前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た遠藤実

    偶然そこに取材に来ていた「週刊明星」の記者恒村嗣郎が目を付け、上田少年に氏名と住所を聞き、東京に帰ると、早速ホリプロの会長だった堀威夫に名古屋での出来事を話し、興味を持った堀は、電話で上田少年に歌のテープを送ることを依頼。そのテープを聴いた堀は、翌年5月上田少年を上京させ、日本コロムビアのディレクターだった斎藤昇に紹介。斎藤は作曲家遠藤実にレッスンを受けさせることにし、上田少年は、愛知高等学校から転校した自由ヶ丘学園高等学校へ通いながら、遠藤実のレッスンを受けることとなった。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た西郷輝彦西郷 輝彦

    舟木 一夫(ふなき かずお、本名:上田 成幸、1944年12月12日 - )は、愛知県一宮市出身の歌手、タレント。橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれている。学生服と八重歯がトレードマークで、デビュー当時は、学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多かった。血液型はO型。身長180cm。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た橋幸夫橋 幸夫

    舟木 一夫(ふなき かずお、本名:上田 成幸、1944年12月12日 - )は、愛知県一宮市出身の歌手、タレント。橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれている。学生服と八重歯がトレードマークで、デビュー当時は、学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多かった。血液型はO型。身長180cm。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た丘灯至夫

    高校三年生 (c/w 水色のひと) 作詞:丘灯至夫/作曲:遠藤実 昭和38年6月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見たピンク・レディー

    グッド・バイ・ソング(c/w 明日は明日で)作詞・作曲:上田成幸 昭和55年1月発売(昭和56年3月のピンク・レディー解散コンサート時ラストナンバーとして歌われ、ライブアルバム『さよならピンク・レディー』にピンク・レディー版〈題は『グッドバイ・ソング』〉が収録された)舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た船村徹

    夏子の季節 (c/w あいつと私) 作詞:丘灯至夫/作曲:船村徹 昭和42年5月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た島崎藤村

    初恋 (c/w あなたの故郷) 作詞:島崎藤村/作曲:若松甲 昭和46年9月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た東映

    柳生一族の陰謀 第30話『生きていた影武者』(1979年、KTV/東映) - 木下延由舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た日本コロムビア

    偶然そこに取材に来ていた「週刊明星」の記者恒村嗣郎が目を付け、上田少年に氏名と住所を聞き、東京に帰ると、早速ホリプロの会長だった堀威夫に名古屋での出来事を話し、興味を持った堀は、電話で上田少年に歌のテープを送ることを依頼。そのテープを聴いた堀は、翌年5月上田少年を上京させ、日本コロムビアのディレクターだった斎藤昇に紹介。斎藤は作曲家遠藤実にレッスンを受けさせることにし、上田少年は、愛知高等学校から転校した自由ヶ丘学園高等学校へ通いながら、遠藤実のレッスンを受けることとなった。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見たホリプロ

    初期の所属事務所はホリプロダクション、現在のホリプロであった。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード