郎から見た舟木一夫舟木 一夫

    自称、落語界の坂東玉三郎、または病み上がりの舟木一夫と称している。桂ひな太郎 フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトフジ (1969-1975)

    オールナイトフジ (1969-1975)から見た舟木一夫舟木 一夫

    司会者は当時人気歌手だった舟木一夫、オールナイトニッポンのパーソナリティであった高崎一郎、ニッポン放送『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』のDJだったモコ・ビーバー・オリーブ。他に三遊亭圓楽 (5代目)、小林大輔(当時フジテレビアナウンサー)もレギュラー出演していた。ゲスト歌手の大半は歌謡曲系で、比較的アダルトな雰囲気の内容だった。オールナイトフジ (1969-1975) フレッシュアイペディアより)

  • 浜かおる

    浜かおるから見た舟木一夫舟木 一夫

    1963年、日活映画「仲間たち」で舟木一夫の相手役に応募し、これがデビュー作(1964年)となる。その後日活ニューフェイスの第8期生となり、1968年まで日活の映画・テレビドラマに出演。本名の『浜川智子』で日活青春映画に多く助演する。浜かおる フレッシュアイペディアより)

  • 福島わらじまつり

    福島わらじまつりから見た舟木一夫舟木 一夫

    昭和45年制作「わらじ音頭」(詞:茂木宏哉・補詞丘灯至夫、曲:古関裕而、歌:舟木一夫福島わらじまつり フレッシュアイペディアより)

  • 第15回NHK紅白歌合戦

    第15回NHK紅白歌合戦から見た舟木一夫舟木 一夫

    15回目を記念して、創世記の紅白の看板スターである藤山一郎、淡谷のり子、渡辺はま子、伊藤久男が再出場し、それぞれ自身の代表曲である「長崎の鐘」(藤山)、「桑港のチャイナタウン」(渡辺)、「別れのブルース」(淡谷)、「イヨマンテの夜」(伊藤)を披露した。藤山の「長崎の鐘」の際には、当時の若手「四天王」である橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦、三田明がコーラスを担当し、同曲を盛り上げた。第15回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

122件中 21 - 30件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード