122件中 41 - 50件表示
  • 西沢爽

    西沢爽から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫「仲間たち」「あゝ青春の胸の血は」西沢爽 フレッシュアイペディアより)

  • 西条道彦

    西条道彦から見た舟木一夫舟木 一夫

    伊豆の踊り子(川端康成原作・戌井市郎演出・舟木一夫出演、1982年読売ホール)西条道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 上柳昌彦

    上柳昌彦から見た舟木一夫舟木 一夫

    1985年3月11日、中島が風邪をこじらせて急遽番組を休むことになった。上柳は担当ディレクターの入江太乃士と2人で代打パーソナリティを務めた。当初、入江はオープニング部分だけ出演して中島の病欠について説明する予定だったが、上柳の勧めでそのまま2時間、男二人で下ネタなども織り交ぜつつ通常のコーナーを取り仕切った。番組中、入江宛てにリスナーから「イリエ オマエナンカ キライダ」と書かれた電報が届けられ、入江が落ち込む一幕があった。また、あるリスナーからのはがきをきっかけに「自分が子供が作れる身体になったことに気付いたのはいつ?」という話題に発展し、上柳は「もしかしてそれは、オナニーをした時かな? 僕は夢精ってしないんですよ」とカミングアウト。これに入江も同意したことから、思わず「二人でもったいないことしてますねぇ」と揃って苦笑し合う一幕もあった。上柳はそのまま引き続き2部も担当。緊張から解き放たれたこともあってか、3時の時報明けは、断末魔の笑いを含んだ「バカ野郎!俺がやってやったよこの野郎!!」という半ば自暴自棄な第一声からスタート。自身が前週ハワイへ取材に出かけたことに因んで、1曲目には舟木一夫の『夢のハワイで盆踊り』を選曲した。そんな上柳宛てに届いたリスナーからの電報には「ウエチヤン 4ジカン ゴクロウサマデス」と書かれていた。しかし、4時間の長丁場に心身ともに疲れ果てた上柳はエンディングで「来週はみゆきさんが来てくれないと本当に困ります! 2週続けて4時間なんてできましぇん!!」と、当時ハマっていた鶴太郎のものまねで絶叫を繰り返していた。ところが翌3月18日の放送も中島が病欠したため、同日の1部のパーソナリティを構成作家の「ポチ」こと寺崎要と二人で務め、結局上柳は2週連続で1部・2部を通した長丁場を務め上げた。上柳昌彦 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置宏

    玉置宏から見た舟木一夫舟木 一夫

    玉置宏の死去の報に、元祖御三家の橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦を始め、縁のあった歌手などが相次いで追悼コメントを出し、改めて玉置の歌謡界への貢献ぶりと存在感がクローズアップされている。玉置宏 フレッシュアイペディアより)

  • るんるんナイト ワオ!

    るんるんナイト ワオ!から見た舟木一夫舟木 一夫

    コサキン関連では、1982年12月5日に第1回となる「コサラビファンの集い」がTBSホールで、中森明菜をゲストに迎えて行われている(当時のプロデューサーから「投書が500通来たら」と言う条件をクリアして実現したイベントだった。当時の超有名人と言われたリスナーが1人で50通出したこともあった)。この他2Bの鉛筆で書かれているはがきのために手が汚れてしょうがないと「2Bでは書かないでー」と言って生放送中のスタジオに投書整理係の女性(通称・2Bのおばさん)が乱入したこと(1982年11月)、「上映会をみんなでやる」と言っておきながら小堺、関根、作家の鶴間政行、ディレクターの門脇覚らスタッフだけで「スーパージャイアンツ」の上映会を行ったこと(1983年5月3日)などのエピソードがある。また、近藤正臣の『雪が降る』、喜美正二郎の『すずらん通り』、舟木一夫の『太陽にヤァ!』『夏子の季節』などのコサキンソングはこの時から番組中で盛り上がっていた。るんるんナイト ワオ! フレッシュアイペディアより)

  • 三田 明

    三田明から見た舟木一夫舟木 一夫

    御三家(橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)に比べると後発のイメージがあるが、全国歌謡ベストテンでは10曲以上の1位をもつなど御三家以上に大健闘した。また当時、この3人に彼を加え「四天王」とも呼ばれた。三田明 フレッシュアイペディアより)

  • にわ つとむ

    にわつとむから見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫特別公演」では時代劇で初の立ち廻りを行い、日々稽古に励み殺陣の面白さに開眼する。シリーズDVD「工業哀歌バレーボーイズ」での星野薫役を演じている。映画・ドラマ・舞台等幅広く腕を磨いてきた。 人間味あふれる癒し系俳優を目指す。にわつとむ フレッシュアイペディアより)

  • 桂団朝

    桂団朝から見た舟木一夫舟木 一夫

    西京商業高等学校(現京都市立西京高等学校)在学中より寄席に通い、1987年4月5日に3代目桂米朝に入門。同年8月、京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。高座名の「団朝」は、体格が大きくそのようになった。米朝事務所所属。上方落語協会会員。2002年4月に始めた独演会を毎年開くかたわら、リリパットアーミーIIやTeam火の車、「舟木一夫特別公演」、「天童よしみ特別公演」などの舞台もこなす。夫人は俳優の川奈美弥生。桂団朝 フレッシュアイペディアより)

  • 高石かつ枝

    高石かつ枝から見た舟木一夫舟木 一夫

    1963年(昭和38年)、白川由美主演の東宝映画「林檎の花咲く町」に女子高校生の役で出演し、人気を確立した。彼女が歌う同名の主題歌もヒットし、年末の第14回NHK紅白歌合戦に初出場した。この年、華々しくデビューした舟木一夫が学生服で出場、高石かつ枝もセーラー服で出場して話題になった。高石かつ枝 フレッシュアイペディアより)

  • 修学旅行

    修学旅行から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫 - 『修学旅行』という曲を歌った。修学旅行 フレッシュアイペディアより)

122件中 41 - 50件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード