163件中 71 - 80件表示
  • 香田晋

    香田晋から見た舟木一夫舟木 一夫

    引退後は一切表舞台に登場しなかったが、2017年2月23日に師匠船村徹の葬儀・告別式と前日の通夜で約5年振りに姿を見せ、兄弟子の鳥羽一郎や舟木一夫などに混じって師匠の船村のひつぎを運ぶ際に手を添えていた。香田晋 フレッシュアイペディアより)

  • ああ人生に涙あり

    ああ人生に涙ありから見た舟木一夫舟木 一夫

    6代目:橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦(第29部〜第32部、第29部は3人一緒に歌っていたが、第30部からは3人が週替わりで歌う)ああ人生に涙あり フレッシュアイペディアより)

  • いつでも夢を

    いつでも夢をから見た舟木一夫舟木 一夫

    佐伯の詩ができると吉田の手により作曲されたが、作曲にあたって吉田は、吉永が歌いやすいよう吉永に「少し比重」を置いた。当時は両者とも多忙な日々を送っていたためスケジュールが合わず、別々にレコーディングした音源を一つにミキシングして発売したという。なお吉永の歌がオーケストラと合わず、やむなくピッチを上げて、オーケストラと合わせた。その特徴的な歌詞と、まだ舟木一夫や西郷輝彦などもデビューしておらず、橋が若き王者とし人気を極め、吉永も若手女優として高い人気を誇っており、その二人の初デュエット曲として発売当初より話題となり、発売から「1ヶ月で30万枚という驚異的な記録をたて...半年すぎた翌年5月には100万枚を突破した」。累計売上は260万枚を記録。いつでも夢を フレッシュアイペディアより)

  • 南太平洋の若大将

    南太平洋の若大将から見た舟木一夫舟木 一夫

    『南太平洋の若大将』(みなみたいへいようのわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第10弾。サイパン、タヒチでロケーションされた。1967年7月1日公開。東宝製作。同時上映「その人は昔」(舟木一夫、内藤洋子主演)。南太平洋の若大将 フレッシュアイペディアより)

  • 恋の季節

    恋の季節から見た舟木一夫舟木 一夫

    原作・脚本 - 高橋玄洋 / 監督 - 大庭秀雄 / 主演 - 舟木一夫恋の季節 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た舟木一夫舟木 一夫

    番組側は辞退されることを覚悟の上で、中島みゆき(この年放送開始した『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の主題歌「地上の星」を担当)、松任谷由実、竹内まりや、井上陽水、吉永小百合、倍賞千恵子、さらに引退者である山口百恵、森昌子(翌年の第52回に出場。後に正式芸能界復帰)に出演打診を行ったが、悉く辞退された。御三家(橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)はこの年「G3K」名義で発表した「小さな手紙」が『みんなのうた』に採用され、出場が予想されたが実現しなかった。第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石狩挽歌

    石狩挽歌から見た舟木一夫舟木 一夫

    他に八代亜紀、森昌子、石川さゆり、坂本冬美、細川たかし、氷川きよし、石原詢子、門倉有希、水森かおり、新井英一らも歌っている。また中森明菜、舟木一夫、野路由紀子、憂歌団なども歌っている。石狩挽歌 フレッシュアイペディアより)

  • 西沢爽

    西沢爽から見た舟木一夫舟木 一夫

    舟木一夫「仲間たち」「あゝ青春の胸の血は」西沢爽 フレッシュアイペディアより)

  • マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき

    マルちゃん赤いきつねと緑のたぬきから見た舟木一夫舟木 一夫

    1994年(平成6年)頃、国内ロケの第一弾として「中年ガキ大将!」というミニドラマ形式のCMが放送されていた。いつも「あかいきつね」のルビをふったハッピを着ている江戸っ子気質の主人公(鉄矢)が様々な騒動を織りなす。CM内で流れた主題歌は舟木一夫が歌っている。マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代の日本

    1960年代の日本から見た舟木一夫舟木 一夫

    御三家と呼ばれた橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦が活躍する。1960年代の日本 フレッシュアイペディアより)

163件中 71 - 80件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード