122件中 31 - 40件表示
  • 新御三家

    新御三家から見た舟木一夫舟木 一夫

    新御三家(しんごさんけ)とは、1970年代に日本を代表するトップアイドル歌手として爆発的な人気を得て大活躍した郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎 の3人(ビッグスリー)を指す総称。それ以前に橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦が『御三家』と呼ばれていた事に倣った名称であり、略して『御三家』と呼ばれることもある。新御三家 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た舟木一夫舟木 一夫

    日本の1960年代男性アイドル歌手のビッグスリー - 橋幸夫、西郷輝彦、舟木一夫 ⇒ 御三家ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • 南太平洋の若大将

    南太平洋の若大将から見た舟木一夫舟木 一夫

    南太平洋の若大将(みなみたいへいようのわかだいしょう)は加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第10弾。サイパン、タヒチでロケ―ションされた。1967年7月1日公開。東宝製作。同時上映「その人は昔」(舟木一夫、内藤洋子主演)。南太平洋の若大将 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門 (第29-30部)

    水戸黄門 (第29-30部)から見た舟木一夫舟木 一夫

    28部までは助三郎・格之進役の俳優が歌っていた主題歌「あゝ人生に涙あり」は、御三家の西郷輝彦、橋幸夫、舟木一夫がG3K(御三家)として歌った。また、第1話で舟木が紀州藩主・徳川光貞役、第1話と最終回では西郷が高松藩主・松平頼常役、橋が尾張藩主・徳川光友役で出演した。3人は第30部にも同じ役で登場する。水戸黄門 (第29-30部) フレッシュアイペディアより)

  • 祭りだ!ワッショイ!

    祭りだ!ワッショイ!から見た舟木一夫舟木 一夫

    ブホーッ!舟木一夫だってよ!祭りだ!ワッショイ! フレッシュアイペディアより)

  • 堀威夫

    堀威夫から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫、和田アキ子、山口百恵、榊原郁恵、片平なぎさらを育て上げ、ホリプロタレントスカウトキャラバンで多くのスターを輩出した。堀威夫 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川昌治

    瀬川昌治から見た舟木一夫舟木 一夫

    監督デビューの直後から脚本家として参加していたテレビドラマには、1965年の『国際事件記者』から監督として本格的に関わるようになり、1970年代?80年代には山口百恵、宇津井健が出演した「赤いシリーズ」や「スチュワーデス物語」などのヒットシリーズを手掛け、一方では『Gメン'75』、『夜明けの刑事』、『キイハンター』など刑事ドラマやアクションドラマも監督して、テレビドラマの黄金時代に大きく貢献した。一方、瀬川映画の顔である盟友・フランキー堺晩年の当たり役となった『赤かぶ検事奮戦記』など、映画時代の俳優たちの代表作となるテレビドラマも多数手掛ける。90年代以降もヒットメーカーとしての腕は少しも衰えることなく、「姉さん事件です」の流行語を生んだ「HOTELシリーズ」や「新幹線物語シリーズ」などのヒット作を送り出した。2004年からはテレビ東京(TX)系のハイビジョン・サスペンスドラマも手掛けている。また、大衆芸能に対する愛着をこめた舞台も数多く演出し、『東京浅草シネクラブ』、『午後の遺言状』などの演劇作品の他、舟木一夫のミュージカル作品や盟友・丹波哲郎の『丹波哲郎の大霊界』などを演出している。瀬川昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淑禎

    藤井淑禎から見た舟木一夫舟木 一夫

    『御三家歌謡映画の黄金時代 橋・舟木・西郷の「青春」と「あの頃」の日本』平凡社新書 2001藤井淑禎 フレッシュアイペディアより)

  • 白根一男

    白根一男から見た舟木一夫舟木 一夫

    男性アイドル歌手として、10代で橋幸夫の股旅歌謡を歌う、学生服でのステージ(舟木一夫)、作曲もこなすなど、1960年代前半の青春歌謡の歌い手であった。白根一男 フレッシュアイペディアより)

  • 骨まで愛して

    骨まで愛してから見た舟木一夫舟木 一夫

    また同曲は、2003年(平成15年)、舟木一夫のプロデュース、桜庭伸幸の編曲により竜小太郎の歌唱で「HO-NEまで愛して」の曲名でカバーされている。骨まで愛して フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード